とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisanアットマークgmail.comまでお願いします。

特許事務所への転職には転職エージェントの利用がおすすめです。おすすめの転職エージェントを紹介。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

 今回は、「特許事務所への転職のための転職エージェントの利用」についてお話ししたいと思います。

 以前に、僕は、技術者、エンジニアの方向けに「特許技術者」として「特許事務所」に働くことがおすすめであることの記事を作成しました。

 過去記事はこちらです。

www.mayaaaaasama.com

 今回は、実際に特許事務所への転職にあたって転職エージェントを利用することのお話をしていきます。

目次です

転職活動から内定までの流れ

f:id:mayaaaaasama:20190503110904p:plain

 まず、簡単に転職活動を始めて内定に至るまでの流れを上図を用いて説明します。上図の通り、まず、特許業界に精通した転職サイトに登録して、「転職エージェント」に相談します。そして、この相談で、自分が希望する「特許事務所の条件」「転職エージェント」に説明します。そして、この条件を満たす特許事務所を「転職エージェント」が紹介するので、その紹介を介して、特許事務所に応募し、面接します。そして、面接の結果により「内定」をもらいます。

 上図の通り、特許事務所への転職は一般企業への転職と変わりがないと思います。ただ注意すべき点が1つあります。それは「転職サイトに登録して転職エージェントを利用した方がよいこと」です。

特許事務所への転職には転職エージェントを利用した方がよい理由

f:id:mayaaaaasama:20190503111952j:plain

 特許事務所への転職には転職エージェントを利用した方がいいです。その理由は以下の通りです。

(1)転職活動が楽(働きながら転職活動ができる)

(2)無料で相談できる

(3)特許事務所のスタイルはさまざま

(4)特許事務所の情報が手に入れにくい

 以下、上記理由(1)~(4)について詳細に説明します。

(1)転職活動が楽

 まず、転職活動が楽になることが理由に挙げられます。通常、転職活動は働きながら行うものと思います。しかし、仕事と転職活動の両立はなかなか難しいものです。特許事務所への転職は、特に未経験者の場合には、どの特許事務所への転職が自分にふさわしいものなのかなかなか把握できず、特許事務所選びに時間を要することもあると思います。これに対し、転職エージェントを利用すれば、自分の希望条件を転職エージェントに伝えることで、後は転職エージェントが自分の希望条件に見合った特許事務所を紹介してくれますので負担がかなり減ります。このように、転職活動が楽になります。

(2)無料で相談できる

 転職エージェントへの相談は無料です。無料で様々なアドバイスや指導を受けたりできます。

(3)特許事務所のスタイルはさまざま

 次に、特許事務所のスタイル(社風ならぬ所風?)はさまざまであることが理由に挙げられます。大手特許事務所の中には、年功序列制をとる特許事務所もありますし、実力主義を採用する特許事務所もあります。また、零細特許事務所の中には、所長が自ら指導をしてくれる特許事務所もありますし、未経験者であっても指導されず放置される特許事務所もあります。このように、特許事務所のスタイルがさまざまであり、それぞれの特許事務所に精通した転職エージェントに相談するのがよいです。

(3)特許事務所の情報が手に入れにくい

 次に、特許事務所の情報が手に入れにくいことが理由に挙げられます。特許事務所のスタイルは、なかなかその特許事務所のホームページなどで把握することは困難です。また、これらの特許事務所の中の情報について、口コミの転職サイトなどの情報系のサイトから入手することも考えられますが、特許事務所の規模自体小さすぎて、情報数が少なく有益な情報が得られないことがほとんどです。そこで、特許事務所に精通した転職エージェントからこのような特許事務所の情報を入手するのが一番効率的であり、おすすめです。

(1)~(4)のまとめ

 以上の(1)~(4)の理由により、特許事務所への転職には転職エージェントを利用した方がいいです。

特許事務所への転職のための転職エージェント

f:id:mayaaaaasama:20190503114508j:plain

 それでは、次に「転職エージェント」を具体的に紹介していきます。

 特許事務所への転職のための「転職エージェント」には、特許業界を含む様々な業界に強い「総合型転職エージェント」と、特許業界に特化した「特許業界専門転職エージェント」の2つのタイプがあります。

 総合型転職エージェントの代表的なものとしては、「パソナキャリア」「リクルートエージェント」「dodaエージェントサービス」があります。

 特許業界専門転職エージェントの代表的なものとしては、「Patentjob Agent」「MS-Japan」があります。

 「総合型転職エージェント」「特許業界専門転職エージェント」に相談するメリット、デメリットを以下に紹介します。

(総合型転職エージェント)

(メリット)キャリアコンサルティングの質の高さ

(デメリット)特許事務所への転職の案件がやや少ない点

(特許業界専門転職エージェント)

(メリット)特許事務所への転職の案件が豊富にある点

(デメリット)キャリアコンサルティングの質の高さが、「総合型転職エージェント」に比べるとやや劣る点

 上記の通り、「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」はそれぞれのメリット、デメリットが「対称的」です。

おすすめは「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の併用

f:id:mayaaaaasama:20190503132330j:plain

 転職エージェントは様々であり、どれを選んでいいのか迷う方も多いと思います。そこで、おすすめするのが「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の併用です。上述の通り、「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の「メリット」「デメリット」は対称的であるため、お互いのデメリットを補えるような形で併用するのがおすすめです。上述の通り、転職エージェントの相談は無料であり、複数の転職エージェントを利用することに負担がかかりません。また、特定の転職エージェントのみを利用した場合、

おすすめの「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の組み合わせ

 では、おすすめ「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の組み合わせについてお話しします。それは以下の3つの組み合わせです。

(総合型転職エージェント)

「dodaエージェントサービス」(サイトは(こちら)から)

(特許業界専門転職エージェント)

「Patentjob Agent」(サイトは(こちら)から)

「Ms-Japan」サイトは【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

「dodaエージェントサービス」

 「総合型転職エージェント」の中でも「dodaエージェントサービス」がおすすめです。理由は、転職者の希望条件のマッチング率が高いことと、転職サポートの満足度が高い点です。僕もまた、「dodaエージェントサービス」を利用しましたが、サポートが丁寧であり、職務経歴書について細かく添削していただきました。個人的な経験からもこのサイトをおすすめします。「dodaエージェントサービス」への登録は(こちら)から利用できます。

「Patentjob Agent」と「Ms-Japan」

 次に、「特許業界専門転職エージェント」は「Patentjob Agent」と「Ms-Japan]の両方を利用するのがよいです。理由は、一方のみの場合、特定の転職エージェントが、自分の都合の良いようようにおすすめの特許事務所を誘導する場合があり、この場合、悲惨な結果にあうことがあるためです。このようなリスクを避けるために、1つの「特許業界専門転職エージェント」に頼らずに複数の特許業界転職エージェントを利用するのがおすすめです。なお、「特許業界専門転職エージェント」で大手と言えるのが上記の2つの転職エージェントです。特に「Ms-Japan」は50代以上の高齢者向けにも手厚いサポートがされているため高齢者におすすめの転職エージェントです。「Patentjob Agent」は(こちら)から利用できます。「MS-Japan]は、⇒【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】 から利用できます。

特許事務所の希望条件について

 最後に、特許事務所の希望条件についてお話しします。おすすめの特許事務所は、「手厚い指導」と「高給」の2つです。しかし、これらの2つを両方満たす特許事務所はなかなかないと思います。そこでどれか1つでも条件を満たすように転職エージェントに相談するのがよいと思います。このおすすめの特許事務所については過去記事で詳しく紹介していますのでもしよければご参考ください。

www.mayaaaaasama.com

 まとめ

・特許事務所への転職には転職エージェントを利用した方がいい

・おすすめするのが「総合型転職エージェント」と「特許業界専門転職エージェント」の併用

・具体的には3つの組み合わせ

(総合型転職エージェント)

「dodaエージェントサービス」(サイトは(こちら)から)

(特許業界専門転職エージェント)

「Patentjob Agent」(サイトは(こちら)から)

「Ms-Japan」(サイトは【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

以上