弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

特許事務所への転職|転職は何歳にするのがベストかお答えします

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 このような経歴からもお分かりのとおり、特許事務所の転職に詳しいです。

 ここで、特許事務所の転職に興味がある方は、何歳から特許事務所へ転職するのがベストが悩んでいる方も多いと思います。

 そこで、今回はこのような疑問に答えたいと思います。

特許事務所の転職は何歳にするのがベストなのか

f:id:mayaaaaasama:20190727143636j:plain

 特許事務所の転職は何歳にするのがベストでしょうか。

 これについて以下のようにお答えします。

(結論)

・20代後半~30代がベスト

(理由)

(1)社会経験をある程度積んでから転職するのが好ましいため

(2)未経験だとスキルの習得に時間がかかるので若いうちに転職が好ましいため

 以下、理由について詳しく説明します。

(1)社会経験をある程度(1年以上)積んでから転職するのが好ましいです。

 社会人としての常識・マナーを学んでから、特許事務所へ移るのがよいです。なぜなら、特許事務所は、クライアントである企業とビジネスをやるため、社会人としてマナー・常識を身につけておいた方がクライアントの印象もよいからです。

 ただし、企業経験は、1年くらいあれば十分です。実際、僕も企業経験は1年弱でこの業界に始めましたが、特に不自由なことはありません。

(2)そして、若いうちに転職するのが好ましいです。未経験だとスキルの習得に時間がかかり、1人前になるのに平均5年は必要です。このため、20代後半~30代あたりがベストです。

 ここで、弁理士・特許技術者は「40代」がとても多いので、30代後半からスタートしても十分やっていけます。ここが企業の転職と大きく異なる点です。

 実際に、僕は今は大手法律事務所で働いていますが、30代後半から未経験者でこの業界に入ってきた方も多くいます。

 以上のように、「社会経験をある程度積んでから入るのよい」ことと、「スキル習得に時間がかかるので若いうちから入るのがよい」ことを踏まえて、転職は「20代後半~30代」の年齢がベストです。

今後のステップアップのために特許事務所の選び方が重要

f:id:mayaaaaasama:20190727151352j:plain

 今のご時世、20代後半~30代なら未経験であっても特許事務所は選び放題です。なぜなら、特許事務所のほとんどが「人材不足」であるからです。特許事務所の転職は、実際に転職してみたらわかりますが「簡単」です。

 ただし、特許事務所の転職の難しい所は、入るのは「簡単」だが「定着」が難しいところです。入ってみたものの、自分と合わない事務所だったと考えて、すぐにやめていく人が多いです。

 そういう人は、特許事務所の選び方がまずかったのです。しっかりと自分の希望条件に合致した事務所選びをしていなかったのが大きいです。

 ただし、特許事務所の情報量は「圧倒的に」少ないです。この業界に詳しい知人に相談しない限り、特許事務所の内情を知ることはとても難しいです。

 では、特許事務所の内情を把握して適切に特許事務所を選ぶためにはどうすべきでしょうか。

 それは転職エージェントを利用することです。 

 ただし、エージェントの中には、自分の都合のよいように転職者を誘導させるエージェントもいます。このため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。

 「リーガルジョブボード」に登録すると、エージェントから連絡が来るので、希望条件を伝えて、希望条件に合致した良質な特許事務所を紹介してもらうのがよいです。そして、紹介してもらった特許事務所の内情についても詳しくエージェントと相談しましょう。

 また、リーガルジョブボードは年収交渉に応じてくれたり、お祝い金をもらえたりできますのでこれは利用しない手はないです。

企業での開発経験はあった方がよいのか

f:id:mayaaaaasama:20190727145138j:plain

 ここで、企業での開発経験は必要なのかどうか疑問に感じる方も多いですのでこれに答えたいと思います。

 (結論)

(1)あった方がやや有利

(2)なくてもよい

 実際、僕もほぼないに等しいですが、十分にやっていけています。

(1)あった方がやや有利である理由

 なぜあった方がやや有利かというと、その理由は以下のとおりです。

・特許事務所から評価が高い

・転職時の年収が高くなる

 開発経験があった方が特許事務所から評価が高いです。なぜならクライアント受けが良いからです。自分の発明の特許明細書を担当する者が、開発経験ありとなしでは「あり」の方が印象がよいです。

 そして、開発経験があった方が、特許事務所の評価が高くなる分、転職時の年収は高くなります。

(2)なくてもよい理由

 ただし、開発経験はなくても特許事務所で転職できます。そして、入所してからスキルアップのために開発経験があった方がいいかというとそうでもないです。

 大学の初学程度の教養があれば、特許明細書の80%は書けます。

 特許明細書を書きながら技術を学んでいけばよいですし、特許明細書を書くにあたり、高度な技術理解はそれほど求められません。しかも、発明者の方が技術が詳しいため、わからなければ発明者に聞けば足ります。

 以上の理由で開発経験はなくても十分にやっていけます。

 特許事務所の転職は40代以上でも知財経験があれば普通にできます

f:id:mayaaaaasama:20190727145314j:plain

 以上のように、特許事務所の転職は、「20代後半~30代」がベストです。

 では、40代以上なら特許事務所の転職は無理なのかと思うかもしれません。

 知財経験があれば「普通」にできます。

 逆に知財経験がないと「厳しい」です。

 そこが「20代後半~30代」と「40代」の壁です。

 ではここでいう「知財経験」というのはどの程度のものか説明します。

 それは、企業知財部・特許事務所の経験があるか、あるいは技術者で知財に関わる経験をしたことです。後者については、技術者で特許出願の出願経験があることが当てはまります。特許明細書を書いた経験、あるいは特許事務所と特許明細書のやり取りをした経験などです。このような経験があれば、「普通」に特許事務所へ転職することができます。

 40歳以上の特許事務所の選び方

f:id:mayaaaaasama:20190701220503j:plain

 では、40歳以上の場合、特許事務所はどのように選ぶべきでしょうか。その選び方は以下のとおりです。

・年収を維持できるところ

・特許明細書の指導あり

・チェックが緩いところ

 この3つを満たす事務所を選ぶのがよいです。そうすると、必然的に大手特許事務所になりやすいです。

 大手特許事務所でも、パートナーによっては特許明細書の指導がありますので、特許明細書を書き慣れていない知財部の方はそこで指導を受けてもらうのがよいです。また、特許明細書に慣れるのに時間がかかるものなので、翌年以降も年収がキープできるように、チェックが緩いところを選ぶのがよいです。

 以上のように、これらの3つを満たす事務所を選ぶべきですが、全ての大手特許事務所がこれらを満たすわけではありません。

 そこで、転職エージェントに相談して、これらの条件に合致する事務所を紹介してもらうのがよいです。

 ここで選ぶべき転職エージェントは、信頼でき誠実な「リーガルジョブボード」です。転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。

 「リーガルジョブボード」に登録すると、エージェントから連絡が来るので、希望条件を伝えて、希望条件に合致した良質な特許事務所を紹介してもらうのがよいです。そして、紹介してもらった特許事務所の内情についても詳しくエージェントと相談しましょう。

 また、リーガルジョブボードは年収交渉に応じてくれたり、お祝い金をもらえたりできますのでこれは利用しない手はないです。

以上