特許

特許事務所への転職で隠れ優良求人を見つける方法をお話しします

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)、大手企業知財部で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。このため、この業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手企業知財部(発明発掘、他社特許分析、先行技術文献調査等)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 最近、大手特許事務所で働く知人が別の特許事務所へ転職する話をよく聞きます

 その知人が働く大手特許事務所も待遇のよさげなところですが、さらに年収アップを望んで別の特許事務所へ転職したそうです。

 その特許事務所は、聞いたことがない事務所ですが、その知人曰く、その事務所は、求人サイトで募集されていない「隠れ優良特許事務所」のようであり、大手特許事務所での年収よりも高い年収を提示されたそうです。

 特許事務所には、いわゆるブラック特許事務所などもありますが、このような「隠れ優良特許事務所」も存在しています。ただし、このような事務所はなかなか求人サイトには現れません。

 しかし、経験者がこのような特許事務所へ転職すれば、待遇がよいだけでなく、一気に年収アップが見込めます。

 そこで、今回は、「特許事務所への転職で良質な求人を見つける方法」についてお話ししたいと思います。

 今回は、大手特許事務所で働いて経験豊富だけれど、年収面などの待遇に不満がある方の悩みに答えたいと思います。

目次

スポンサーリンク

求人の見つけた方には2通りの方法がある

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain

 まず、求人の見つけ方には2通りの方法があります。

 その方法は以下のとおりです。

(1)求人サイトを見て自分で応募する方法

(2)知人・エージェントに紹介してもらう方法

 (1)の場合には、求人サイト、例えば、「パテントサロンの求人スクエア」から希望条件に合った求人を見つけて自分でその特許事務所に応募する方法です。

 (2)の場合には、特許事務所に勤めている知人からヘッドハンティングされたり、あるいは転職エージェントから求人を紹介してもらう方法です。

特許事務所への転職で良質な求人を見つける方法

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 以上の通り、求人の見つけ方には「(1)求人サイトを見て自分で応募する方法」と、「(2)知人・エージェントに紹介してもらう方法」の2通りがあります。

 求人サイト(例えば、「パテントサロン」など)で求人を出している特許事務所の中には、良質な特許事務所があります。特に、大手特許事務所は待遇もよいところもありますし、一定以上の年収が見込めます。

 しかし、大手特許事務所の中には、売り上げをどんどん稼いでも、年収が一定のところまで達するとなかなか上がらないところもあります。

 そこで、より良質な求人を見つけるためには、「(2)知人・エージェントに紹介してもらう」方が絶対よいです。

 このような求人では、大手特許事務所での年収よりも高い年収を提示することが多いです。また、大手特許事務所での主な仕事は、特許明細書の作成や、中間処理などの特許業務ですが、このような良質な事務所の場合は、ベンチャー企業の知財支援などのコンサルティング業務もできたりします。このため、年収アップだけでなく、更に幅広いスキルも身につけることができます。

転職エージェントに紹介してもらう方法がベスト

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

 以上のように、良質な求人を見つけるためには、「(1)求人サイトを見て自分で応募する」よりも、「(2)知人サイトを見て自分で「知人・エージェントに紹介してもらう」ことがよいです。

 ただし、よほどの人脈がないと知人から紹介してもらうことが難しいかもしれません。 

 そこでおすすめなのが、「転職エージェント」を利用することです。

 「転職エージェント」を利用すると、求人サイトにない「良質な求人」を紹介してもらえるので、「年収アップ」や「幅広いスキルを磨いてステップアップ」が見込めます。

 ここで、すべての「転職エージェント」がそうであるわけではなく、特許事務所に特化したエージェントを利用すべきです。

 ただし、一部のエージェントには、自分の都合のよいように誘導するエージェントもいますので、「誠実」で「信頼できる」転職エージェントを選ぶべきです。

 そのようなエージェントとしておすすめなのが「リーガルジョブボード」です。

 「リーガルジョブボード」では、求人サイトで掲載されていないような「隠れ優良」案件を紹介してもらえ、ベンチャー企業の知財支援などの業務も携えることができ、高い年収アップが見込めます。

 年収アップの近道は、「リーガルジョブボード」の利用「1択」です。

 また、「リーガルジョブボード」では、交渉のプロであるエージェントが年収交渉をしてくれるので、年収アップの確実性は増します。

 このように年収アップのための転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできます。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、年収アップが見込める「隠れ優良特許事務所」を紹介してもらいましょう。

「リーガルジョブボード」の利用方法

 リーガルジョブボードの利用方法はとても簡単です。まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」「希望の特許事務所」をエージェントに伝えましょう。エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 行動しないと何も始まりません

f:id:mayaaaaasama:20190426205856j:plain

 以上のとおり、「リーガルジョブボード」への利用方法はとても簡単ですので、特許事務所への転職を考えているのであれば登録した方がよいです。

 転職を始めるとなると荷が重くなりますが、まずは最初に動いてみることが重要です。動かないと何も始まりません。そして、いきなり事務所へ直接応募したりするよりも、軽く準備運動のつもりで動いてみるのがよいです。その準備運動として「リーガルジョブボード」への登録はとてもお気軽で簡単にできます。まずは軽く動きましょう。 

 まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

 以上のとおり、隠れ優良特許事務所の求人を探すなら、「リーガルジョブボード」1択です。まずは、無料で登録して転職活動を始めましょう。

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

 以上

 

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.