特許 特許-特許事務所

特許事務所の求人情報を探すなら「リーガルジョブボード」がおすすめな理由

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

特許事務所への求人ってどうやって探すのだろう。。
転職エージェントにリーガルジョブボードがおすすめって聞いたけどほんとかなあ。。

こうした悩みを解決します。

ちなみに僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

目次

スポンサーリンク

特許事務所の求人情報を探すなら「リーガルジョブボード」がおすすめです。

f:id:mayaaaaasama:20190702211507j:plain

特許業界にジョブチェンジをしたい方にとって、「特許事務所の求人情報ってどうやって探すのだろう」と考える方は多いと思います。

これに対し結論をいいます。

転職サイトである「リーガルジョブボード」に無料登録してエージェントから求人案件を紹介してもらうことです。

「リーガルジョブボード」は、法律系専門職の求人・転職サイトであり、特許事務所への転職に特化したエージェントがいます。

そのエージェントと相談して希望の条件に合った求人を紹介してもらうとミスマッチングを防げます。

エージェントを利用して求人を探してもらうと、情報量の少ない特許事務所に転職する上でとても心強いです。

 「リーガルジョブボード」を利用することのメリット

f:id:mayaaaaasama:20190703084717j:plain

読者の中には、「特許事務所の転職に特化したエージェントって他にもあるのに何でリーガルジョブボードを推すの!?」と考える方もいると思います。

僕が「リーガルジョブボード」を「1択」とまで言うほど推す理由は以下のとおりです。

(1)誠実性

(2)手厚いサポート

(3)年収の交渉をしてくれる

(4)お祝い金

以下、順番に説明します。

(1)誠実性

f:id:mayaaaaasama:20190427141641j:plain

リーガルジョブボードのエージェントは、対応が誠実です。

一部の特許事務所に特化したエージェントでは、紹介料欲しさに、離職率の高いブラック特許事務所を勧めるところもあります(実際、僕もそのエージェントにはめられました笑)

これに対し、リーガルジョブボードではそのような対応はなく、自分の希望条件に合った特許事務所を紹介してくれます。

実際に、僕も相談させてもらいましたが、エージェントは誠実な印象で丁寧に対応をしてもらいました。

また、リーガルジョブボードの口コミでは、自社のHPにて転職成功者の声に40~50代が多いことが特徴です。

通常、転職に不利な年齢の40~50代がこれほどまでに多いのは幅広くサポートしていることの裏付けかなと思います。

(2)手厚いサポート

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

リーガルジョブボードのエージェントは転職活動を手厚くサポートしてくれます。

具体的には以下の通りです。

・職務経歴書の添削

・特許事務所の内情の提示

・面接に同席して、求職者の強みを最大限に引き出してくれる

リーガルジョブボードのエージェントは、実際に特許事務所に足を運び、事務所の雰囲気、所長の人柄、指導方法、給与システムなどを取材しています。

このため、エージェントから有益な情報を聞くことができます。

また、リーガルジョブボードでは、面接に同伴してくれるシステムをとるので、面接が苦手な方にとってとても心強いです。

(3)年収の交渉

f:id:mayaaaaasama:20190503132330j:plain

リーガルジョブボードのエージェントは特許事務所と求職者の年収の交渉をしてくれます。

これは大きいです。

なかなか求職者と特許事務所で年収の交渉をするとき、自分の希望年収を言いづらいですし、交渉が上手くいかないことが多いです。

これに対して、エージェントは「交渉のプロ」ですから、求職者自身が年収の交渉をするよりもいい結果を引き出してくれます。

未経験者が特許事務所へ転職する時、年収がガクっと下がることがあります。

また、高い年収を求めてステップアップするものの思うように高い年収を提示してくれない場合もあり、値上げ交渉が必要な場合もあります。

このような場合にしっかりと「交渉のプロ」であるエージェントが立ち会っていい結果を出してくれます。

(4)お祝い金

f:id:mayaaaaasama:20190616190556j:plain

リーガルジョブボードでは、内定が決まるとなんと求職者に数万円の「お祝い金」が貰えます。

「無料」でサポートしてもらって、更に数万円の「お祝い金」ももらえるのでこれは利用しないわけにはいきません笑

転職エージェントを利用することのデメリット

f:id:mayaaaaasama:20190503114508j:plain

「逆に転職エージェントを利用することのデメリットってあるんじゃないの!?」と考える方もいると思います。

よく転職エージェントを利用すると、特許事務所に紹介料が支払われるから、その分高い年収が見込めないと言われます。

しかし、リーガルジョブボードを利用すればこのデメリットはないといえます。

なぜなら、リーガルジョブボードでは、エージェントが年収交渉をしてくれるからです。

自分で年収交渉をするよりも、交渉のプロである「エージェント」が年収交渉をしてくれた方が当然年収は上がります。

そうすると、紹介料が支払われる分減るだろう金額を、エージェントが年収交渉をしてくれることにより増える金額が相殺してくれます。あるいはそれ以上に高い年収が見込めるかもしれません。

このように、「リーガルジョブボード」を利用すると、こういった転職エージェントを利用することのデメリットはないかなと思います。

「リーガルジョブボード」の利用方法

f:id:mayaaaaasama:20190503111952j:plain

リーガルジョブボードの利用方法はとても簡単です。

まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。

たったこれだけで「登録完了」です。

その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」「希望の特許事務所」をエージェントに伝えましょう。

エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

  行動しないと何も始まりません

f:id:mayaaaaasama:20190426205856j:plain

「リーガルジョブボード」への利用方法はとても簡単ですので、特許事務所への転職を考えているのであればすぐにでも登録した方がよいです。

転職を始めるとなると荷が重くなりますが、まずは最初に動いてみることが重要です。

動かないと何も始まりません。

そして、いきなり事務所へ直接応募したりするよりも、軽く準備運動のつもりで動いてみるのがよいです。

その準備運動として「リーガルジョブボード」への登録はとてもお気軽で簡単にできます。まずは軽く動きましょう。

 まとめ。

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

特許事務所の求人情報を探すなら、「リーガルジョブボード」1択です。

まずは、無料で登録して転職活動を始めましょう。

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

 以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.