特許 特許-特許事務所

失敗しない転職エージェントの使い方を徹底解説します|特許事務所の転職

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しており、特許事務所の転職には詳しいです。ここで、僕は転職にあたり、転職エージェントを使いました。転職エージェントには「当たりハズレ」がありハズレを引いてしまうと失敗することが多いですが、信頼できるエージェントを利用すればこれほど心強いものはありません。無料でサポートしてもらって、希望条件に合致した事務所へ行くことができます。

 特許事務所への転職の「鍵」は転職エージェントを上手く使うことができるかにかかっているといえます。

 そこで、今回は「失敗しない転職エージェントの使い方|特許事務所の転職」についてお話しします。

 

スポンサーリンク

失敗しない転職エージェントの使い方

f:id:mayaaaaasama:20190807183922j:plain

 

 では失敗しない転職エージェントの使い方についてお話しします。それは、以下のとおりです。

1.特許事務所に特化して、信頼できる転職エージェントを利用すること

2.転職エージェントに希望条件を的確に伝えること

3.面接にエージェントも同席してもらい自分の強みをしっかりアピールすること

4.転職エージェントに特許事務所と年収交渉を依頼すること

 以下、「1.~4.」について詳しくお話ししていきます。

1.特許事務所に特化して、信頼できる転職エージェントを利用すること

f:id:mayaaaaasama:20190807192959j:plain

 まず、転職エージェントを適切に選びましょう。まずはそこからスタートです。

 適切な選び方のポイントとしては、2つポイントがあります。

(1)特許事務所に特化していること

(2)信頼できて誠実であること

 まず、特許事務所に特化していることが重要です。転職エージェントを利用することのメリットとして「特許事務所」の内情を知ることができる点にあります。これに対して、大手の有名転職サイトは、特許事務所のようなニッチな分野にあまり詳しくなかったり、そもそも求人数が少なかったりするところが実情のようです。そこで、特許事務所に特化したエージェントを利用することをおすすめします。

 ただし、特許事務所に特化したエージェントであっても、自分の都合のよいように変な事務所に誘導させるエージェントもいることは事実です。そのようなエージェントを回避できるように、誠実かつ信頼できる転職エージェントを選びましょう。では、そのような誠実かつ信頼できる転職エージェントとはどれかというそれは、「リーガルジョブボード」です。

 実際に僕も相談してもらい誠実な対応でお世話になりました。また、リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 「リーガルジョブボード」への登録は、こちらのサイトからできます。5分で簡単に無料で登録できます。登録後は、転職エージェントから連絡がきますので、後述するように、希望条件を伝えて適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。 

2.転職エージェントに希望条件を的確に伝えること

f:id:mayaaaaasama:20190503132330j:plain

 まず、「1.」で、特許事務所に特化して、誠実な転職エージェント(リーガルジョブボード。こちらのサイトから簡単に無料登録できます。)を選びます。

 次にやるべきことは、希望条件を的確に伝えることです。ここで、希望条件を言い過ぎると、どこの事務所も転職できないだろうなあと考えなくてよいです。特許事務所の転職は思っている以上にハードルが低いです。ここは強気でいきましょう。

 僕は、希望条件として、「特許明細書の書き方を丁寧に指導をしてもらえるところ」のみを挙げました。そのときは、実家暮らしだったということもあり年収は考慮していませんでした。また、丁寧に指導を受けるのであれば多少のブラックでもいいやと腹をくくっていました。実際にエージェントに紹介を受けて行った事務所は、丁寧に指導をしてもらえる事務所でしたが、年収は異様に安く、所長夫人というパワハラ当たり前の裏ボスがいるブラックな事務所でした・・・年収については、次の転職先で年収を決める評価になるので、低くなると苦労します。

 このような反省を元に、未経験者が希望条件を伝えるならば以下の点はしっかりと伝えるべきです。

・特許明細書の書き方を熟練者から丁寧に指導を受けられるところ

・最低限前職の年収をキープできるところ

・職場環境が悪くないところ

 これらに加えて自分の希望する条件を+α(例えば、育児に専念したいので残業時間が少ないところなど)をあわせて伝えればよいです。

 経験者であれば、特許業界における自分の市場価値を教えてもらり、それに基づいて希望年収を伝えるのがよいです。そして、紹介を受けた事務所について給与システム(年収評価システム)についてしっかりと聞きだすのが重要です。

3.面接にエージェントも同席してもらい自分の強みをしっかりアピールすること

f:id:mayaaaaasama:20190804202506j:plain

 以上をまとめると、以下のとおりです。

「1.」特許事務所に特化して、誠実な(リーガルジョブボード。こちらのサイトから簡単に無料登録できます。)を選びます。

「2.」未経験者なら下記の希望条件を伝える。

・特許明細書の書き方を熟練者から丁寧に指導を受けられるところ

・最低限前職の年収をキープできるところ

・職場環境が悪くないところ

 

 次に、やるべきことは「面接」です。面接では、エージェントにも同席してもらうことをおすすめします。リーガルジョブボードでは、転職エージェントが面接に同席してもらえます。

 エージェントは「交渉のプロ」ですし、「営業力で身につけたコミュ力」もあります。自分の強みを自分で伝えるよりも、エージェントにお願いした方が特許事務所によい印象をもたれることが多く、評価が一層高くなります。エージェントと同伴するというのは少し抵抗があるかもしれませんが、この業界は自分も含めて、自分を売ることが上手くいかない方が多いですので積極的に「プロ」にお願いしましょう。

4.転職エージェントに特許事務所と年収交渉を依頼すること

f:id:mayaaaaasama:20190807195649j:plain

 特許事務所から年収を提示されると思いますが、これをすんなりと受け入れることなく、転職エージェントに年収交渉をしてもらいましょう。これにより、年収が50~数百万円アップします。これは知り合いのエージェントから聞いた話ですが、司法書士などの他の事務所とは異なり、特許事務所ではなぜか年収交渉をすると大幅に上がったりするようです。実際に僕の知人も最後にエージェントに年収交渉を依頼して「50万円」アップしたそうです。

 リーガルジョブボードでは「交渉のプロ」が特許事務所と年収交渉をしてくれるので想定した以上の年収アップが期待できます。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190731084246j:plain

 以上、失敗しない転職エージェントの使い方をまとめます。

「1.」特許事務所に特化して、誠実な(リーガルジョブボード。こちらのサイトから簡単に無料登録できます。)を選びます。

「2.」未経験者なら下記の希望条件を伝える。

・特許明細書の書き方を熟練者から丁寧に指導を受けられるところ

・最低限前職の年収をキープできるところ

・職場環境が悪くないところ

「3.」面接では、エージェントにも同席してもらう。

「4.」最後にエージェントに特許事務所と年収交渉をしてもらう。

 転職活動は、仕事と両立させてはじめましょう。転職活動かあ面倒だなあと思うかもしれませんが、エージェントを使うとすんなり進むことが多く、今の職場の不満が解消されて転職してよかったと思えます。その一歩としてまずは、リーガルジョブボードに簡単に登録してみましょう。小さなところからステップを踏んでいけば、転職活動はすんなりと進み、成功へ近づきます。

 また、このブログでは、特許事務所の転職だけでなく、弁理士試験の勉強方法についても記事を書いていますのでもしよければご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

 

以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.