特許 特許-特許事務所

ブラック特許事務所に入らないために絶対やるべき「2つ」のこと|入ったら心身崩壊しますよ

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このような経歴からもお分かりのとおり、特許事務所の転職に詳しいです。

 ここで、特許事務所の転職を考えている方に注意をしてほしい点が1つあります。それは、ブラック特許事務所には絶対に入ってはいけないということです。

 マジで心身崩壊します。

 僕は、パテントサロンを見て自分で特許事務所を選びました。そして3年ほどこの事務所に勤めましたが、やばかったです。「パワハラ」「指導なし」「減給」「残業(3日連続徹夜もありました・・・)」もう何でもありの事務所で、

心身崩壊しかけました。幸い、僕の場合は、この事務所で2人の同僚と親しくなったのでなんとか耐えられました、しかし、彼らがいなかったら心身崩壊していたでしょう。

 今は、このようなブラック特許事務所に入らないように心がけて、今の事務所に至っています。

 そこで、特許事務所の転職を考えている方が、このような特許事務所に入らないように、今回は、「ブラック特許事務所に入らないために絶対やるべき「2つ」のこと」というお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 ブラック特許事務所に入らないために絶対やるべき「2つ」のこと

 では「ブラック特許事務所に入らないために絶対やるべき「2つ」のこと」についてお話しします。それは以下の「2つ」です。

(1)誠実かつ信用できる転職エージェントに案件を紹介してもらうこと

(2)面接の際に事務所内を見学させてもらうこと

 以下順番に説明します。

(1)誠実かつ信用できる転職エージェントに案件を紹介してもらうこと

f:id:mayaaaaasama:20190801082109j:plain

 まずは、自分で動こうとせずに、「転職エージェント」を利用します。

 なぜ「転職エージェント」を利用した方がよいか。その理由は、「特許事務所の情報量は小さすぎて、自分で適切な事務所を選ぶことは難しいため」です。自分で動こうとした場合には、パテントサロンなどの求人サイトから事務所を選ぶことになりますが、この中には「よい」事務所もあれば「悪い」事務所すなわち「ブラック特許事務所」もあります。そして、どの事務所がよいか悪いかについては、予め情報を知っていないと分かりません。そして、入ってしまってからでは取り返しのつかない場合があります。

 面接で、うちの事務所はアットホームで指導も丁寧にするなど聞こえのよいことばかり言うところもあります。一見「楽園」のような事務所のように思えて入ってみると、そこは悲壮感に満ちた「この世の地獄」であったということはよくあります。

 このようなことがないように特許事務所の内情に詳しい「転職エージェント」を利用することが必須です。

 ただし、「転職エージェント」といっても「大手」の場合特許事務所に精通していないことが多く、特許事務所に特化した「転職エージェント」を利用すべきです。

 また、「転職エージェント」は、残念ながらすべてが誠実に対応してくれるようなところばかりではありません。自分の都合の良い、すなわち離職率が高くてすぐ求人を募集するような事務所へ誘導させるエージェントもいます。そのようなエージェントを利用するとかえってマイナスです。

 ではどこの「転職エージェント」を利用すべきか。

 それは「リーガルジョブボード」です。「リーガルジョブボード」1択です。僕も「リーガルジョブボード」のエージェントさんに相談させていただきましたが、とても誠実に丁寧に対応させていただきました。また、リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 「リーガルジョブボード」に登録すると、エージェントから連絡がくるので、希望条件を伝えて適切な事務所を紹介してもらうことがよいです。

 ブラック特許事務所に入らないための条件としては、以下の点です。これらを伝えればよいです。

・「丁寧に指導をしてくれる」

・「パワハラがあったり陰湿な事務所は避けたい」

・「前職の年収はキープ」

 「丁寧な指導」と「年収キープ」もとても重要です。「年収キープ」についてはリーガルジョブボードの場合、エージェントが特許事務所と直接交渉してくれます。

 また、リーガルジョブボードは、転職活動のサポート(職務経歴書の添削など)だけでなく内定が決まって転職すると「数万円」のお祝い金ももらえたりします。 

 「無料」でこれだけの特典が得られる「リーガルジョブボード」を利用しない手はありません。

 「リーガルジョブボード」は、こちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできます。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 また、「リーガルジョブボード」への登録は、転職どうしようか迷ってなかなか行動しない悩みを解決できます。転職は結構動きづらいですし面倒くさいものです。いきなり事務所に応募して面接というのを考えると気が引けます。最初の一歩があまりにも重すぎます。

 これに対し、「リーガルジョブボード」へ登録することは、転職の最初の一歩としてはとてもハードルが低いです。その一歩を進めばあとはすんなりといけます。

 たった「5分」の登録で今後の人生に向けての活動が一気に開けます。

 これを機会にぜひリーガルジョブボードへの登録をおすすめします。こちらのサイトから登録しておきましょう。

(2)面接の際に事務所内を見学させてもらうこと

f:id:mayaaaaasama:20190801082327j:plain

 以上のように「転職エージェント」を利用した上で、「面接」のときにやるべきことがあります。それは、「面接の際に事務所内を見学させてもらうこと」です。

 信頼できるエージェントに相談して事務所選びをすれば、ほぼブラック特許事務所に入ることはないですが、最後の念押しで事務所内を見学します。事務所選びの最終チェックのようなものです。

 実際に、事務所内に足を踏み入れることで職場の雰囲気をつかめます。そして、雰囲気が異様な感じがしたら、そこでブラックの可能性が高く注意が必要です。

 例えば、職場の中に明らかに悲壮感漂う所員がいたらブラックの可能性が高いです。このため、そういう事務所に転職することはひとまず置いといた方が無難です。

 逆に所員が生き生きと和やかに仕事をしているような環境であれば、確実にその事務所へ転職してよいです。

 信頼できるエージェントに相談すれば、ほぼ間違いないですが念押しに事務所見学はした方がよいです。また、転職した時のデスクスペースなども把握できるのでおすすめです。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190728141548j:plain

 以上、「ブラック特許事務所に入らないために絶対やるべき「2つ」のこと」についてお話ししました。まとめます。

(1)誠実かつ信用できる転職エージェントに案件を紹介してもらうこと

※転職エージェントは「リーガルジョブボード」1択

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

(2)面接の際に事務所内を見学させてもらうこと

以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.