特許

特許事務所に向いている人はこんな人|特許事務所の転職

更新日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)と、大手メーカー知財部で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(主に出願業務と他者特許の分析。出願業務には発明の発掘も含む。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は、メーカー(企業)と特許事務所の2つを渡り歩いてきました。企業と特許事務所は、職場の環境から何までとても異なります。

 中小特許事務所から大手事務所まで、企業にはない独自の環境があります。そして、その環境に向いている人と向いていない人がいます。

 そこで、今回は、「特許事務所に向いている人はどんな人か」についてお話ししたいと思います。

 目次

スポンサーリンク

 特許事務所に向いている人

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain
 では、特許事務所に向いている人についてお話しします。なお、ここでは、特許技術者・弁理士を想定しています。

 特許事務所に向いている人は以下のとおりです。

・内向的な人

・謙虚な人

・縦の上下関係がめんどくさい人

・スキルを磨くために(自分のために)仕事をしたい人

・若いうちから稼ぎたい人

 いずれの特徴も見てわかると思いますが、(謙虚な人を除いて)「企業に向いていないような人」ばかりです。言い換えると、企業に向いていない人は「特許事務所」に向いているといえます。このうちの1つでもあれば、特許事務所へジョブチェンジするのもありかと思います。

 では、以下にそれぞれについて詳しく説明します。

・内向的な人

f:id:mayaaaaasama:20190707211810j:plain

 特許事務所では、1日中、1人で自分のデスクスペースに籠って黙々と特許明細書などの書類を作成します。最初のうちは、上司に書類をチェックしてもらう必要があり、上司とやりとりを行うこともありますが、慣れてきてチェックが外れるようになれば、ほとんど誰にも干渉されずに仕事ができます。これは本当の話ですが、特許事務所に出所して「誰とも全く話さず」終わることもあります。

 このため、誰にも干渉されないで仕事がしたいような内向的な人は向いていると思います。言い換えると、社交的な人、対外的な人にもものたりなさを感じるかもしれません。

 また、基本的に自宅に籠ってでも仕事ができるので在宅有の特許事務所が多いです。

・謙虚な人

f:id:mayaaaaasama:20190707212138j:plain

 謙虚な人は特許事務所に向いています。反対に傲慢だったり、我が強い人は向いていないかもしれません。なぜ謙虚な人が特許事務所に向いているのか。その理由は以下のとおりです。

・特許事務所でやっていくためには先輩・所長の書き方をコピーする(我流を捨てる)のがマスト。

・謙虚だと、先輩・所長の指導に逆らわないので、上手くやっていける

・クライアントに好印象(資格を取っても謙虚でいることが重要)

 この業界では、先輩・所長の書き方・指導に逆らわずに徹底的に守り、彼らの書き方をコピーするつもりでやる方が成功します。我流でやるとか自分のスタイルでやるといったほうがかっこいいですが、それではいつまでもスキルが磨きません。謙虚だと、こういうところはぐっとこらえて指導に対して素直になれるので伸びます。このため、謙虚の方がこの業界で成功しやすいです。また、上司・所長のやり方に従わなかったり、反発したりすると、当然上司・所長に嫌われます。そうすると相手にされなくなり、放任されます。こうなると、我流でスキルを上げるのはこの業界では難しいのでほぼ終わります。一方、謙虚だと、上司・所長の指導に逆らわないので上手くやっていけます。

 また、謙虚であればクライアントに好印象です。偉そうにしているよりも謙虚である方が好まれます。このため、何か問題があってもクライアントから許容されたりしますし、信頼を構築しやすいです。

 以上のように、謙虚である人は、特許事務所に向いています。

・縦の上下関係がめんどくさい人

f:id:mayaaaaasama:20190514210147j:plain

 「縦の上下関係がめんどくさい人」も特許事務所に向いています。なぜなら、特許事務所では、縦の上下関係がほとんどないからです。

 特許事務所は、ほとんどの企業と異なり、「実力主義」であり、「個人プレー」です。最初のうちは先輩・所長から指導を受けてスキルを磨きます。但し、この業界では彼らとの関係は、会社でいう上司・部下」の関係はなく、希薄な関係であることが多いです。このため、付き合いで飲みにいくこともほとんどないですし、「部下」であるからという理由で特に気をつかったりすることもないです。会社と異なり特許事務所では同僚とは淡白な関係なので、縦の上下関係がなく、こういうのが苦手な人は向いています。

・スキルを磨くために(自分のために)仕事をしたい人

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 会社のためにではなく、自分のために仕事をしたいという人には特許事務所は向いています。そして、特許事務所で積み上げたスキルは、他の事務所でも通用するので、例えば、大手の事務所へステップアップもすることができます。また、クライアントを1つでももっていれば、独立開業も夢ではないですし、あるいは知財コンサルタントへの道も開けます。つまり、専門的なスキルさえ積み上げていけば、今の職場に縛られない生き方をすることができます。

 これに対し、企業の場合は、その会社でしか使えないスキルを積み上げることが多く、企業とは異質な働き方をすることができます。

 ここで、更に補足しておくと、「自分のためにスキルを積み上げる働き方」は、今の終身雇用が守られない時代に合致しています。今後は、専門的なスキルを磨いて自分のために働くやり方が主流となると想定され、スキルを磨いて自分のために働くことはとても重要です。

・若いうちから稼ぎたい人 

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 若いうちから稼ぎたい人は特許事務所に向いています。企業では、年功序列制のため、若いうちから稼ぐことは難しいですが、特許事務所のほとんどが「実力主義」です。ほとんどの特許事務所では、年収は自分の売上に応じて決まります。2~3年実務を積んでチェックなしで案件をバンバン処理すれば、30代で年収1000万円も十分射程範囲内です。また、20代後半でも1000万ちかくの年収を稼ぐことも可能です。 

特許事務所の転職のやり方

f:id:mayaaaaasama:20190702211507j:plain

 以上のような特徴があれば、「企業」よりも「特許事務所」向けです。

 これを見て1ミリでも特許事務所っていいなと思ったら以下の記事も併せてご覧いただくことをおすすめします。

 というのも、特許事務所での転職は内定をもらうことが簡単ですが定着が難しく、ミスマッチでこの業界を去る人が多いからです。

 特許事務所の転職には失敗しないやり方があります。そのやり方を以下の記事で書いていますので併せてご覧ください。

失敗しない特許事務所の転職のやり方の記事はコチラ

 以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.