特許

特許事務所への転職|弁理士資格合格前に転職すべきか合格後に転職すべきか!?

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)、大手企業知財部で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手企業知財部(発明発掘、他社特許分析、先行技術文献調査等)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、転職数が結構多く、特許事務所への転職に詳しいです。

 ここで、特許事務所への転職を考えている方には、転職のタイミングについて悩んでいる方も多いと思います。

 特に、特許事務所へ転職するといずれは弁理士の資格を取得することも重要ですので、資格を合格してから、事務所へ転職すべきか悩んでいる方が多いと思います。

 今回はそのような疑問に答えたいと思います。

目次 

スポンサーリンク

特許事務所への転職は思い立ったら動くべき

f:id:mayaaaaasama:20190503114508j:plain

 特許事務所への転職は、資格合格前に動くべきか、資格合格後に動くべきか。

 これに対する回答は以下のとおりです。

「特許事務所への転職は思い立ったら動くべき」

 すなわち、資格の有無を意識せず、特許事務所への転職に興味をもったらすぐに動いた方がよいということです。

 なぜそのように言えるのか。その理由は以下のとおりです。

(1)未資格でも転職しやすい

(2)特許事務所へ入所してからでも資格をとることは十分可能

(3)必ずしも資格取得はマストではない

(4)資格の勉強が落ち着いてからという理由で後回しにするといつまでも動かない

⇒重要

 以下順番に説明します。

(1)未資格でも転職しやすい

f:id:mayaaaaasama:20190528151634j:plain

 まず、「未資格でも転職しやすい」というのが理由に挙げられます。

 もちろん、資格を取得していればそちらの方が有利です。「短答」だけでも合格しているだけでとても有利です。

 しかし、「未資格者であっても特許事務所への転職は難しくなく、十分可能です。」

 これは、今の特許事務所ではどこも「人材不足」であり、求人してもなかなか集まらないことが原因であるようです。

 未資格者であっても、技術のバックグラウンドがあって、やる気があれば受け入れてくれる事務所は多いです。

(2)特許事務所へ入所してからでも資格をとることは十分可能

f:id:mayaaaaasama:20190501155159j:plain

 次に、「特許事務所へ入所してからでも資格をとることは十分可能である」というのが理由に挙げられます。

 特許事務所で特に忙しくなるのは年度末(3月)ですが、それ以外は平凡であることが多く、定時に退社できるところが多いです。

 仕事を振られすぎないような事務所であれば、ほぼ毎日定時退社することは可能であり、空いた時間を資格勉強に費やせれば1~3年で合格は可能です。

 実際に、僕の周りでも特許事務所で働きながら資格に合格した方を多く見かけます。彼らは地頭がよいというよりも、資格勉強のための時間を捻出することに長けている印象を受けます。

 ただし、後述しますが、忙しく仕事を振り回されるような事務所や、いわゆるブラック特許事務所へ入所すると資格をとることが難しいですので、特許事務所の選び方は「超重要」です。

(3)必ずしも資格取得はマストではない

f:id:mayaaaaasama:20190501095905j:plain

 次に、「必ずしも資格取得はマストではない」というのが理由に挙げられます。

 すなわち、資格勉強をしたくなかったら特許技術者としてずっと頑張ればよいということです。

 実際に、40~50代で、「特許技術者」として活躍されている方もいます。弁理士の資格の有無にかかわらず、実力主義で年収を評価する事務所も多く、未資格の「特許技術者」であっても1000万円以上稼いでいる方も普通にいます。

 このため、必ずしも、特許事務所へ転職すると、おのずと「弁理士」の資格がマストであるという認識はなくてよいです。

 資格勉強が困難な事情がある方も多いと思いますので、必ずしも「弁理士」の資格はマストでないということは知ったほうがよいです。

(4)資格の勉強が落ち着いてからという理由で後回しにするといつまでも動かない

f:id:mayaaaaasama:20190428205832j:plain

 次に、「資格の勉強が落ち着いてからという理由で後回しにするといつまでも動かない」というのが理由に挙げられます。これは「超重要」です。

 一般的に「〇〇が落ち着いてから・・・する」というのは「行動を先送りする言い訳」であり、いつまでも行動しないことになります。

 仮に資格の勉強を1年間初めて合格できなかったら、どうするのでしょうか。また、

もう1年資格の勉強をしてそのあと転職活動するのでしょうか。

 この業界では、若いうちから特許事務所に入所してスキルを身につけるのが「圧倒的に」有利であり、資格を優先して事務所への転職を後回しにしていればこの業界で成功することは難しいです。これは「断言」できます。

 特許事務所で成功したいという気持ちがあれば、すぐにでも転職活動をして「スキル」を身に着けることを優先すべきです。資格はその後でも遅くはありません。

働きながら資格勉強と両立するためには特許事務所の選び方が重要

f:id:mayaaaaasama:20190427141641j:plain

 以上のとおり、特許事務所への転職を思い立ったら、まずは「動いて」特許事務所へ転職し、そのあと資格勉強を継続させるのがよいです。

 ただし、上述しましたが、仕事を大量に振り回す事務所やいわゆるブラック特許事務所に入所すると資格勉強を継続させることが困難ですので適切な事務所選びは「マスト」です。

 そこで、転職活動において適切に事務所を選ぶことが重要ですが、特許事務所の情報量は少なく、どの特許事務所がブラックであるかわかりにくいところが実情です。

 このため、実際に自分1人で対応することはリスクがあります。

 そこで、ブラック特許事務所に入らないようにするために「転職エージェント」の利用をおすすめします。

 ただし、転職エージェントの中には、自分の利益にかなうように変な事務所へ誘導させるエージェントもいたり、特許事務所の情報そのものに詳しくないエージェントもいることも事実です。

 そのため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。

 また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできるなどの特典もあります。

 これは控えめに言っても利用しない手はありません。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 ここで、エージェントには「資格勉強のために定時に帰りやすいところをしっかりと伝えましょう。それに加えて、「丁寧な指導のあり、」「前職の年収を維持できる」事務所を選びましょう。

 リーガルジョブボードは、しかも特許事務所と年収の交渉をしてくれますのでとても心強いです。

 エージェントは交渉の「プロ」ですから、年収の交渉はプロに任せるべきです。

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。

 まずはリーガルジョブボードのこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain

 以上の通り、「特許事務所への転職は思い立ったら動くべき」です。

 そして、働きながら資格勉強が両立可能な特許事務所を選ぶようにしましょう。

 ただし、自分1人でこのような事務所を見つけるのは困難ですから、「リーガルジョブボード」を利用して、希望に合った事務所を紹介してもらうことです。

 「リーガルジョブボード」の登録へのリンクを下に貼りつけておきます。転職で成功するためにぜひ登録しましょう。

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

 以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.