弁理士 特許事務所

弁理士・知財系におすすめの転職エージェント|徹底解説します

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです。

知財に転職するからおすすめの転職エージェントを教えてほしい。あとは転職活動に失敗したくないから失敗しないコツも教えてほしいな

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

 わたくし士業男子やまはこれまでにいくつもの知財の職場を転々としました。

 転職エージェントも利用したので自分の経験をふまえてお話ししていきます。

・中小特許事務所

・中小特許事務所

・大手法律事務所

・大手企業知財部

 この記事は以下のような方を対象としています。

弁理士や知財(知財部・特許事務員・特許技術者など)で転職をはじめようと考えている方

目次

スポンサーリンク

未経験者の弁理士・特許技術者におすすめの転職エージェント

 未経験者の弁理士・特許技術者の場合には、失敗しない特許事務所をえらぶことが重要です。

 そこで特許事務所に詳しい転職エージェントをおすすめします。

 所長の評判・指導の質・年収などの待遇、このあたりが重要となってきます。

 一方、大手転職エージェントは特許事務所の内情にくわしくないことが多く、おすすめしません。

 おすすめの転職エージェントはこちらです。全て無料です。

ポイント

リーガルジョブボード       ※優良系の中小特許事務所に強い。

MS-Japan         ※特許事務所と知財部の双方に強くおすすめ。

Patent Job Agent ※求人案件が多いが、対応の早さが遅い。

 Patent Job Agentは求人案件が多いですが、対応の速さが遅めなのが難です。

 一方、リーガルジョブボードは優良系の中小特許事務所に強いです。

 リーガルジョブボードは聞いたことがないと思いますが、担当の三島さんは熱い人で実際に取材させてもらいました。

 くわしくはこちらの記事が参考になると思います。

 

 大手特許事務所より中小特許事務所のほうが所長から直接指導をしてもらえたりして伸びやすいので未経験者の場合には中小特許事務所からスタートするのがよいかなと思います。

 特許事務所だけでなく知財部も併願したいならMS-Japanもおすすめです。

 いずれも2~3分くらいあれば無料で登録が完了します。

 最初のうちはいろんなエージェントと会って話を聞いてみるのがよいと思いますので3つとも登録することをおすすめします。

経験者の弁理士・特許技術者におすすめの転職エージェント

 経験者の場合、転職する理由は「待遇」が一番かなと思います。

 今の特許事務所では仕事ぶりに対して待遇がいまいちだから、もっと待遇のよい特許事務所へうつりたいという気持ちが強いと思います。

 あるいは特許事務所よりも知財部でスキルの幅を身につけていきたいという方もいると思います。

 僕の身近な方で経験者(30代)が転職する先はこんな感じが多いです。

・大手特許事務所➤優良特許事務所

・大手特許事務所➤ベンチャー知財部

 パテントサロンには大手特許事務所が年中募集しています。

 必ずしも優良=大手とはいえません。

 待遇がよければ定着率がよいわけで大手が頻繁に募集するはずがないです。

 このため、転職エージェントを利用して優良の特許事務所・企業知財部を探すことをおすすめします。

 おすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

ポイント

リーガルジョブボード       ※隠れ優良を紹介してもらえる。

MS-Japan         ※特許事務所と知財部の双方に強い。

ビズリーチ            ※自分のキャリアにあった高めの求人を紹介してもらえる。

 いずれも2~3分くらいあれば無料で登録が完了します。

 最初のうちはいろんなエージェントと会って話を聞いてみるのがよいと思いますので3つとも登録することをおすすめします。

特許事務員におすすめの転職サイト・エージェント

特許事務員の場合には、「待遇」「環境」あたりが職場を決めるポイントかと思います。

いっぽう、特許事務所にくわしい転職エージェントを利用することがおすすめですが、

このような転職エージェントは弁理士・特許技術者にしぼっていることが多く、特許事務員を対象としていることが少ないです。

そこで特許事務員のばあいには、大手転職エージェントをかたっぱしから登録して求人内容を確認することをおすすめします。

 いずれも数分くらいあれば無料で登録が完了しますので3つとも登録をすることをおすすめします。

転職エージェントに流されないようにしましょう

う~ん。転職エージェント使ってみようかな。

士業男子やま
無料ですし、サポートも豊富なので使ってみた方がよいですよ。ただし、転職エージェントのすすめるままに流されるのはやめておき ましょう。決めるのは自分です。選ばれるのではなく、自分が選ぶことが重要です。

最終的に選ぶのは自分です。

転職エージェントもビジネスでサポートをしています。ポジショントークですすめてくることはあります。

転職エージェントに流されたりすることなく、最終的に自分で選ぶようにしましょう。

企業・特許事務所に選ばれるのではなく、選ぶのだという意識をもって望むことをおすすめします。

軽くフットワークのつもりで転職エージェントに登録することもおすすめです

 転職活動って面倒なのでなかなか動きづらいかもです。

 そこで、軽くフットワークのつもりで転職エージェントに相談することがおすすめです。

 今では、実際に会うだけでなく、電話やテレビ電話でも相談はすすめられます。

 登録も2~3分で終わるのでまずは転職エージェントに登録して相談してみると、軽く一歩踏み出せておすすめです。

 リーガルジョブボードジョブボードの場合は以下のような感じで1分程度で終わります。

まずは「会員登録」を選択します。

 次に基本情報を入力します。ここで「弁理士」の場合には「弁理士」を、「特許技術者」の場合には「特許技術者」を選択します。

 特許技術者とは、弁理士の監視のもとで、弁理士と似たような仕事をすることをいいます。

 資格をとれば、弁理士になれます。

 ここで「事務」「特許翻訳」は弁理士・特許技術者とはちがった職種ですので注意しましょう。

これで登録完了です。1分で終わります。

 まずは軽く動いてみましょう。  

ポイント

未経験者におすすめ

リーガルジョブボード       ※優良系の中小特許事務所に強い。

MS-Japan         ※特許事務所と知財部の双方に強くおすすめ。

Patent Job Agent ※求人案件が多いが、対応の早さが遅い。

ポイント

 経験者におすすめ

リーガルジョブボード       ※隠れ優良を紹介してもらえる。

MS-Japan         ※特許事務所と知財部の双方に強い。

ビズリーチ            ※自分のキャリアにあった高めの求人を紹介してもらえる。

ポイント

以上

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。たとえば、特許事務所の求人などもOKですのでお気軽にご連絡ください!

-弁理士, 特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.