特許

特許事務所への転職のやり方|失敗しない適切な方法

更新日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

特許事務所へのジョブチェンジに興味あるけどブラック特許事務所に入って失敗したくないな。成長できる特許事務所に入ってしっかりスキルを身につけて知財のスペシャリストになりたいな。

こうした悩みを解決します。

ちなみに僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

今回の記事を読めば、失敗することなく特許事務所で上手く転職するやり方がわかります。

目次です

スポンサーリンク

 大手企業と特許事務所の転職活動の違い

どや弁
大手企業の転職活動と特許事務所の転職活動に違いがあるのでおさえたほうがいいですよ。

主な違いは以下のとおりです。

・大手企業は内定を勝ち取るのが難しいのに対して、特許事務所は内定を勝ち取ることは難しくない。

・特許事務所は定着が難しい。このため入念な特許事務所の情報サーチが重要

・特許事務所は大手でも規模は中小企業クラスのため、ネットから情報が入手しにくい

・特許事務所は年収交渉しやすい

ブラック特許事務所に行くと人生詰みそうだよな。

どや弁
自分で求人サイトを見つけて面接の雰囲気がいいからとか内定が一発で決まったからと言って浮かれて入所するとブラックだったってことはよくありますよ。エージェントのいうことをほいほいうのみにして入ったらやはりブラックだったというケースもあります。こうして消耗しすぎてこの業界を去った方は残念ですがたくさんいらっしゃいますよ。やまさんもほいほいうのみにしてブラックに二度も行ったいわばブラックの渡り鳥のような方なので反面教師的に聞いてみるのもいいかもしれません。

やまは苦労したんだな。

士業男子やま
うう・・・

特許事務所では大手企業とは異なる戦略で転職活動に臨むべきです。

面接対策とかよりも事務所対策です。

重要なのは、特許事務所に選ばれるという発想でなく、特許事務所を選ぶんだという上から目線です。

特許事務所への転職活動から内定までの流れ

「特許事務所への転職活動から内定までの流れ」を上図を用いて説明します。

「1.事前サーチ」

「2.履歴書(職務経歴書も含む)の作成」

「3.面接・筆記試験を受ける」

 

どや弁
特許事務所の転職活動で最も重要なポイントは特許事務所の事前サーチです。ここでこれから特許人生が大きく変わると言ってもいいくらいです。

特許事務所の転職活動期間はどのくらい見積もったらいいの?

 

どや弁
1ヵ月あれば十分かなと思います。ただし、年齢が高くて未経験の方はもう少し期間を見積もったほうがよいです。

 特許事務所へのジョブチェンジのデメリットとしては以下の点が挙げられます。

・年収がガクっと減る

・入所してからミスマッチングすることが多い

 このデメリットをなくすために事前サーチは重要です。

 以下に詳しくお話しします。

(1)事前サーチ

パテントサロンに事務所の求人があるし自分で応募してみるか

どや弁
それでもOKですが、事務所選びに失敗すると心身消耗して最悪人生詰みますよ。予め事務所情報をサーチしましょう。

 事務所情報をサーチする方法として以下の方法があります。

 ・特許事務所に勤めている知人に相談する。

 ・転職エージェントに相談する。

・私(士業男子やま)に相談する。

一番良いのは、知人と転職エージェントに相談することです。+αで僕に相談してもいいかなと思います。

やまは頼りになるのかよ

士業男子やま
僕はブラックを知り尽くした渡り鳥ですから。反面教師的に使ってやってくださいw

ちなみに転職相談ネットや匿名掲示板からも情報があふれていますが、前者は情報量が少なすぎであり、後者はノイズと怨念の吹き溜めなのでどちらもあまり参考になりません。

名前は伏せますが、とある大手はブラック特許事務所と言われていますが実際に働いている同僚に聞くと丁寧に指導してくれたり、青天井で稼げたり、在宅OKと結構よさげな事務所であったりします。

一方でとある大手はホワイト特許事務所と岩手居ますが実際に働いている同僚に聞くと働いても働いても年功序列制で稼げず、高齢の事務員が偉そうな態度をして高給どりというひどい事務所であったりします。

実際に、話を聞くなら生の情報を知っている方から直接聞くのがベストです。

 

 一番よいのは特許事務所に勤めている知人に相談することです。

 親しい知人だとリアルタイムの生の情報を知ることができ、最も確実です。

 もし僕が転職してその事務所の情報をサーチするなら、その事務所に勤めている知人に頼んで同僚何人かと飲みに行きます。

 飲みだと見知らぬ人でも本音トークができますのでより正確な情報を知ることができます。

 実際に、僕はとある特許事務所の人と飲みに行ったところ、最初は当たり障りのない感じでしたが本音が出てきて事務所の生の情報、裏話が飛び出ましたw

 その同僚にしてもその人が入ろうが入るまいが利害関係はほとんどないのでポジショントークなしで本音が聞けると思います。

 特許事務所に知り合いも何人かいますし、「●●特許事務所ってどう?」と聞かれたらそこに勤めている事務所の同僚を紹介します。(もし知り合いだったらですが)

 

 あるいは転職エージェントに相談するのもよいです。

 ここで転職エージェントはたくさんありますが、特許事務所に特化したものを選びましょう。

大手転職サイトは正直使っても意味がないばかりかかえってサポートが不十分で内定をもらえず失敗することもあります。

 ここでエージェントによっては年齢・職歴で制限をつけて丁寧にサポートしてくれないところもあるので注意が必要です。

 無料でサポートしてもらえますが、その点はシビアなところが多いので注意しましょう。

 大体エージェントが対応してくれるような年齢・職歴はこんな感じです。

 弁理士:経験者~50代半ばくらいまで、未経験者~40くらいまで

 特許技術者:経験者~40代半ばくらいまで、未経験者~30半ばくらいまで

 知財部経験あり:経験者~40くらいまで

 もし、上記の年齢・職歴にあてはまらない場合には知人に相談するか私に相談してもらってもOKです。

 転職エージェントを利用する際は、以下のポイントをおさえた方がよいです。

 ・特許事務所の内情に詳しいこと

 ・年収交渉あり

 ・面接サポートあり

 ・優良案件の紹介

特許事務所に特化した代表的なエージェントとしてはPatent Job Agent、MS-Japan、そしてリーガルジョブボードです。

>>Patent Job Agent こちらのサイトから登録できます

>>MS-Japan         こちらのサイトから登録できます

>>リーガルジョブボード       こちらのサイトから登録できます

 以下の3つのエージェントの評価としては以下のようになります。

特許事務所の情報 年収交渉 面接サポート 優良案件紹介 対応の速さ 中小特許事務所の質
Patent Job Agent
MS-Japan
リーガルジョブボード ◎面接同伴あり

 総合的に見ていくと、リーガルジョブボードの評価が高いことがわかると思います。

 実際に僕がお世話になったのはPatent Job Agent(アスタミューゼ)とリーガルジョブボードの2つであり、MS-Japanは利用していないので口コミなどをもとに評価しました。

 リーガルジョブボードとPatent Job Agentを比較するとリーガルジョブボードの方が対応の速さは早いです。

 Patent Job Agent(アスタミューゼ)を介して内定をもらったことがありますが、内定通知までの連絡が遅く、ダメだったのかなあと不安でした。

 これはおそらくアライアンス上の問題で対応がおそいのかなと思っています。あくまで推測ですが。

 また、これはリーガルジョブボードのエージェントから聞いた話ですが、紹介する中小特許事務所の質はよいそうです。

 リーガルジョブボードでは大手よりも優良の中小特許事務所を紹介する傾向にあります。

 中小特許事務所というとブラックの傾向が強そうですが、エージェント曰くしっかりと綿密に取材を行っており、働き方が融通で会ったり、所長の人柄のよいところ事務所を求職者に紹介しているそうです。

 また、リーガルジョブボードではエージェントが知財研修をしたり、特許事務所の取材をしているので事情などを理解してもらいやすいのもお勧めする点です。

 ただ、もし転職エージェントを利用するのであれば、これら3つを登録するか、あるいは面倒ならリーガルジョブボードのみを選択していくのがよいと思います。

 これら3つは無料で3分程度で簡単に登録できます。

>>Patent Job Agent こちらのサイトから登録できます

>>MS-Japan         こちらのサイトから登録できます

>>リーガルジョブボード       こちらのサイトから登録できます

 転職エージェントを利用する場合(希望条件のポイント)

 転職エージェントを利用する場合、エージェントに伝える希望条件で最低おさえておきたいポイントは以下のとおりです。

・前職の年収をキープ

・良質な指導をしてくれる事務所

未経験者の場合には年収は前職よりも低く抑えられがちです。

しかし、勉強のためといって不当に年収を低くされることを許容すべきではありません。

なぜなら、ステップアップして別の特許事務所へ転職する時に、前職(特許事務所へ入所する前)の年収ではなく、未経験で入所したときの年収が考慮されるためです。

この場合、ステップアップしても2か所目の特許事務所で安い年収でスタートということになり、思うように年収アップが見込めません。

そこで、最低でも希望条件を前職の年収を維持できるレベルまで高めてくれるようにしましょう。
年収の優先順位は高めにしておくのが重要です。

また転職エージェント、特にリーガルジョブボードを利用すると粘り強く特許事務所と年収交渉をしてくれるので心強いです。

もう一つ重要なところは、「良質な指導」です。
特許事務所でステップアップをはかるには、特許明細書が書けるようになることがマストです。

しかし、特許明細書を一人前に書けるようになるためには、独学で無理です。

独学でやると間違った方向で努力をしてしまい、時間と労力を無駄に消耗してしまいます。

ここでは、クライアントから信頼されたベテランの熟練者に素直に学んで丁寧に身に着けていくことが重要です。

ただし、全ての特許事務所が丁寧に明細書の書き方を指導してくれるわけではありません。

そこで、転職エージェントにはきっぱりと自分の専門分野についての明細書の指導をしてくれる事務所を希望条件として伝えましょう。

特許明細書が書けるようになれば、年収アップだけでなく、裁量権も手に入れることができ、自由な働き方を実現できます。

さらに、+αとして以下の条件も希望条件として伝えておくのがベストです。

・パワハラがない事務所

・激務でない事務所

・雰囲気がよい事務所 

(2)履歴書の作成

転職エージェントと簡単なヒアリングで希望条件などを伝えた後は、エージェントに「履歴書(と職務経歴書)」を送ります。

もし、知財経験があれば、職務経歴書にその旨を詳細に記載します。

ここで、履歴書と職務経歴書の作成は、転職活動において煩わしいものです。

「履歴書を書くのは面倒くさいなあ。。」と思うかもしれません。

働きながら転職活動をしているのであればなおさら煩わしいものと思います。

ただし、企業に送る履歴書と異なり、特許事務所の履歴書は、縛りが緩いです。

例えば、履歴書、職務経歴書は電子データのものをメールに添付して送ればよいです。

履歴書、職務経歴書は、ネットでフリーでダウンロード可能なものを利用すればよいです。

このため、ほとんどの特許事務所は、手書きで履歴書を作成する必要はありません。

職務経歴書については箇条書きでポイントのみ抽出でも構いません。

また、エージェントを利用する場合には、そのたたき台のようなものをエージェントが添削して修正し、形を整えてくれます。

要点のみを抽出してたたき台としてエージェントに送れば負担はそれほどありません。

(3)面接・筆記試験

転職エージェントから希望条件に合致した特許事務所の面接の案内を受けます。

特許事務所では面接の回数は少ないです。1~2回程度です。

面接1回でその場で内定が出ることも多いです。

但し、面接と同時に筆記試験もあり、筆記試験のできが悪いと落ちる可能性があります。

筆記試験については、その特許事務所で働いている所員に知り合いがいれば、その情報を聞いたり、あるいは上述のように転職エージェントに情報を教えてもらったりするのがよいと思います。

面接では、経験者の場合は、これまでの経験を最大限に面接官に伝えるのが良いです。

「未経験なのでアピールポイントがわからない。。。」と思う方もいるかもしれません。

しかし、気にしなくていいです。とにかく「やる気」をアピールするのがポイントです。

この点、上手く自分の経験を伝えることができない人も多いと思いますが、「リーガルジョブボード」を利用すれば面接にエージェントが同席してくれるため、エージェントに代弁してもらうのも手かと思います。

特許事務所は、ハードワークな傾向にあり、定着率が低い傾向にあります。

特許事務所側ではハードワークであってもやる気があって定着してくれる人を希望することが多いです。

このため、積極的にやる気を伝えれば、特許事務所に存分のアピールをすることができます。

面接では「選ばれるのではなく」、「選ぶ」という意識が重要

面接では自分が選ばれるというより、自分が特許事務所を選ぶという意識がとても重要です。

特許事務所は比較的入り易く、転職できないというケースは少ないです。

入所時のミスマッチングを回避して、むしろこちらから選んでやるんだという意気込みでやりましょう。

また、転職エージェントのすすめに流されないようにしましょう。

最後に決めるのは自分です。

内定をもらって入所してからが勝負

 特許事務所の転職では、企業の転職と異なり、比較的すぐ内定がもらえます。

 しかし、ここからが勝負です。

 成功するかしないかは入所してスキルアップできるかどうです。

 スキルが磨ければサラリーマンよりも多くの収入を得ることができます。

 ただし、スキルアップできるどうかは、やはり入所した特許事務所とのマッチングが重要ですので、転職活動でしっかりと自分にあった特許事務所を見つけることが重要と思います。

 最後に|知財スペシャリストを目指してみませんか。

 このブログを見て、特許事務所の転職やってみようかなあと1ミリでも思ったら動きましょう。

 動かないと何も始まりません。

 仕事が忙しいのは分かります。仕事が落ち着いたら動くかという気持ちも分かります。

 しかし、落ち着くときというのは永遠に来ないのです。動くなら今やってみようと思ったそのときしかないです。

 ただ忙しいと思いますので軽くフットワークすることをおすすめします。

 それは知人か転職エージェントに相談です。

 転職エージェントの相談の場合には、1分程度で無料登録できます。

 この簡単な登録でその後の人生が変わっちゃうかもしれません。

 1分の行動が人生を大きく動かします。まずは行動しましょう。

>>リーガルジョブボード       こちらのサイトから登録できます⇒おすすめ

>>Patent Job Agent こちらのサイトから登録できます

>>MS-Japan         こちらのサイトから登録できます

まとめ

「1・事前サーチ」

「2.履歴書(職務経歴書も含む)の作成」

履歴書・職務経歴書はたたき台程度の質で十分

「3.面接・筆記試験を受ける」

選ばれるのではなく、選ぶという意識が重要

以上

>>おすすめの記事

リーガルジョブボードの口コミに関する記事はコチラ

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.