特許

特許事務所では資格をとらないと稼げないの!?|稼ぐ方法が「1つ」あります。

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このため、特許事務所の内情に詳しいです。

 ここで、「特許事務所の転職」を考えている方も多いと思います。

 そして、特許事務所の転職を考えている方は、このような疑問をもっていることが多いと思います。実際に僕もメールで転職の相談を受けた時に聞きました。

 「特許事務所では弁理士の資格をとらないと稼げないんじゃないの!?」

 弁理士の資格をとるための勉強をしたくない人も多いと思います。それは、年齢的な問題や、試験勉強のために予備校を利用するための費用の問題など様々な理由により、資格をとらず実務だけやっていきたい人も多いと思います。

 確かに、弁理士の資格はあるのが好ましいです。ただし、弁理士の資格をとらなくても稼ぐ方法が「1つ」あります。

 そこで、今回は「特許事務所では資格をとらないと稼げないの!?|稼ぐ方法が「1つ」あります。」というタイトルにてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

 特許事務所では資格をとらなくても「特許技術者」として働けます。

 まず、「稼ぐ方法」に先立ち、特許事務所に転職する場合、「資格」は必須かどうかについてお話しします。意外と、特許事務所に転職する場合には「弁理士資格」が必須であると考えている方が多いです。

 結論からいうと、特許事務所では資格をとらなくても「特許技術者」として働くことができます。そして、「弁理士」と「特許技術者」の仕事の内容にほとんど差異はありません。どちらも「特許明細書」を書いたり、中間処理をしたりします。

 ただし、弁理士の資格をもっている方が、特許技術者と異なり、「資格手当」などで優遇されることが多く、弁理士の方が稼ぎやすいのが実情です。

 弁理士の平均年収が「800万円」ぐらいであるのに対して、特許技術者の平均年収が「600万円」ぐらいといわれています。この平均年収を見ると、資格の有無で年収の格差があるように思えます。

 しかし、資格をとらない特許技術者でも稼ぐ方法が「1つ」あります。実際に、僕の知人(30歳)は資格をとっていませんが、この方法で、業界年数5年程で「700万円」以上稼いでいます。特許技術者でも30代で1000万を稼ぐことも十分可能です。

  特許事務所で資格をとらなくても稼ぐ方法

f:id:mayaaaaasama:20190802081806j:plain

 では、特許事務所で資格をとらなくても稼ぐ方法をお話しします。

 それは、「完全売上重視の特許事務所に転職する」ことです。これだけです。

 特許事務所には、弁理士の資格をとることにより、資格手当などをつけることで弁理士の年収を優遇する事務所もあります。また、弁理士の登録年数によって、転職時の年収が決まる事務所もあります。

 ただし、全ての事務所が特許技術者に対して弁理士を優遇するわけではありません。

 弁理士であっても特許技術者であっても、「売上を稼いでいる」ならどんどん年収を上げていく事務所があります。そこでは、「資格」を取る意味がほぼないのでその事務所に転職すればよいのです。

 ここで「売上」は「特許明細書が書けるかどうか」で決まります。特許明細書の1件あたりの単価は約25万円であり、この特許明細書を書けば書くほど売り上げを稼ぐことができます。

 こういう特許事務所で働ければ、「弁理士」の資格は意味がなく、完全に実力主義、売上重視の世界ですので、特許技術者でも「1000万円」以上を稼ぐことは可能というわけです。

 実際に、僕の知人(30歳)もそのような事務所で働いており、定時退社で年収700万円以上を稼いでいます。転職時の年収は400万代だったそうですが、売上が伸びて、給与面談で一気に100万円以上上がったそうです。

 以上の内容をまとめると以下のようになります。

(特許技術者が資格をとらなくても稼ぐ方法)

・特許明細書が書けること

・完全売上重視の特許事務所に転職すること

 このように、特許事務所の選び方が「間違っていなければ」特許技術者であっても「普通に」稼ぐことができます。

 特許事務所を適切に選ぶために転職エージェントの利用は必須

f:id:mayaaaaasama:20190503132330j:plain

 以上のように、特許技術者が資格をとらなくても稼ぐためには、「完全売上重視の特許事務所」に転職することが重要です。

 では、「完全売上重視の特許事務所」をどうやって探しましょうか。パテントサロンで探すことも考えられます。

 しかし、特許事務所の給与評価システムは、なかなかパテントサロンの求人情報や事務所のHPからは判別することが難しいです。「生」の情報が欲しいわけですが、ネットなどからは情報量は限られています。

 ではどうすべきか。それは「転職エージェントを利用すること」。この1択です。 

 ただし、転職エージェントの中には、自分の利益にかなうように変な事務所へ誘導させるエージェントもいたり、特許事務所の情報そのものに詳しくない事務所もいることも事実です。

 そのため、特許事務所に精通しており、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。ではそのエージェントとはどこか。

 それは、「リーガルジョブボード」です。実際に僕も相談してもらい誠実な対応でお世話になりました。また、リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 特許技術者が稼ぐためにやるべき転職は以下の通りです。

(1)「リーガルジョブボード」に無料登録する。

(2)「資格」の有無に限らず「完全売上重視」の特許事務所を紹介してもらう

 たったこの2点です。未経験者はまだ「売上」を稼げるレベルに至っていないと覆いますので、特許事務所は、「丁寧に指導を受けてもらえる」特許事務所を紹介してもらいましょう。

 「リーガルジョブボード」への登録は、こちらのサイトからできます。5分で簡単に無料で登録できます。登録後は、転職エージェントから連絡がきますので、希望の条件を伝えて適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 「リーガルジョブボード」は、更に「交渉のプロ」であるエージェントが年収交渉をしてくれたり、丁寧に職務経歴書を添削してくれたり、面接などのスケジュール管理をしてくれたり、内定が決まると「数万円」のお祝い金をもらえたりします。これらが無料で利用できるのです。

 控えめに言っても「リーガルジョブボード」は「滅茶苦茶便利で得」です。登録して特許事務所の転職を上手くすすめましょう。

 

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain

(特許技術者が資格をとらなくても稼ぐ方法)

・特許明細書が書けること

・「リーガルジョブボード」に完全売上重視の特許事務所を紹介してもらうこと

※「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから無料登録可能。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.