特許 特許-特許事務所

特許事務所でクビになる人の特徴|クビにならないために重要なのはただ1つ

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は大手も中小も両方経験しています。また、それぞれの事務所にいる知人からも事務所内の情報を聞いたりしています。

 特許事務所のほとんどが「試用期間」の制度があり、試用期間で切られることはあります。また、試用期間を過ぎても仕事をまわしてくれなかったりすると自ずと辞めさせられる方向にあります。僕の身の回りにもそのような方がいました。

 もちろん特許事務所の仕事自体に興味がもてずにクビになったケースもありますが、この業界でやっていこうと決めたにもかかわらずクビになってしまった人もいます。

 そこで、今回は「特許事務所でクビになる人の特徴」についてお話しします。

 特許事務所の転職を考えている方で、離職率が多いとか実力がなければクビになりやすいとかそういった不安を抱えている方も多いと思います。そういう方の疑問に答えます。

目次

スポンサーリンク

「特許事務所でクビなる人の特徴」

f:id:mayaaaaasama:20190716085449j:plain

 では特許事務所でクビになる人の特徴についてお話しします。僕や知人の回りでクビになった人 を見ていくと1つ特徴があります。これは「能力」とか「実力」とか「戦力にならない」とかではありません。普通に京大卒などの頭よさげな人も切られています。ではその特徴とは何か。

 それは「素直でない」ことです。

 これだけです。言い換えると、「素直」であれば特許事務所で切られることはなく、定着できます。

 ここでいう「素直な人」とは、指導してくれる熟練者の指示を「素直」に受け入れてスキルを高めていける人です。

 一方、「素直でない人」は、指導してくれる熟練者の指示に抵抗したり、反発したりして熟練者の指示をなかなか反映させようとしない人です。そして、そういう人に限り、飲みの場などで、先輩(熟練者)は腕が悪いとか悪口を言ったりします。こういう人はプライドが高い人が多く、年齢が高い人が多い(30代後半~)です。

 なぜ「素直でない」と、クビになりやすいのか

f:id:mayaaaaasama:20190716085857j:plain

 ではここで「素直でない」とクビになりやすいメカニズムのようなものについてお話ししたいと思います。

 まず、特許事務所では、熟練者の腕を買って、クライアントから所長(又はパートナー)に特許明細書を書いて欲しいと依頼がきます。これは、「中小」の方が一層その傾向が強いです。クライアントと所長(パートナー)とはこのような信頼関係が強いです。ここで、所長(パートナー)は忙しく手が空いてないこともあり、できれば特許明細書は所員(アソシエイト)に書いてもらいたいです。しかし、クライアントは所長の明細書の腕を買っています。そうすると、所員が所長と異なる書き方をされると、困るわけです。その書き方で不評を買うとクライアントから依頼が来なくなってしまいます。

 そこで、所長は所員に対して特許明細書の書き方を丁寧に教えて、自分の書き方を真似できるようになってほしいのです。言い方が変かもしれないですがゴーストライターになってほしいのです(最終的に所長がチェックするので厳密には適切なたとえでないかもしれませんが・・・)。

 そうすると、自分の書き方にいちいち文句をつけてきたり、従わない所員はとてもやりづらいわけです。そういう素直でない人を所長は早いうちから見抜くことができます。実力とか能力とかは「時間」で解決できる場合があります。しかし、「素直でない」という性格は「時間」で解決できる問題でありません。特に30代以降になると性格はもうフィックスされるのでなかなか治りません。それを所長も知っています。

 そして、「素直でなければ」所長も教えがいもないですし、仕事をまわしても成長しないので仕事を回しません。こうして、「素直でない」人は、試用期間で切られるか、仕事をまわしてもらえず自ずとやめさせられてしまうのです。

 このような理由により、「素直でなければ」切られやすいです。

 しかし、言い換えると、「素直であれば」所長は伸びることを期待して指導します。これは、素質があろうがなかろうがです。

 

 素直でない人は30代以降に多い

f:id:mayaaaaasama:20190514210147j:plain

 ご存知かもしれませんが、特許事務所では離職率は他の業種に比べると高い傾向にあります。もちろんホワイトな特許事務所もあり、離職率が低いところもありますが。

 なぜ離職率が高いかというと、入所時の所員の平均年齢に関係しているように思います。特許事務所へ転職して入所する新入所員の平均年齢は30代半ばくらいです。

 先ほどお話ししたとおり、「素直でない人」が切られやすいです。そして、年齢が高くなると、「素直でなくなる」ことが多いです。むしろ20代の方が「素直」です。

 実際、20代~30代前半の若手の方が、定着率は「高い」です。クビを切られることが多いのは30代後半以降が多いのです。実際、今の事務所でもパートナーに呼び出されて叱責を受けている方がいます。その方の年齢は40代半ばです。その方々に共通するのは、パートナーの指示に従わず、反発することです。素直でないのです。

 特許事務所で上手くやるコツ。それは素直に受け入れること

f:id:mayaaaaasama:20190528151634j:plain

 以上のとおり、素直でなければ特許事務所に転職しても成功は難しいです。

 言い換えると、特許事務所で成功するためには「素直」であることが「マスト」です。特に未経験者は所長の指導に素直に受け入れるようにしましょう。

 そして、所長の書き方を完全に真似ることが成功への近道です。この業界は、「独自性」は不要です。未経験の時点で「独自性」とか「センス」とかにこだわると必ず失敗します(僕も最初はそうでした・・・)。

 まず指導を素直に受け入れて、書き方を完全に真似て所長のコピー人間となることが第1のステップです。そして、独自性を取り入れるのはその次です。

 何度もいいますが、「素直」な人がこの業界では「絶対」に伸びます。指導を素直に受け入れてスキルアップを図るようにしましょう。「俺は俺流のやり方でいく」とか言ってプライドを捨てない人、「あの所長はダメ」とか言って反発する人は100%失敗します。

 

 適切な指導をしてくる事務所選びも最重要 

f:id:mayaaaaasama:20190503114508j:plain

 ただし、ここで気を付けるべきことがあります。それは全ての事務所が適切な指導をしてくれるわけでないということです。

 一部の事務所では、理不尽な要求をしてくるところもあります。そんなところで「素直」に従っているとストレスが溜まったりして病んだりします。そういうところは行くべきでありません。

 そのため、転職に当たり、「適切な指導をしてくれる事務所選びは超重要」です。

 しかし、自分で適切に特許事務所を選ぶことは難しいです。特許事務所の情報量は少なく自分で知ることが難しいからです。

 そこで、特許事務所に詳しい「転職エージェント」を選ぶべきです。

 ただし、エージェントの中には、自分の都合のよいように転職者を誘導させるエージェントもいます。このため、信頼できる誠実なエージェントを選ぶべきです。

 そのような信頼できるエージェントとは、「リーガルジョブボード」です。転職活動においてエージェントの利用は必須ですのでこちらのサイトから登録しておきましょう。5分で簡単に無料で登録できます。また、リーガルジョブボードは年収交渉に応じてくれたり、お祝い金をもらえたりできます。

 控えめに言ってもこれは利用しないわけにはいきません。

 登録して、希望条件をエージェントに伝え、適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.