特許

未経験者が大手特許事務所で生き抜く方法|特許事務所への転職

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)、大手企業知財部で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。このため、この業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手企業知財部(発明発掘、他社特許分析、先行技術文献調査等)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 僕は、このブログで特許事務所への転職のやり方の記事を書いています。

 そこでは、所長クラスの熟練者から丁寧に指導を受けられやすいから、未経験者は「大手特許事務所」よりも「中小特許事務所」から始めたほうがよいと主張しています。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

  ただし、中小特許事務所では、年収が安くなったり、独特の雰囲気があったりする傾向があります。

 こういう環境にいるのは耐えられないと考える方も多いと思いますし、できればまったりした大手特許事務所でやっていきたいという方もいると思います。

  そこで、今回は、「未経験者が大手特許事務所で生き抜く方法」についてお話しします。

目次

スポンサーリンク

未経験者が大手特許事務所を辞めるケース

f:id:mayaaaaasama:20190518143600j:plain

 未経験者が大手特許事務所を辞めるケースは多いです。

 この大手特許事務所の中には、周りから「ホワイト」と言われている大手特許事務所も含みます。実際に、今勤めている事務所でも1年くらいで辞めていった未経験の新人の方を知っています。

 ではなぜせっかく大手特許事務所に入ったのにすぐに辞めていくのか。

 その理由は、担当パートナーの指導がないためです。

 そして、担当パートナーの指導がないにも関わらず、たくさんの仕事を振られます。新人のため、振られた仕事をいきなり断りづらいです。しかし、指導がないため、仕事も遅くなりそれが毎日続いてしまうため「限界」を感じて辞めてしまいます。

 大手特許事務所でも、指導をしてくれるパートナー・上司がいることは事実です。しかし、このような「残念なパートナー」に当たってしまうと、それだけで人生が終わりかねないことにもなります。

 大手特許事務所ではこういうケースでやめていく方がとても多いので未経験者の方はこの点を知っておいた方がよいです。

未経験者が大手特許事務所で生き抜くための方法

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 では未経験者が大手特許事務所で生き抜くためにどうしたらよいでしょうか。

 それは以下のとおりです。

(1)パートナーを変えてもらえる大手特許事務所へ行く

(2)指導をきちんとしてくれるパートナーの下につく

(3)英語が活かせる仕事をする

(4)簡単な特許明細書を書ける事務所へ行く

 以下順番に説明します。

(1)パートナーを変えてもらえる大手特許事務所へ行く

 まず、パートナーを変えてもらえる大手特許事務所へ行くことが重要です。

 上述のとおり、未経験者が指導してくれない「パートナー」についたらそれで終わりです。いつまでたってもスキルは向上しませんし、仕事をたくさん振られて疲弊してしまいます。

 このため、このようなパートナーから別のパートナーに変えてもらえるように、指導「パートナー」をチェンジできる事務所へ行くべきです。

 実際に、大手特許事務所の中には、このような指導「パートナー」を変えることができる事務所はあります。 

(2)指導をきちんとしてくれるパートナーの下につく

 次に、「指導をきちんとしてくれるパートナーの下につく」ことが重要です。

 通常、大手特許事務所は、チーム体制になってチームリーダーであるパートナーがチームメンバーを指導していたり、パートナーが複数のアソシエイトを指導しているようなシステムになっています。

 ここで、例えば、パートナーが指導しているアソシエイトの数が10人以上とかであればほぼ指導はないでしょう。しかし、パートナーが指導をしているメンバーの数が小さいと指導をきちんとしてくれる可能性は高いです。

 こういう点を面接などで聞いてみて、事務所に入る前にきちんと指導をしてくれるかどうか確認することが重要です。

(3)英語が活かせる仕事をする

 もし、英語が得意であれば、英語が活かせる仕事をするという「手」もあります。

 これはどういうことかというと、大手特許事務所の中には、まずは特許明細書の英文翻訳から仕事をしてもらう事務所もあります。

 こういう事務所では、英語が苦手な特許技術者や弁理士が多いのに対して、アドバンテージがあります。

 また、大手特許事務所の中には特許業務が分業化されており、外国案件(内外、外内)の仕事ばかりやれる事務所もあります。英語が強いとこういう仕事は慣れれば得意になっていきますし、特段指導がなくても独学でスキルを習得できます。

 このように、英語が得意であれば英語が活かせる仕事をするというのも「手」です。

(4)簡単な特許明細書が書ける事務所へ行く

 また、特許事務所の中には、簡単な特許明細書を書けるところもあります。

 これはどういうことかというと、クライアントがあらかじめ特許明細書を書いており、それを特許事務所側で確認して適宜修正していく、というものです。

 すなわち、特許明細書を「1から」書くというものでなく、ある程度できあがったものを修正するような感じです。

 これであれば、未経験者でも難しくなく、簡単なものの経験を積んで特許明細書の書き方を学んでいくことができます。 

自分に適切な事務所を選ぶために「転職エージェントの利用」は必須

f:id:mayaaaaasama:20190503111952j:plain

 以上のとおり、未経験者が大手特許事務所で生き抜くためには、上記のような大手特許事務所に行くことが重要です。

 このように、転職活動において適切に大手特許事務所を選ぶことが重要ですが、特許事務所の情報量は少なく、どの大手特許事務所が上記の条件を満たしているかどうかわかりにくいところが実情です。

 このため、実際に自分1人で対応することはリスクがあります。

 そこで、大手特許事務所で生き抜けるように、「転職エージェント」の利用をおすすめします。

 ただし、転職エージェントの中には、自分の利益にかなうように変な事務所へ誘導させるエージェントもいたり、特許事務所の情報そのものに詳しくないエージェントもいることも事実です。

 そのため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。

 また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできるなどの特典もあります。

 これは控えめに言っても利用しない手はありません。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 リーガルジョブボードは、しかも特許事務所と年収の交渉をしてくれますのでとても心強いです。

 エージェントは交渉の「プロ」ですから、年収の交渉はプロに任せるべきです。

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。

 まずはリーガルジョブボードのこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて適切な大手特許事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.