弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

絶対に入ってはいけない特許事務所は〇〇と△△がない事務所です|すぐ心身崩壊しますよ

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このような経歴からもお分かりのとおり、特許事務所の転職に詳しいです。

 ここで、特許事務所の転職を考えている方に注意をしてほしい点が1つあります。それは、特許事務所には、絶対に入ってはいけない事務所というものがあります。

 僕は、この業界に入り最初の事務所がこのような事務所でした。そして、3年ほどこの事務所に勤めましたが、やばかったです。心身崩壊しかけました。幸い、僕の場合は、この事務所で2人の同僚と親しくなったのでなんとか耐えられました、しかし、彼らがいなかったら心身崩壊していたでしょう。

 そこで、特許事務所の転職を考えている方が、このような特許事務所に入らないように、今回は、「絶対に入ってはいけない特許事務所」というお話をしたいと思います。

 絶対に入ってはいけない特許事務所は〇〇と△△がない事務所

f:id:mayaaaaasama:20190728172226j:plain

 絶対に入ってはいけない特許事務所は「2つ」のものがない事務所です。それは何か。

 「指導」と「裁量権」です。

 「指導」がなく、しかも「裁量権」もない事務所です。 

 この2つがない事務所に入ってもオワゲーです。いわばこん棒だけの武器でボス級モンスターに立ち向かうようなものです。

 こういう事務所に入っても、すぐに辞めざるをえないか。長く居続けても心身崩壊するだけです。長く居続けてもスキルアップは見込めません。

 なぜ、この「2つ」がないとやばいのか。以下に説明します。

 特許事務所でスキルアップを図るためには指導が不可欠

f:id:mayaaaaasama:20190707212138j:plain

 特許事務所でやっていくためには、「特許明細書」を書けることが大前提です。

 弁理士は、高収入層と低収入層で「2極化」しています。そして、高収入層は、「特許明細書」が書ける層であり、低収入層は、「特許明細書」が書けない層です。

 そこで、低収入層とならないために「特許明細書」を書けるようにスキルを磨く必要がありますが、これは独学では無理です。スキルアップの近道は、「熟練者」から丁寧に指導を受けるしかないのです。

 しかし、全ての特許事務所が未経験の人でも特許明細書の指導を受けてもらえるというわけではありません。指導がない特許事務所は普通にあります。

 指導を全くしない特許事務所もありますが、この場合、所長が教える能力がないような事務所がほとんどです。つまり所長も特許明細書の書き方をよくわかっていないような事務所です。こういう場合は、後述する裁量権がある程度あるため比較的「マシ」です。

 最悪なのは、所長が特許明細書の書き方を知っているにもかかわらず、指導してくれないような事務所です。あるいは、紙ぺら1枚で特許明細書の書き方のマニュアルのようなものを渡され、はい教えたでしょといって教えたつもりになっているような事務所です。

 こういう事務所は、所長など上層部が教えたつもりになっているため、なぜ教えたのにできないのかと憤怒します。そして、人格批判だけでなく、能力批判を平気でします。これでは心身崩壊しない方がおかしいと思います。

 このように、絶対に入っていはいけない事務所の条件の1つが「指導がない」ことです。

 特許事務所で裁量権がないと心身崩壊

f:id:mayaaaaasama:20190604205552j:plain

 更に、「裁量権」がない事務所はやばいです。

 ここでいう「裁量権」とは、自分で仕事をコントロールできないことです。

 例えば、上司のチェックなしにクライアントに送れないなどがあてはまります。特許明細書を書いても上司のチェックで何度もやり直しされたりするとストレスがたまります。そして、そのやり直しに対して適切な指導が含まれていればスキルのために耐えられますが、「指導のない」事務所では指導もまともに受けられません。

 そして、最悪、自分が書いたものを上司が勝手にやり直してそのまま出すように指示を受けることがあります。この場合、何らスキルも上がりませんし、自由に仕事を処理もできません。

 指導がなくても、自分の裁量で仕事を処理できる事務所はまだ「マシ」です。スキルは上がりませんが、それほどストレスはたまりませんし、心身崩壊とまではいきません。

 また、裁量権がなくても「指導のある」事務所は有益です。指導を受けてスキルアップが図れるためです。そしてある程度スキルを磨いたら、緩い大手に転職すればステップアップに成功します。

 しかしながら、「指導もなく」、更に「裁量権」もないような事務所ではスキルが上がらないどころかストレスもたまりますし、しかもどのように修正すればよいのか全く不明ですのでどうしようもありません。完全にお手上げの状態です。

 こういう事務所は、入った時点で「詰み」です。生き抜く選択肢のようなものもありません。

 絶対に「指導」と「裁量権」がない事務所は行くべきではありません。

 このような特許事務所に入らないためには「エージェントの利用」が重要

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 以上のように、「指導」と「裁量権」のない特許事務所に入ると、スキルアップが見込めないどころか、心身崩壊します。

 絶対に入るべきではありません。

 ただし、特許事務所の情報量は少なく、どの特許事務所がこのような事務所であるかわかりにくいところが実情です。このため、実際に自分1人で対応することはリスクがあります。

 そこで、このような特許事務所に入らないようにするために「転職エージェント」の利用をおすすめします。

 ただし、転職エージェントの中には、自分の利益にかなうように変な事務所へ誘導させるエージェントもいたり、特許事務所の情報そのものに詳しくない事務所もいることも事実です。

 そのため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできます。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 ここで、エージェントには上記に挙げた特徴は避けたいことをしっかりと伝えましょう。

 リーガルジョブボードは、しかも特許事務所と年収の交渉をしてくれますのでとても心強いです。エージェントは交渉の「プロ」ですから、年収の交渉はプロに任せるべきです。

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain

 以上の通り、「指導」と「裁量権」のない特許事務所に入らないようにするためには、「リーガルジョブボード」を利用して、エージェントに上記特許事務所の特徴を避けて希望に合った事務所を紹介してもらうことです。「リーガルジョブボード」の登録へのリンクを下に貼りつけておきます。転職で成功するためにぜひ登録しましょう。

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】