弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人と仲良くならない方がいい|その理由

僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

今回は、「「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な性格の人と仲良くならない方がいい」というお話をしたいと思います。

目次です

仲良くならない方がいい人はどんな性格!?

f:id:mayaaaaasama:20190520195758j:plain

 人は生きていく上で付き合いが重要です。しかし、世の中にはいろんな性格の人がいます。そして、その中には、仲良くならない方がいい人もいます。仲良くならない方がいい人と言うとどういう性格の人を言うでしょうか。おそらく、「性格が悪い人」、「乱暴な人・暴力的な人」、「短気な人」などが挙げられると思います。しかし、こういう人は、そういう問題的な性格が「ある」というだけで、それ以外の部分で一緒にいると楽しかったり、ずる賢かったりしてなるほどなあと自分も成長できたりすることもあります。すなわち、こういう人はそういう性格を欠点としてもっているというわけで、他の部分でカバーできることが多く、必ずしも仲良くならない方がいいとは言えません。

 その一方で、こういう人と仲良くならない方がいいという人はいます。こういう人は、欠点という「点」ではなく「それがすべて」であると思います。このため、他の部分でカバーができないことが多いです。それはどういう性格の人か。

 それは「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人です。たいがいどれか1つ当てはまる人は、それ以外の2つも備わっていることが多いです。それは、後述しますが、これらの「臆病」「批判的」「見栄っ張り」は、共通の特徴を備えているからです。以下、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」について語弊がないように補足説明します。

臆病な人|チャレンジせず、行動力がない人

f:id:mayaaaaasama:20190520200017j:plain

 臆病な人とは、「失敗」を恐れてチャレンジせず、行動力がない人です。例えば、今ある問題を解決しようとせず、問題を後回しにして今のぬるま湯に浸かっているような人です。具体的には、今ある職場に不満をもっており、周りの同僚に「俺はもうすぐやめる」と聞いてもいないのにやめるアピールして結局辞めない人などが挙げられます。

批判的な人|他者を批判することで、どや顔で優越感に浸る人

f:id:mayaaaaasama:20190520200143j:plain

 批判的な人とは、他者の行動、言動を批判してばかりいる人です。身内だけでなく、親しい関係の人やSNSでも批判する人です。例えば、クライアントに対し、専門的なことが何もわかっていないなどといつも批判したりする人、ツィッターの発言のほとんどは批判的なことばかりな人、映画の感想もこの映画はこの点でダメだと批判的なことばかりな人が当てはまります。こういう人は、批判することにより他者を下に貶めて、自分が上に立ちドヤ顔で優越感に浸ることが多いです。

見栄っ張りな人|自分を飾り立てる人

f:id:mayaaaaasama:20190520200356j:plain

 見栄っ張りな人とは、自分を飾り立てる人です。飾り立てるとは、例えば、派手な装飾品をつけること。例えば、高い腕時計をこれ見よがしに見せつけたり、インスタに投稿したりする人が挙げられます。あるいは、自分には、優秀な知人がいることをアピールしたりする人も挙げられます。例えば、聞いてもいないのにさりげなく知り合いに年収3000万の経営者がいるといったことをアピールしたりする人です。

「臆病」「批判的」「見栄っ張り」|これらに共通する特徴は?

f:id:mayaaaaasama:20190515193805j:plain

 前述したとおり、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」は、共通の特徴を備える傾向があります。それは、何でしょうか!?

 それは「自分に自信がないけれど、プライドが高い」ということです。「自信がないこと」と「プライドが高い」ことの両方の矛盾した特徴を備えているのです。

 「臆病」な人は自分に自信がありません。これは「臆病」という性質上、当然のように思われます。一方、臆病な人は、失敗をおそれます。なぜ失敗をおそれるのか。それはプライドが高いからです。プライドがなければ失敗など恐れません。プライドが高いからこそ失敗を恐れて行動しないのです。

 「批判的な人」もまた自分に自信がありません。youtubeの動画、ブログ、映画などで批判ばかりしている人は、自分自信は発信していないことが多いです。なぜ発信しないのか。自分には無理だと思うからです。そして、自分ができないことをやっている人に対して、自分の方が上手くできると変なプライドをもつためそういう人を批判してしまいます。

 「見栄っ張りな人」も自分に自信がないから飾り立てようとします。そして、飾り立てることで自分のプライドを保とうとします。

 このように、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人は、「自身がないこと」と「プライドが高い」ことの両方の矛盾した特徴を備える傾向が高いです。

 ちなみにプライドが高いと人生損をします。これについては過去記事で紹介していますのでもしよければご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

 

「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人と仲良くならない方がいい理由

f:id:mayaaaaasama:20190512152349j:plain

 では、なぜ「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人と仲良くならない方がいいのでしょうか。

 この理由に先立ち、少し上述のおさらいをします。上述の通り、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な人は、「自信がないこと」と「プライドが高い」ことの両方の矛盾した特徴を備えがちです。では、このような自信がないけれどプライドが高い人と仲良くなれるでしょうか?長期的に親しい関係を続けることはできるでしょうか。あるいはこのような人とうまく付き合えるでしょうか?

 おそらくそれは難しいと思います。そして、これらは「欠点」という「点」ではありません。その人がもつ性格全てです。このため、「乱暴な性格」などといった欠点だからこれは目を瞑り、他の部分を見ていこうというわけにはいきません。

 このように、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な性格の人と仲良くならない理由は、「欠点と言えないから」「長期的に親しい関係を続けることは難しいから」です。ああこの人と仲良くすると自分がだめになると思い、疎遠になります。例えば、職場に不満がある知人がいるとして、その知人のためにいい転職先を紹介してもなかなか動こうとしなければ、ああこの人と一緒にいてはだめだなと疎遠になります。問題を先送りするような人と一緒にいても生産性がないどころか、こちらが損をするはめになります。また、批判ばかりの人と一緒にいて楽しいでしょうか。最初は仲良くなっても、長期的にめんどくさくなり、関係は崩れていきます。

 このように、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な性格の人と仲良くならない理由は、「欠点と言えないから」「長期的に親しい関係を続けることは難しいから」です。 

仲良くなれないが、利用しやすい

f:id:mayaaaaasama:20190520205924j:plain

 以上の通り、「臆病」「批判的」「見栄っ張り」な性格の人と仲良くならない方がいいと思います。しかし、これは「対等」の立場での話です。

 最後に補足しておくと、こういう人は「利用しやすい」人と思います。なぜそういえるかというと、こういう性格の人のほとんどが社畜になりやすいからと思うためです。実際、僕は特許事務所に数か所勤めていましたが、こういう性格の人は社畜が多いです。このように考える理由は以下の通りです。

臆病|職場に不満があっても転職という行動にうつせないこと(会社の思うがまま)

批判的|自身がない人は仕事ができることでプライドを保つ。そして、仕事ができない人に対して批判的になる

見栄っ張り|ほかのものに自信がないから仕事ができることでプライドを保つ。上司などに褒められることで虚栄心をもつ

 おそらく、こういう人はマインドをコントロールされやすいため「利用しやすい」部類に入ると思います。もちろん、人をコントロールして利用することはとんでもない話ですが、社会とはえぐいもので利用している人もいることは身の回りを見ると事実かと思います。

 こういう性格の人は性格を変えようと努力した方がいいと思います。人生成功しないどころか、損をします。10~20代の若い方であればまだ性格は変えられると思います。

以上