弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

会社に向いていない人は特許事務所に向いている話|働き方が自由です

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このため、特許事務所の内情に詳しいです。

 今回は、「会社に向いていない人は特許事務所に向いている話|働き方は自由です」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回は、会社でのは働き方が向いていないと感じたり、ジョブチェンジを考えている方に参考になればと思います。

会社に向いていない人の特徴

f:id:mayaaaaasama:20190806084459j:plain



 まず会社に向いていない人の特徴についてお話しします。会社に向いていないと感じる人の特徴としては、以下のようなものが考えられます。

(1)チームプレーが苦手

(2)会社でしか通用しないスキル・知識を見につけても無駄と感じる

(3)飲み会などの付き合いがめんどくさい

(4)地方で働きたくない

(5)会議・出張などに抵抗を感じる

 まず、会社ではチームプレーが重視されます。僕は企業知財部で働いていたこともありましたが、そこでは「知財部上司」と「発明者」と協調しながら仕事を進めてきました。会社の場合だと自分一人では自己完結しえないのが特徴です。このようなチームプレーだと協調性などが求められますが、内向的な人はこういう協調性が苦手だったりして会社に向いていないと感じると思います。

 次に、会社では、その会社でしか通用しないスキル・知識をたたきこまれることが多く、このようなスキル・知識を身につけても無駄と感じる人は会社に向いていないと思います。そのため、仕事に上手く取り組めず、毎日無駄な時間を過ごしているのではないかと思います。僕も企業知財部に働いていたときは、その企業の技術を学ぶことができましたし、その企業独特の先行技術調査をやってきました。しかし、そのような知識・スキルはその企業でしか通用しないものであり、他の企業にうつったり、自分でビジネスをはじめたりする上ではあまり役にたたないものです。

 次に、会社では、飲み会などの付き合いが多いです。そのため、このような付き合いがめんどくさいと感じる方は会社に向いていないと思います。異動があるたびに歓送会が繰り広げられ、そのたびに飲み会の誘いがきたり、上司から誘われたり出張先の部門で飲みに誘われたりすることが多いです。このように飲み会が多いと、自分のプライベートな時間がなくなりますし、出費も馬鹿になりません。

 次に、特に技術者は、地方の工場で勤務することが多いと思います。これは中小企業だけでなく大企業でも当てはまります。このような地方で働くことに抵抗のある方は会社に向いていないと思います。

 次に、会社では会議・出張が多いです。会議だけで半日過ごしたり、会議に数時間出席するために出張で1日を過ごすということもありえます。こういうことを非効率と感じている方は会社に向いていないと思います。

会社に向いていない人は特許事務所に向いている理由

f:id:mayaaaaasama:20190806084359j:plain

 以上のように、会社に向いていない人の特徴を挙げました。このような会社に向いていない人は特許事務所に向いているといえます。なぜそのようにいえるのか。その理由は、上記で挙げた特徴の真逆の働き方が特許事務所でできるからです。具体的には以下のとおりです。

(1)チームプレーが苦手

⇒特許事務所では個人プレーで働ける

(2)会社でしか通用しないスキル・知識を見につけても無駄と感じる

⇒専門スキルを身につけることができる

(3)飲み会などの付き合いがめんどくさい

⇒特許事務所では飲み会などの付き合いはほぼなし

(4)地方で働きたくない

⇒特許事務所のほとんどは都市部で働ける

(5)会議・出張などに抵抗を感じる

⇒特許事務所では会議・出張ほぼなし。特許明細書などの書類作成がほとんど。

 以下順番に説明します。

 まず、特許事務所では「個人プレー」です。未経験の場合は、上司に指導を受けながら作業をすすめますが、慣れてくると上司からのノーチェックで自分の裁量で働くことができます。特許事務所では、自分のデスクスペースは広く、ブースなどもあったりしますので誰にも邪魔されずに黙々と自分のスペースで仕事をすることができます。このため、内向的であまり人に干渉されたくない人にとってはベストな仕事だと思います。

 次に、特許事務所では特許明細書を書けるといった特許に関する専門スキルを見につけることができます。特に特許明細書を書けることが重要で、これを書けることができれば、どこの事務所に行っても通用しますし、更に独立も可能であったり、コンサルティング系の企業に勤めたりもできます。専門スキルを見に着ければステップアップの幅がどんどん広がります。

 次に、特許事務所では飲み会などの付き合いはほぼなしです。これは、婚活目当てで事務員と仲良くなりたい方にとっては悲報かもしれません笑 ただし、その場合は、自分でアタックすればいい話です。上司や同僚と集まって飲み会を開くということもないですし、皆さん仕事を済ませたら淡々と帰ることが多いです。

 次に、特許事務所はほとんどが東京と大阪に集中しており都会で働くことができます。また、転勤もほぼないので地方暮らしはありません。ただ、これをよいとみるか悪いとみるかは人それぞれかなと思います。例えば東京暮らしだと物価も高いですから。

 次に、特許事務所は会議・出張はほぼなく、しかも単純作業もありません。ひたすら専門スキルを身に着ける作業です。ここが特許事務所の「魅力」かなと思います。今の時代専門スキルを身に着けて、職場を変えて転々とステップアップするのが重要となってくると思うので、時代に合った生き方ができると思います。

特許事務所へジョブチェンジしよう

f:id:mayaaaaasama:20190702211507j:plain

 以上のとおり、会社に向いていないと感じる方は、特許事務所に向いていると思います。会社に向いていないと感じたら、そこに長居しても年だけ重ねて得られるものがないと思うので働きながら転職活動をして「特許事務所」へジョブチェンジをはかるのがよいです。

 特許事務所は今は人材不足であり、理系のバックグラウンドがあれば簡単に転職できます。更に院卒で研究経験があったり、企業で開発経験があったりすると重宝されるので大手でも中小でもどこでも行くことができると思います。更に英語ができれば一層重宝されます。

 しかも特許事務所の転職では未経験者であっても30代までならすんなり入れます。30代後半で未経験でジョブチェンジは他の業種では難しいですが、特許事務所ではOKです。また、 特許事務所の面接は1~2回で終わることが多く、すんなり決まります。

特許事務所への転職は転職エージェントの利用が重要

 ただし、注意すべきことがあります。それは特許事務所への転職は入るのは簡単だが、定着が難しいということです。特許事務所の中には、丁寧に実務を指導しないところがあり要注意です。また、変な事務所も多く、ストレスをためやすい事務所もあるのが実情です。では、そのような事務所を避けるのが考えられますが、事務所の情報量は少なく、未経験者が自分で失敗しない事務所選びをすることは難しいと思います。

 そこで、転職活動をやるには、「転職エージェント」の利用をおすすめします。更に、転職エージェントを利用することの利点は以下のとおりです。

・仕事と転職活動の両立をしやすいため

・隠れ優良事務所を紹介してもらえる

・エージェントが年収交渉してくれる

・内定が決まると数万円ほどのお祝金

 重要なのは、「隠れ優良事務所を紹介してくれる」ことと「年収交渉」です。

 求人サイトにはない隠れ優良事務所を紹介してくれます。特定の事務所では、求人サイトに募集すると、希望条件に合致しない人からも募集がくるので選別が大変という理由でエージェントのみに求人を依頼するところがあります。そういうところは、有名な求人サイトには掲載されません。実際に、事例2のケースでもエージェントから優良事務所を紹介されて、高い年収を提示されたそうです。年収だけでなくその他にもいい待遇を提示されたそうです。

 また、エージェントを利用すると、自分に代わってエージェントが年収交渉をしてくれます。特許事務所では、他の士業の事務所や企業と異なり、年収の交渉によって最初の提示額から大幅にアップが見込めることが多いです。ただし、自分だと上手く交渉できないと思いますのでそこは「交渉のプロ」に頼みましょう。

 このように転職に失敗しないためには、エージェントを利用するのが重要です。ではどこのエージェントを利用すべきでしょうか。

 ここで注意をすべき点があります。それは、転職エージェントの中には、自分の利益にかなうように変な事務所へ誘導させるエージェントもいたり、特許事務所の情報そのものに詳しくない事務所もいることです。

 そのため、特許事務所に精通しており、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。ではそのエージェントとはどこか。

 それは、「リーガルジョブボード」です。実際に僕も相談してもらい誠実な対応でお世話になりました。また、リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 特許事務所の転職で失敗しないためにやるべき転職は以下の通りです。

(1)「リーガルジョブボード」に無料登録する。

(2)「リーガルジョブボード」に希望条件に合った特許事務所を紹介してもらう

 「リーガルジョブボード」への登録は、こちらのサイトからできます。5分で簡単に無料で登録できます。登録後は、転職エージェントから連絡がきますので、希望の条件を伝えて適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 控えめに言っても「リーガルジョブボード」は「おすすめ」です。登録して特許事務所の転職を上手くすすめましょう。

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

以上