ブログ

月間10万PV達成したのでPV数を上げるために重要と思うことをまとめてみました

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

 本日(5/30)月間10万PVを達成しました!これも皆さまのおかげです。ありがとうございます。

f:id:mayaaaaasama:20190530202207p:plain

 月間10万PVを達成することは、まだまだ通過点かと思いますが、1段階ステップアップしたように思います。そこで、今回は、月間10万PVという1つの区切りを達成したこともあり、僭越ではありますが「PV数を上げるために重要と思うこと」をまとめました。

目次です

 

スポンサーリンク

PV数を上げるために重要と思うこと

f:id:mayaaaaasama:20190530233041j:plain

 それでは、「PV数を上げるために重要と思うこと」についてお話ししたいと思います。それは以下の4点です。

(1)文字数3000文字以上でためになると思う記事を毎日投稿する

(2)トレンドの記事も書く

(3)ネガティブな記事でなく、ポジティブな記事を書く

 以下、順番に説明していきます。

(1)毎日3000文字以上のためになると思う記事を投稿する

f:id:mayaaaaasama:20190527123436j:plain

 まず初めに重要と思うことは、「毎日3000文字以上のためになると思う記事を投稿すること」です。「毎日投稿」「文字数3000文字以上」「(読者にとって)ためになる」の3つの条件を満たすことが重要と思います。言い換えると、3つのうち、1つでも満たさない場合は、アクセス数を稼ぐことが難しいように思います。

 「文字数3000文字以上」であれば、SEOに有利になります。また、記事の内容が充実したものとなるためには、文字数が3000文字以上はないと難しいかもしれません。

 「(読者にとって)ためになると思う」記事を書くというのも重要と思います。自己満足な記事を毎日量産していてもアクセス数は一向に伸びないと思います。かくいう僕も去年の8月から12月くらいまでは特定のカテゴリーに絞った日記のような記事を量産していました。1日200~300PVくらいが上限でそれ以上一向に伸びませんでした。その一方で、今年1月から「(読者にとって)ためになると思う」記事を書き続けた結果、アクセス数がどんどん伸び始めました。読者にとってためになるかどうかは読者にしかわからないので、読者にとってためになるだろうと『思う』記事を書けばいいと思います。

 そして、特に重要なのが、「毎日投稿」し続けることです。これは単純に見えて一番難しいです。ネタ探しから始まり、文章の構成を練り、そして3000文字以上の記事を書き、更に誤字チェックして投稿という作業を毎日続けるのです。おそらくこの作業は、2~5時間ほどかかるように思います。しかし、この「毎日投稿」し続けることがアクセス数増大の最も重要な要因であると思います。その理由としては、ほとんどのブロガーは毎日投稿しておらず、毎日投稿するだけでアドバンテージがあるためであると思います。

 僕は他のブロガーさんのブログも巡回していますが、投稿が途絶えたりする方が多い印象を受けます。そして、毎日投稿しているようなブロガーさんはむしろ少ないように思います。ブログのアクセス数が平均50PV以上あると、ブロガー全体の上位20%以内という記事を見かけたことがありますが、あれは単純にブログを継続している人が少なすぎることに要因があると思います。言い換えると、何日も更新し続けることはそれだけでアドバンテージとなりえます。ここでいうアドバンテージの例としては、例えば、固定読者を獲得しやすい点が挙げられます。例えば、似たようなカテゴリーの記事を書いているブロガーが2人いたとして、一方が毎日更新し、他方が不定期に更新している場合、そのカテゴリーに興味のある方はいずれのブログの読者になるかと思うと前者の方と思います。というのは、不定期に更新していれば、読者にとって、もはや投稿しないのではという不安を与えるためであり、一方で、毎日更新していると、読者に安心感を与えるためです。

毎日3000文字以上のためになると思う記事を簡単に書くコツ

f:id:mayaaaaasama:20190503114508j:plain

 ここで、毎日3000文字以上のためになると思う記事を簡単に書くコツについてもお話ししておきます。記事を書くにあたり、特にネタ探しに悩む方も多いと思います。これに対するコツは以下の通りです。

(ネタ探し)

 自己啓発系の記事とする。

 なぜ、自己啓発系の記事とするのがよいかその理由は以下の通りです。

(1)書き易いため

(2)読まれやすいため

(1)については、特別な知識が不要であること、これまでの自分が工夫したことを書けばよいこと、インフルエンサーの動画、ツィッターや書店に積んでいる本などを参考にできることなどから書き易いという点が理由に挙げられます。

(2)については、自己啓発系の記事は、特別な知識も必要がない分万人受けされる記事であるため、読まれやすいです。例えば、「スランプを脱出する方法」という記事なら、誰もがスランプがあり、脱出できるのであれば脱出したいと思う人が大半なので、とりあえず記事を読んでみるかというようになります。

 (2)トレンドの記事も書く

f:id:mayaaaaasama:20190521192236j:plain

 トレンドに絡めた記事も書くことが重要と思います。僕は先月までトレンドはあまり意識していませんでしたが、今月からトレンドも意識して記事を書き始めました。トレンドとしては、「ゆたぼん」「終身雇用」「eスポーツ」「イケハヤマナブ氏の情報教材炎上」です。

 当初は、トレンドの記事を書くことに抵抗がありましたが、記事のネタにつまってきたので藁をもすがる思いで書いてみることにしました。すると、Google検索のトップページに表示されたり、Googlechlomeのおすすめの記事として紹介されたりとPV数を上げる上で有意義でした。

 特に「ゆたぼん」の記事は、投稿すると、これまでのアクセス数よりも2倍以上増加しました。該当記事はこちらです。

www.mayaaaaasama.com

  終身雇用については、当初アクセス数は伸びませんでしたが、じわじわと検索で上位に挙がってきており、少な目ではありますが、一定量のアクセス数を毎日獲得しています。該当記事はこちらです。

www.mayaaaaasama.com

  「イケハヤマナブ氏の情報教材炎上」についても本日GoogleCholomeでおすすめの記事に紹介されアクセス数を稼ぐことができています。該当記事はこちらです。

www.mayaaaaasama.com

 (3)ネガティブな記事でなく、ポジティブな記事を書く

f:id:mayaaaaasama:20190405213829j:plain

 そして、「ネガティブな記事でなく、ポジティブな記事を書くこと」が重要に思います。なぜならネガティブな記事(例えば、批判的な記事など)は読み手にとって生産性がないように思うからです。一方で、ポジティブな記事を書いた方が生産性があるように思えます。例えば、上述の通り、終身雇用について記事を書きましたが、ここで例えば、終身雇用終了で会社でしか通用しないスキルしかない45歳以上の人オワコンなどというネガティブな記事を書いたとしても、それは読み手にとってあまり生産的でないように思います。かくいう僕も過去記事でネガティブな記事を書いたこがありましたが、今ではポジティブな記事を書くようにシフトしています。

 そして、トレンドの記事において、「ゆたぼん」「終身雇用」などネガティブな記事にしやすいものをポジティブな記事としたことも、アクセス数が向上した要因の1つのように思います。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-ブログ

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.