特許 特許-特許事務所

年収が上がらない大手特許事務所は辞めるべき|特許事務所の転職

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。このため、この業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 今回は、「年収が上がらない大手特許事務所は辞めるべき」という話をしたいと思います。

 今回の記事は、

 大手特許事務所に勤めているけれど、年収が上がらないと悩んでいる方の疑問に解決したいと思います。

 なお、中小特許事務所に勤めている方、未経験者で特許事務所へ転職を考えている方にも参考になると思います。 

スポンサーリンク

 この記事を書いたきっかけ|大手特許事務所を辞める人が続出!?

f:id:mayaaaaasama:20190702211507j:plain

 まず、この記事を書いたきっかけについてお話ししたいと思います。

 最近、大手特許事務所に勤めている、僕と同年代の知人の数人が転職して年収アップに成功していることを聞きました。

 その知人に聞くと、今の事務所で年収アップは見込めず、転職エージェントを利用して、転職活動したとのことです。

 その結果、エージェントの年収交渉もあって、今の年収より200万円アップの年収を提示され、そこに転職するそうです。

 また、その知人曰く、今は大手特許事務所では、年収アップのために転職をしている弁理士・特許技術者が多いそうです。

 実際に、僕も別の知人から同じような話を聞きます。今は、年収アップのために大手特許事務所を辞めて別のところを見つける方が多いようです。

 そこで、このような背景を踏まえて記事を書くことにしました。

 こういう大手特許事務所は辞めるべき

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

  大手特許事務所は、案件をこなして売り上げを稼げば、年収を稼げる事務所が多いです。実際、ある大手特許事務所に入所して2年で「240万円」の年収アップした知人(30歳)を知っています。

 しかし、一部の事務所では、どれだけ売り上げを稼いでも年収が上がらない事務所も多いです。

 具体的に、以下のような事務所は年収が上がる見込みが少ないのでやめるべきです。

・年功序列制

・昇給額が低い

・特許事務員の数が多く、事務員の給料が高い

・パートナーになるのに勤務年数が10年以上必要

 まず、「年功序列制」をとる事務所がありますが、ここはすぐにでも辞めるべきです。こういうところは、働き盛りの30代がいくとどれだけ仕事をしても給料が上がらず搾取されるだけです。

 次に、「昇給額が低い」事務所もやめた方がいいです。年功序列制の事務所は、売上で年収が一気に上がるよりも昇給額で上がっていくことが多いです。ここで昇給額が高ければ、辞めなくてもよいですが、低すぎると搾取されるだけです。すぐにでもやめるべきです。

 次に、「特許事務員の数が多く、事務員の給料が高い」事務所もやめた方がいいです。こういう事務所はコスパが悪いところ多く、弁理士・特許技術者が優遇されていないことが多いです。やめた方がいいです。

 大手特許事務所では、パートナーへ昇進する道もあります。しかし、パートナーになるのに勤務年数が考慮される場合は、やめた方がいいです。

 勤務年数10年以上など待ってられないです。

 その間に事務所が停滞するかもしれないですし、30代で入所した場合、40代でパートナーです。特許事務所で働くことの「売り」は若いうちから稼げることです。パートナーになるのを待っているのでは企業で働くのと変わりありません。

 大手特許事務所を辞めるべきである理由

f:id:mayaaaaasama:20190606225239j:plain

 以上のような大手特許事務所は辞めるべきです。

 一方、簡単に辞めて別の事務所へ転職することに抵抗がある方も多いと思います。

 しかし、今の事務所にいながらでも転職活動を始めて待遇のいい事務所へうつるべきです。そのように考える理由は以下のとおりです。

・特許事務所の人材不足。今は売り手市場で待遇のいい事務所を見つけやすい

・良質な求人があり、そこで年収アップを見込めやすい(勿論職場環境もよい)

 今は、大手も中小も最近立ち上げた特許事務所もどこも人材不足です。

 特に働き盛りの30代~40代前半で経験者だと特許事務所選びに困りません。

 そして、「大手」に勤めていたという経歴は大きいです。単にどこも選べるというのだけでなく、年収アップも余裕で見込めます。更に後述しますが、転職エージェントに年収交渉してもらえれば、その確実性は増します。

 また、「大手」で働いた経験があれば、転職エージェントから良質な求人を紹介されます。そのような求人は、求人サイト(例えば、Googleで「特許事務所 求人」で検索すると出てくるようなサイト)にはない求人です。

 いわゆる隠れホワイト特許事務所というものです。こういう事務所では求人サイトで求人しても「欲しい人材」がなかなか見つからないため、転職エージェントのみに依頼して確実に欲しい人材を見つけてもらうようです。こういう事務所は、例えば、通常の特許業務以外に、ベンチャー企業の知財サポートなどとても幅広い業務も経験できたりします。そして、年収もかなりよく最初から1000万円近く提示するところもあります。

 転職エージェントを利用した良質求人を見つけることが最重要

f:id:mayaaaaasama:20190503111952j:plain

  以上のように、よりよい事務所が見つりやすいので転職活動をして別の事務所へうつるべきです。

 ただし、自分で、より待遇のよい事務所を見つけることは困難です。例えば、上記のとおり、良質な求人は、求人サイトで公開されていないことが多いためです。

 そこで、年収を大幅に上げるためにエージェントの利用は「不可欠」です。

 ではどのエージェントを利用すべきか。

 エージェントの中には、自分の都合のよいように転職者を誘導させるエージェントもいます。このため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードでは、求人サイトで公開されていない良質な求人も紹介してくれます。しかも、交渉のプロであるエージェントが年収交渉をしてくれるので、年収アップの確実性は増します。

 このように年収アップのための転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。また、リーガルジョブボードは数万円ほどのお祝い金をもらえたりできます。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、年収アップが見込める特許事務所を紹介してもらいましょう。

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

まとめ

 以上の通り、年収アップのために転職活動をするには、「リーガルジョブボード」を利用して、エージェントに良質な求人を紹介してもらうことです。「リーガルジョブボード」の登録へのリンクを下に貼りつけておきます。転職で成功するためにぜひ登録しましょう。

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

 以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.