弁理士 転職

特許事務所の転職で失敗しない方法|20代30代の未経験者向け

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです。僕は関西の特許事務所を2つとTMI総合法律事務所の3か所の事務所を渡り歩いてきました。その経験をもとに、転職で失敗しない方法を解説していきたいと思います。

 「特許事務所への転職を考えているけど年収上がっていくのかなあ…不安だよなあ…」

 「特許事務所ってきつそうなイメージあるけどついていけるかなあ…不安だよなあ…」

20~30代で企業知財部・研究職から特許事務所へジョブチェンジをしようと考えている方は多いです。

特許事務所へ転職すれば、実力次第で若いうちから高収入も可能ですし、サラリーマンと違った自由な働き方を実現できます。

サラリーマンの働き方や、年功序列制に合わない若い人にとって特許事務所はよい職場であると思います。

一方、20~30代で特許事務所へジョブチェンジをしてうまくいかずにこの業界を去っていった人も何人かいます。

こういう方は最初の特許事務所でうまくなじめずに転職に失敗したことが原因であることが多いです。

そこで今回は、転職に失敗しないために20~30代の未経験者が知っておくべ特許事務所への転職のやり方をお話しします。

未経験者が特許事務所へ転職して過ちを犯すケース

未経験の20代30代が特許事務所へ入所して、ミスマッチングを感じて定着できずに失敗するケースが多いです。

「成長しない」「年収が上がらない」「何度もやり直し修正をさせられて苦痛を感じる」「仕事をふられなくなった」

こうしたケースで職場に不満を感じて、辞めていくケースが多いです。

1~2年でスキルも身につかずにやめていくとよその特許事務所への転職も難しくなり、結果この業界を去っていくことになります。

この場合、時間を無駄にするだけでなく職歴も汚れてしまいますので将来が潰されてしまいます。

このような過ちを犯さないために特許事務所の転職で知っておくべきことをお話しします。

特許事務所の転職に失敗しないために知るべき2つのこと

特許事務所の転職に失敗しないために知っておくべきことは以下の2つです。

①転職は簡単である

②希望条件は「1.良質な指導」「2.初年度の年収」の順番

順番に説明します。

①転職は簡単である

まず特許事務所の転職は企業と異なり難しくないです。

弁理士の登録者のうち、35歳未満の割合は6.2%です。若手の人材不足に悩まされています。

理系であれば、弁理士の資格をもっていなくてもどこかの特許事務所に入れます。

まず特許事務所は入りやすく、選ばれる立場でなく、自分が選ぶ立場であるという意識をもつべきです。

このため、自分の希望条件については入所後に後悔しないために特許事務所に強気で言うべきです。

内定をもらうコツ

ここで特許事務所から内定をもらうコツについてお話ししておきます。

コツは以下のとおりです。

ポイント

・自己PRは、謙虚とやる気と素直さをアピールする

・実務は熟練者の真似をして身につけることをアピールする

・なぜこの特許事務所でないとだめかを言えるようにする

企業と特許事務所では欲しい人のタイプは異なります。

企業の場合には協調性とかコミュ力とかが最重要視されますが、特許事務所では個人プレーが多く、そこまで重要ではありません。

どちらかというと、すぐやめないで、上司の書き方を真似れる人が欲しいものです。

特許事務所の離職率は高く、せっかく指導しても辞められては困ります。

おまけに時間を割いて丁寧に指導をしてもその指導を受け入れなかったり、反論してくると困るわけです。

そこで「謙虚」「やる気」「素直さ」「真似」をしっかりとアピールできれば好印象です。

さらに、辞めては困るという点から、なぜこの事務所でないとだめかはしっかりと言えればさらに好印象です。 

このあたりがしっかりと抑えていれば高確率で内定をもらえます。

②希望条件は「1.良質な指導」「2.初年度の年収」の順番

特許事務所の転職において絶対におとしてはいけない希望条件は「良質な指導」「初年度の年収」です。

特許事務所では知財のプロを目指します。

とても専門性の高い仕事をしないといけません。

これは独学では無理で上司から良質な指導を受けないと無理です。

むしろ独学で簡単にできるなら代理人要らずですよね。

特に特許明細書が書けるようになるには上司から丁寧な指導がないと無理です。

特許事務所には京大・東大出身の方がたくさんいますが、特許明細書が書けない方をたくさん見てきました。

自頭はいいと思いますが書けないのはきちんと指導を受けなかったからです。

良質な指導を受けないとスキルが上がらないので、スキルアップ➤売り上げアップ➤年収アップという流れをふめません。

一向に年収が上がらないままになってしまいます。

指導について優先順位は高くすべきです。

一方、初年度の年収も重要です。

最初は戦力になれないとか教えてもらうから年収を高くもらうことに罪悪感を感じる方もいるかもしれません。

しかしそういう気持ちは全く不要です。

初年度の年収を高く設定しておかないと、なかなか年収を上げることができません。

強気でいくべきです。

特許事務所に入ってからは弁理士の年収は売り上げで決まります。

具体的な売り上げの決まり方はこちらの記事で解説しています。

弁理士の年収はいくら?【稼ぎの増やし方も紹介】

続きを見る

 

失敗しないために特許事務所の事前サーチは超重要です

特許事務所への転職にあたり、「良質な指導」「初年度の年収」はとても重要です。

そこで転職にあたり、少なくともこの2点についてはしっかりと事前サーチをするべきです。

また、評価システム・残業の程度・上司・所長の人柄・事務所の将来性・所内の環境といった点も注意深く事前サーチをするべきです。

特許事務所の求人の探し方

特許事務所の求人探しですが、求人の方法は以下の3つがあります。

①求人サイトを見て自分で応募

②転職サイトに登録して自分で応募

③転職エージェントに登録してエージェントに紹介

順番に説明します。

①求人サイトを見て自分で応募

特許事務所の求人サイトは、パテントサロンがあります。

ただし毎日1ヵ月くらい見ていたらわかりますが顔触れがいつも一緒ですので、もし優良案件を探すのなら転職サイト・エージェントに登録することをおすすめします。

②転職サイトに登録して自分で応募

転職サイトに登録すると、あなたの希望条件に合った求人がメールで届きますので、そこから自分で応募する方法があります。

自分でマイペースに求人情報だけをチェックしたい方におすすめです。

③転職エージェントに登録してエージェントに紹介

転職エージェントに登録して、エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した求人をエージェントから紹介してもらえる方法があります。

転職エージェントを利用すると以下の利点があります。

①エージェントから特許事務所の内情を知ることができる

②めんどくさい転職の作業はエージェントに任せられる

③エージェントが年収交渉や勤務条件を交渉してくれる

④隠れ優良案件を紹介してもらえる

⑤内定をもらえるとお祝い金がもらえる(リーガルジョブボード)

⑥サポートは無料

もし不安なら登録をおすすめします。

おすすめの転職エージェントをこちらで厳選して3つ紹介しています。

弁理士・知財に強い転職エージェントを厳選して紹介

続きを見る

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-弁理士, 転職

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.