弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

ブログでアクセス数を簡単に上げる記事の作り方|2つ方法があります

 僕はとある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、今年からブログを本格的に始め、ブログを毎日継続させています。その結果、以下のことを達成しました。

・今年だけで200記事突破

・毎日連続投稿日数が100日を突破

・先々月にはアクセス数10万PV突破

・先月の収益が5万円を突破  

 ここで注目していただきたいのが、「アクセス数10万PV突破」です。僕は、今年から本格的にブログを始めて5カ月で「10万PV」を稼ぎました。

 今回は、この実績に基づいて、「ブログでアクセス数を簡単に上げる記事の作り方」をお話しします。これは、特別な専門性は不要であり、読者の方も「再現可能」です。

目次です

 ブログでアクセス数を簡単に上げる記事の作り方

f:id:mayaaaaasama:20190706210529p:plain



 では、ブログでアクセス数を簡単に上げる記事の作り方についてお話しします。以下の2つの方法があります。

(1)インフルエンサーの自己啓発系動画を参考に記事を書く

(2)トレンドの批判に対する批判を書く

 (1)がおすすめで、(2)は裏技みたいな感じです。批判コメントがくるのが嫌な方は(2)はおすすめしません。

 実際、(1)、(2)について記事を書きました。以下に例示するものは1つの例であり、他にもいくつか記事を量産しています。

(1)に該当する記事の例

www.mayaaaaasama.com

 この記事では、はてなブログのトップページの一番上に1日中掲載し続けて、これだけで1万PV稼ぐとともに、アドセンス収入(英世3人分くらい)を得ることができました。

 (2)に該当する記事

 (少年革命家ゆたぼん氏の批判に対する批判の記事)

www.mayaaaaasama.com

 (イケハヤ氏・マナブ氏の情報商材の批判に対する批判の記事)

www.mayaaaaasama.com

 これらの記事はGoogleChlomeに掲載されて5000PVくらい稼げました。ゆたぼんの方は、その後もGoogleで上位検索され続けました。詳しくは過去記事で書いています。 

www.mayaaaaasama.com

  このように、これらの方法を使えば、アクセス数を稼げますし、Google Chlomeなどに紹介されるとそれだけで英世数人くらいのお金を稼ぐことができます。

 ただ、これらについて問題点があります。それはアフィリエイトになかなか結び付けないことです。そこを念頭においてください。

 では、以下に(1)と(2)についてそれぞれ具体的に説明してきます。

(1)インフルエンサーの自己啓発系動画を参考に記事を書く

f:id:mayaaaaasama:20190706210610p:plain



 まずインフルエンサーの自己啓発系動画を参考に記事を書くのがおすすめです。具体的には以下の通りです。

・インフルエンサーの自己啓発系動画を見る

(ここで、トレンドを知り、キーワードを把握する)

・自分ならこう考えるといった感じで考えながら動画を見る

・動画を見た後、自分の考えとインフルエンサーの考えをまとめて記事を書く

・このとき、自分の経験も記事に盛り込む。インフルエンサーの考えをそのまま書くのはダメ。

 これのメリットは今のトレンドの中で、読者を惹きつけるものをしっかりと把握でき、外しにくいことです。自分がこれはトレンドだなと思って書いてもそれはブログで書いた時に読者を惹きつけるものでないかもしれません。

 例えば、「40代以上の引きこもり」が一時期トレンドになったことがあり、これを踏まえて下記の記事を書きましたがこの記事は内容はさておき、アクセス数を挙げるという点では全然ダメでした・・・

www.mayaaaaasama.com

  このように、外さないために有名インフルエンサーの自己啓発系動画を見て「惹きつけるキーワード」を導き出すことが重要です。

 有名インフルエンサーでおすすめなのは、manablogの「マナブさん」と「まこなりの社長室」です。忙しい方は「マナブさん」だけでいいと思います。いずれもIT系の方ですが自己啓発系の動画を配信しているのでそちらをご覧いただければいいと思います。いずれも動画登録数が10万近くあり、人気があることがうかがえます。

 実際に、「年収1000万円プレイヤーを目指した働くのはやめたほうがいい理由」といのは、マナブさんの動画(年収1000万円プレイヤーは、睡眠時間が短すぎる件)を見て書いたものです。正直、この動画のタイトルは個人的に惹きつけられるものでないのですが、「年収1000万円プレイヤー」のキーワードで記事を書いたところ、このようにアクセス数が爆上がりしました。

 なかなかトレンドの中で、読者を惹きつけるキーワードを自分で導き出すことは難しいと思うので、インフルエンサーの動画を参考にするのはとても有効です。

 ここで、なぜ「動画」なのか疑問に思う方もいるかもしれません。有名インフルエンサーのブログを参考にすればいいのではと思う方もいるかもしれません。その理由は動画の方が頭の中にすっと入り易く、自分の考えを浮かびやすいからです。ブログだと読む作業に頭を使うので自分の考えが出にくく、インフルエンサーの内容をパクったようになりがちです。「ブログ」でなく「動画」をおすすめします。 

(2)トレンドの批判に対する批判を書く

f:id:mayaaaaasama:20190706210637p:plain

  (1)の方法がおすすめで「王道」ですが、「裏技」みたいな方法があります。例えば、先ほどの例で言うと、イケハヤ氏、マナブ氏の情報教材がツィッター、youtubeなどで批判されています。この批判に対して問題を指摘すればいいのです。この場合、イケハヤ氏の情報教材を賛同してるわけでもなく、批判しているわけでもありません。このため、情報教材の賛同派からも批判派からも記事が読まれてアクセス数を稼ぎやすいです。また、情報教材に対する批判が圧倒的ならば、情報教材に対する批判を書いても「またかよ」と読者は思うので、読者を惹きつけません。しかし、批判に対する批判を書いてみると「なんだこれは?」と読者を惹きつけてアクセス数を稼ぎやすくなります。

 ここで、中立の立場で記事を書くのがポイントです。上記の僕の記事では、「少年革命家ゆたぼん」を称賛しているわけでもなく、「イケハヤ氏の情報教材」を絶賛しているわけでもありません。批判に対して違和感を感じることを書けばよいです。

 具体的にはイケハヤ氏マナブ氏の情報教材の場合には、以下のような感じです。

批判:情弱を食い物にしている。

   両氏の情報は全て無料で手に入れることができる。

批判に対する批判(違和感):

(理由)

   両氏の情報は全て無料で入手できるというがそれができない人もおり、そのような人に両氏はわかりやすく解説している。

   批判する方も情弱を奪い合おうとしているか批判して支持層を獲得しようとしてる(情弱のためでなく自分のため)

 批判に対して批判する場合、当たり前ですがその理由は必須です。説得力のある理由を考えましょう。

 今では「吉本興業の闇営業」がトレンドなので、闇営業の批判に対する批判を書くのもありかと思います。

  ブログの記事の書き方 

 以上のように、アクセス数を稼げる記事の作り方を紹介しました。このような感じで記事のネタを確定すれば後は記事を書くだけです。ここで、読まれやすいブログの書き方もポイントがありますので、こちらをご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

  ブログの始め方

 また、これを見てブログを始めようと思う方もいると思います。ブログの始め方についても記事を書いていますのでよければご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

 以上