特許 特許-特許事務所

特許事務所の転職で失敗しないために「面接の質問」で絶対にやるべきこと

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このような経歴からもお分かりのとおり、特許事務所の転職に詳しいです。

 ここで、特許事務所の転職で失敗しないために、「面接」の下準備が「超重要」です。そこで、今回は「特許事務所の転職で失敗しないために面接で絶対にやるべきこと」についてお話しします。

スポンサーリンク

「特許事務所の面接」では、転職者が特許事務所を評価する場である

f:id:mayaaaaasama:20190728101748j:plain

 まず、特許事務所の面接で意識しておくことをお話ししておきます。

 それは、特許事務所の面接は、特許事務所から自分を評価してもらうのに加えて、転職者が特許事務所を評価する場でもあるということです。内定をもらえて評価してもらえてラッキーというものではありません。

 特許事務所は今は人材不足で正直転職者は選べる立場にあります。そのため、転職者は、こちらから特許事務所を選ぶんだというつもりで臨むべきです。 そうしないと、必ず特許事務所の転職で失敗してしまします。失敗をしたくなかったら、「面接の質問」で特許事務所について聞きだして評価するのが重要です。

「特許事務所の転職」で失敗しないために「面接の質問」でやるべきこと

f:id:mayaaaaasama:20190728094123j:plain

 「特許事務所の転職」で失敗しないために「面接の質問」でやるべきことは以下のとおりです。

・教育制度

・評価制度

・在宅制度

・採用時の年収

 以下、順番に説明します。

(教育制度)

f:id:mayaaaaasama:20190728102207j:plain

 未経験者にとって、教育制度は超重要です。というのは、この業界では、独学でスキルを身につけることは「不可能」であるためです。

 熟練者からの丁寧な指導がないとスキルは「絶対」身につきません。

 このため、「事務所の教育制度」については細かいところまで聞きましょう。

 ここで事務所側から、

 「うちは教育なんてしないよ。金を出しているのに教育までするとはけしからん!」というような発言が飛び出たらこの時点で退散しましょう。こういうところに入ってもスキルは上がらずすぐに辞めるのがオチです。

 一方、事務所では「うちは教育制度が充実しているよ!」と発言するところもあります。しかし、それは所長が教育をしているつもりだけであって、実は全然していないケースもあります。どういう教育をしているか具体的にどんどん突っ込みましょう。

 また、誰が指導をしてくれるのかについても重要です。指導者は、面接の場に同席している可能性が高いです。

 そこで、指導者に特許明細書の書き方の指導方法について詳しく聞きましょう。ここで、「最初の特許明細書にかける時間はどれくらいか」については最低限聞いておきましょう。1カ月くらいの場合は、丁寧に教えてくれる可能性が高いです。それよりも短い場合には、指導がお粗末である可能性が高いです。これを聞くと指導の質を把握することができます。

 また、指導者との「フィーリング」も重要です。話し方、表情などからこの人と一緒に仕事ができるかどうかしっかりと観察しましょう。

 質問が苦手な場合は、エージェントに付き添ってもらいエージェントに質問してもらうのもよいです。「リーガルジョブボード」では、エージェントが面接の場に転職者と同席して代わりに質問をしてくれたりサポートしてくれます。

 「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できますので登録しておきましょう。

(評価制度)

f:id:mayaaaaasama:20190728102306j:plain

 特に経験者は「評価制度」が重要です。年収はいかにしてアップするのか。ボーナスの増減はどのような評価により決定されるのか。このようなことを積極的に聞きましょう。

 これを面接の段階で聞いておかないと、後々売り上げを稼いでいるのに年収が上がらない!などと後悔してしまうことになります。

 特許業界では、事務所の売り上げの1/3が年収の相場ですが、これは事務所によってマチマチです。売り上げの3割のケースもありますし、売り上げの4割のケースもあります。こういうところは「面接の質問」で積極的に聞きましょう。

 また、年収アップのためには、「単価のいい」案件をまわしてくれるかどうかもポイントです。ただ、面接の場でいきなり「単価のいい案件をまわしてくれますか。」と聞くのも印象が悪いです。

 そこで、「前職では、仕事の案件をかなりの数処理していたが、単価のよくない案件ばかりで年収アップが見込めず不満があった」などと前職の退職理由と絡ませればよいです。そうすると、仕事の案件をたくさん処理していた実績もアピールできますし、単価のよくない案件はやりたくないんですよというのも暗に伝えることができます。そして、事務所としては、案件を処理できる人材がのどから手が出るほど欲しいため、単価のよい案件を回してくれる可能性は高まります。

(在宅制度)

f:id:mayaaaaasama:20190728102426j:plain

 特許事務所では在宅可能であることが多いです。育児や介護のために在宅が必要であったりしますし、あるいは満員電車に乗りたくないという理由で在宅を希望する方も多いと思います。

 ただし、特許事務所のすべてが在宅可能というわけではないので、「在宅できるかどうか」は面接の質問で聞いたほうがよいです。

(採用時の年収)

f:id:mayaaaaasama:20190728102531j:plain

 採用時の年収も重要です。未経験者は、前職の年収維持、経験者は、前職の年収より高めに設定してもらうことが重要です。

 ただし、年収を提示されて、それに納得がいかない場合、あるいはもっと高くしてほしい場合、自分で交渉するのが難しい場合もあります。

 そこで、年収交渉は、転職エージェントに頼んでやってもらうのがベストです。転職エージェントは「交渉のプロ」ですので自分で交渉するよりも期待以上の年収を上げてもらうことができます。

 ちなみに、特許事務所は、企業や他の士業の事務所と異なり、「年収交渉」がとてもしやすいです。このため、最初の提示された年収よりも「数百万円」アップする事務所も普通にあります。「交渉のプロ」である転職エージェントに積極的に交渉してもらいましょう。

 ここで、利用すべきエージェントは、「リーガルジョブボード」1択です。特許事務所に特化したエージェントの中には年収交渉をしてくれないところもあったり、丁寧に対応してくれないエージェントも多いですが、「リーガルジョブボード」は丁寧かつ誠実に対応してくれます。実際に、自分も「リーガルジョブボード」にはお世話になっております。

 また、「リーガルジョブボード」では、内定が決まると数万円の「お祝い金」をもらえるのも魅力の1つです。無料で登録して転職をサポートしてしかもお祝い金をもらえるのですから控え見に行っても利用しない手はないです。

 「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できますので登録しておきましょう。 

以上 

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.