仕事 仕事-転職

働きながら転職活動をすることのメリット|ステップアップのために重要です

投稿日:

僕はとある法律事務所で働く弁理士。

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、特許事務所において、転職活動を全部で3回行いました。そして、最初の特許事務所にて、特許業界とは何かを学び、2つ目の特許事務所にて、特許明細書の書き方を学び、そして、今の事務所ではこれまでのスキルを活かして稼いでいます。結果的に3回の転職を繰り返すことによりステップアップを図ることができました。

 そして、1つ目も2つ目もいずれにおいても働きながら転職活動をしていました。いつでも出ていけるようにするためです。特に転職を決意していなくても、働きながら転職活動をすることはとてもメリットがあります。

 そこで、今回は、「働きながら転職活動をすることのメリット」についてお話ししたいと思います。

目次です

スポンサーリンク

 働きながら転職活動をすることのメリット

f:id:mayaaaaasama:20190628193438j:plain

 それでは、「働きながら転職活動をすることのメリット」についてお話しします。そのメリットとは、以下のものです。

(1)会社への依存度を減らせること|脱会社依存

(2)自分の市場価値を知ることができること|成長

(3)年収アップが見込める会社へ転職しやすくなること|ステップアップ

 以下順番に説明します。

(1)会社への依存度を減らせること|脱会社依存

f:id:mayaaaaasama:20190527204142j:plain

 まず、第1に「会社への依存度を減らせること」がメリットとして挙げられます。これはどういうことか以下に詳しく説明します。

 働きながら転職活動をしていると、もし職場で何かあったとしても転職すればよいという「安心感」が生まれます。いわば職場で何かあった時の「保険」です。例えば、急に上司との人間関係が悪くなって、職場に居づらくなるとします。この時、働きながらこっそりと転職活動をしていれば、すでに下準備をしているため、別の職場へ転職するのにそれほど時間はかかりません。このため、時間をかけずに別の職場へ上手く転職できます。そうすると、職場に居づらくなっても転職すればよいという「安心感」により、職場にいづらくなることのストレスや、転職活動を始めないといけないというリスクを低減できます。

 また、この「安心感」により、会社に対して強気になれます。例えば、人間関係がもとで会社にいられなくなることを恐れて、上司の言いなりにならなくてもよくなります。上司のとてつもない仕事に振り方に対してきっぱりと断ることもできます。あるいは、付き合いのための飲み会に誘われてもきっぱりと断ることもできます。このように、会社にいづらくなることを恐れるあまり、会社に対して必要以上に媚びたり、依存したりすることがありますが、働きながら転職活動をしていれば、いざというときは転職で出ていけばよいという気持ちになり、このような依存度を減らしていくことができます。

(2)自分の市場価値を知ることができること|成長

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 第2に「自分の市場価値を知ることができること」がメリットとして挙げられます。転職活動を通じて、転職エージェントに転職を相談した場合など、自分がもっているスキルが、他の会社で必要とされるかどうかを把握することができます。そして、自分の市場価値が高いにも関わらず、今の職場では待遇が見合っていないことを知るかもしれません。そうすると、自分の市場価値を知ることにより、待遇のよい会社へ転職してステップアップすることができます。

 あるいは、今自分がもっているスキルだけでは、他の会社にステップアップして転職することは難しいということも把握できたりします。この場合には、例えば、今の職場で市場で求められているスキルを身につけようと意識することができ、成長しやすくなります。

(3)年収アップが見込める会社へ転職しやすくなること|ステップアップ

f:id:mayaaaaasama:20190426205856j:plain

 第3に「年収アップが見込める会社へ転職しやすくなる」ことがメリットとして挙げられます。必ずしも転職しなくてもよい余裕のある状況で転職活動を続けている方が、転職せざるをえない状況で転職活動をしているよりも気持ちに余裕もでてきますし、転職先のレベルを高いところに設定することができます。そうすると、面接などで年収を高めにするように交渉したりして、年収アップが見込める会社へ転職しやすくなります。

 このように、気持ちに余裕がある状況で、働きながら転職活動を始めたほうが、より年収アップが見込める会社へ転職できます。

働きながら転職活動に後ろめたい気持ちにならないことも重要

f:id:mayaaaaasama:20190426201840j:plain

 以上のように、働きながら転職活動をすると、「脱会社依存」「成長」「ステップアップ」の3点でメリットがあります。このように働きながら転職活動をすることはおすすめです。ここで、会社に仕事を教えてもらって成長させてもらっているのに、こっそりと転職活動をすることに後ろめたい気持ちになる方もいると思います。しかし、そこはまずは「自分」を優先にすべきです。自分にとって都合のよい選択肢をとるべきです。

 今は会社が自分にとってありがたい存在であるかもしれませんが、時間が経ってそうではなくなる場合もあります。今は終身雇用が守られなくなっている時代です。会社の都合で自分の待遇が悪くなることは十分あります。そして、会社にいいように利用されて終わってしまうこともありえます。

 そうならないように、会社は、自分のスキルアップのために利用するものというつもりで働くのが重要と思います。そして、働きながら転職活動することに後ろめたい気持ちにならないようにした方がいいです。

転職エージェントを利用すれば仕事と転職の両立はしやすい

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

 以上のように、働きながら転職活動をすると、「脱会社依存」「成長」「ステップアップ」の3点でメリットがあります。では、働きながら転職活動をする「デメリット」とはどういうものがあるでしょうか。

 それは、仕事と転職活動の両立の難しさであると思います。会社で仕事をし、帰宅した後に転職活動をするのは結構しんどいですし、面倒くさいものです。例えば、履歴書を丁寧に作り上げたり、自分と相性のよい転職先を見つけるために情報を取得したりすることは結構大変な作業です。

 これに対し、このような手間を省くために転職エージェントを利用するのがよいです。転職エージェントは、「無料」で利用できますし、履歴書を丁寧に添削してくれたり、会社の情報を教えてくれたり、内定までの選考をサポートしてもらえたり、年収の交渉に応じてくれたりしてくれます。働きながら転職活動を続けるのであれば、転職エージェントを利用することはとても重要です。

もし異業種の転職を考えるなら|特許事務所も選択肢の1つです

f:id:mayaaaaasama:20190405213829j:plain

 以上のように、働きながら転職活動をすることは、ステップアップのために重要です。ここで、今の会社で何らスキルを磨けることができないのであれば、ジョブチェンジするために異業種への転職活動をおすすめします。そして、その異業種への選択肢として、特許事務所への転職もよいかと思います。理由は、特許事務所では、みがくべきスキルが1つに決まっていて、それだけをしっかりと磨ければ稼ぎやすいからです。詳細は、過去記事で紹介していますのでもしよければご参考ください。

www.mayaaaaasama.com

 最後に|もし特許事務所への転職を考えるならば…

f:id:mayaaaaasama:20190623184519p:plain

 最後になりましたが、特許事務所の転職に興味をもっているが、色々と悩んでいる方も多いと思います。もしその悩みなどについて筆者に聞きたいことがあればご遠慮なくご連絡を頂ければと思います。答えられる範囲のことは答えます。

 メールアドレスはyamatenisan@gmail.comです。ツィッターのDMでも構いません。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-仕事, 仕事-転職

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.