弁理士試験・特許事務所の転職を含む知財の転職の弁理士情報メディア

とある士業の知的な日常

特許事務所 知財の転職

特許事務所の転職に失敗・後悔しないための特許事務所の選び方|未経験者向け

更新日:

「特許事務所に転職したい。特許事務所って未経験なんだけどどんなところだろう。業界未経験の30歳だけど入れるのかなあ。あとは特許事務所ってきついのかどうかそれも知りたい。」

 こうした疑問に答えます。

 筆者は、弁理士であり、これまでに特許事務所と法律事務所へ転職を3回繰り返してきました。

 この経験と筆者の知人の体験談をふまえて解説していきます。

 本内容は主に3つです。

1.特許事務所ってどんなところ?

2.特許事務所の転職の年齢制限について

3.失敗・後悔しないための特許事務所の選び方

 

 本内容を読めば、未経験者が過ちを犯しがちな失敗・後悔を避けることができます。

 なお、本ブログから、転職エージェント「リーガルジョブボード」を通じて、3名の方が転職に成功しています。

①45歳女性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

②28歳男性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

③49歳男性。実務経験者の方が大手特許事務所へ転職。

 いずれの方も、転職エージェントの方が言うには、安心して実務を学びたいという気持ちで転職されたそうであり、希望が叶い、入職後も不満はないそうです。

 

1.特許事務所ってどんなところ!?

「専門性がつくスキルを身につけたい」「大学で学んできた理系の知識を活かしたい」「仕事を通じて弁理士という仕事を知り、弁理士の活躍できる場で働きたい」

 こうした気持ちで特許事務所の転職に興味をもっていないでしょうか。

 筆者も20代後半に仕事を通じて弁理士という仕事を知り、文章を書くのが好きだったことと専門的なスキルをみにつけたかったので特許事務所に興味をもちました。

 特許事務所では、弁理士・無資格の特許技術者が、特許・商標などの知的財産の権利化をサポートする仕事につきます。

 未経験者の場合、たいていは、あなたの専門分野にあわせた発明の明細書を書いたり、中間処理(拒絶理由の対応)を担当したり、外国の明細書の翻訳チェックからはじまります。

 いずれにおいてもほぼデスクワークであり、シーンとした空間で文章を書いたり、チェックしたりします。

 筆者は内向的な人間であり、誰ともしゃべらずに黙々と仕事をすることに合っていましたが、仕事仲間とわいわい楽しく過ごしたいという方には向いていないかもしれません。

 弁理士の仕事内容についてはくわしくはこちらが参考になります。

 ただし、2~3年で一通りの知識は身につき、知財という専門的なスキルを身につけられます。

 特許事務所では必ずしも弁理士という資格は必須ではありません。

 特許技術者という立場で弁理士の補助を担当します。

 ただし、特許事務所への転職は、資格をとればより有利に転職をすすめることもできますし、資格をとってから転職をするのがよいでしょう。

 資格勉強のやり方はこちらの記事をついでに見てください。

 まとめると、特許事務所は、文章を書くことが多い仕事であり、出勤・出張・会議はほぼなく、内向的な性格であれば向いているようなところです。

2.特許事務所の年齢・職歴制限について

「30代で未経験だけど転職ってできるのかな。」「職歴なしの20代だけど大丈夫かな」

 こうした不安をかかえていませんか。筆者は、院卒でほぼ職歴なしの20代後半で特許事務所へ転職しました。

 結論から言うと、企業に比べると、特許事務所の年齢・職歴制限は相当低いです。

 筆者は、当初特許事務所以外にも民間企業の就職も考えましたが、中途採用・職歴ほぼなしということでどこもだめでした。

 そして、特許事務所なんて専門的なところだからもっとだめだろうと思ったところ、思った以上にすんなりと転職できました。(といっても10所以上受けてほぼダメでしたが・・・)

 特許事務所の場合、面接は多くて2回であり、1回の面接で終わるところもあり、あっさりと内定をもらえます。(筆者も最初は1回だけでした)

 先日30代前半であり、元営業職の特許事務所への面接を受けてきた方と話すことがあったのですが、その方もあっさりと内定がもらえたりして拍子抜けだったという話をしていました。

 絶対的な根拠はないですが、筆者の体験や知人・相談者の体験談から、20代~30代前半であれば、職歴が不十分でもどこかは決まります。

 このくらいの年齢で、企業の開発経験ありや弁理士の資格ありであれば転職に困らないでしょう。

 このため、あなたが思っている以上に特許事務所への転職の敷居は低いと思ってください。

 ただし、特許事務所は入った後が大変です。

 特許事務所に転職はできたけどついていけず、この業界を去っていく人がいるからです。 

 筆者の知人の知人の話では、特許事務所のノルマについていけず、休職することになり、この業界を去りました。

 幸い、その知人は知財部へ転職できたのですが、特許事務所に転職してすぐに辞めてしまうと年収が大きくダウンしたり、最悪転職すらできない事態に陥ります。

 そのため、特許事務所の選び方がとても重要です。

3.失敗・後悔しない特許事務所の選び方

 あなたが特許事務所に転職して失敗・後悔しないために以下の2つを知っておきましょう。

 1.希望条件は「1.良質な指導あり」「2.初年度の年収はできるだけ高く」とする

 2.受けようとする特許事務所は事前サーチする

 順番に解説します。

3.1.希望条件は「1.良質な指導」「2.初年度の年収」の順番

 特許事務所の転職において絶対に落としてはいけない希望条件は「良質な指導」「初年度の年収」です。

 まず指導について。これは絶対外せません。

 特許事務所では知財のプロを目指します。

 とても専門性の高い仕事をしないといけません。

 これは独学では無理で上司から良質な指導を受けないと無理です。

 特に特許明細書が書けるようになるには上司から丁寧な指導がないと無理です。

 特許事務所には京大・東大出身の方がたくさんいますが、特許明細書が書けない方をたくさん見てきました。

 自頭はいいと思いますが書けないのはきちんと指導を受けなかったからです。

 良質な指導を受けないとスキルが上がらないので、スキルアップ➤売り上げアップ➤年収アップという流れをふめません。

 一向に年収が上がりませんし、ついていけず辞めるはめになります。

 

 次に、初年度の年収も重要です。

 最初は戦力になれないとか教えてもらうから年収を高くもらうことに罪悪感を感じる方もいるかもしれません。

 しかしそういう気持ちは全く不要です。

 初年度の年収を高く設定しておかないと、なかなか年収を上げることができません。

 また、最悪やめることになったら、次の転職先で年収はキープできるので有利になります。

3.2.特許事務所への転職にあたり事前サーチ

 特許事務所への転職にあたり、しっかりと事前サーチをするべきです。

 特に、評価システム・残業の程度・所長の人柄・事務所の将来性・所内の環境といった点を注意深く事前サーチをするべきです。

 そうしないとミスマッチが生じやすく、辞めやすくなります。

 事前サーチはどのようにすべきかというと、以下のものが考えられます。

1.ネットの口コミ

2.J-platpatから調べる

3.転職エージェントに相談

 順番に解説します。

3.2.1.ネットの口コミ

 ネットの口コミから特許事務所の内部情報を知ることができます。

 特に大手の場合は知ることができるでしょう。

 ここで2chなどの匿名サイトの情報よりもクローズドの転職会議などの転職メディアを利用することをおすすめします。

 理由は、転職メディアは、一応本人の身元を登録しているので無責任な発言はできず、信憑性が高いと考えられるためです。

3.2.2.J-platpatから調べる

 J-platpatは特許文献を調べるサイトですが、どの特許文献をどの「代理人(=特許事務所)」が書いたかがわかります。

 これで何がわかるのかというと、「クライアント」はどこか、あなたの技術とクライアントは相性がいいかなどがわかります。

 また、小さい特許事務所でもクライアントの数が多ければ、クライアントからの信頼も高いということがわかり、そこで学べることが多いということもわかります。

 やり方は、J-platpatにアクセスし、「特許・実用新案」、「特許・実用新案検索」、検索項目で代理人を選択し、サーチしたい特許事務所名を入力します。

 たいていの場合は検索結果が指定範囲を超えてしまうので、「検索オプション」を開き、日付指定で「公開日」を選択し、サーチしたい期間を設定すればOKです。

3.2.3.転職エージェントに相談

 最後に特許事務所の内部情報に詳しい転職エージェントに相談する方法があります。

 特許事務所の場合、経験者に強いエージェント、知財部に強いエージェントなどさまざまですが、特許事務所(特に中小規模の特許事務所)に強いエージェントとしてリーガルジョブボードがあります。

 筆者もお世話になったり、直にあって対談させていただいたこともありましたが、担当の三島さんは会社の利益よりも求職者を優先する熱い方であり、信頼できるでしょう。

 実際に、本ブログから、特許事務所への転職に成功し、入職後も待遇に満足しているそうです。

①45歳女性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

②28歳男性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

 もしあなたが本気で転職の失敗・後悔を避けたいのであれば、「リーガルジョブボード」へ登録(無料)してエージェントにあなたの条件にあった特許事務所を紹介してもらうか、特許事務所の内部情報を聞きだしましょう。

 もし不安であれば私にご相談いただいてもOKです。

 お気軽にご相談ください。(これまでにも転職相談を受け付けています。)

-特許事務所, 知財の転職

Copyright© とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.