とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

特許事務所への転職には転職エージェントの利用がおすすめです|その理由とおすすめのエージェントを紹介

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 この経歴のように、僕は転職回数が多いです。そして、転職にあたり、いくつかの転職サイト・転職エージェントを利用してきました。このため、転職サイト・転職エージェントに詳しいです。

 ここで、特許事務所へ転職を考えている方には、「転職エージェントを利用した方がいいのだろうか」と考えている方もいると思います。

 そこで今回は、こういった方の疑問に答えます。

目次

特許事務所への転職に転職エージェントを利用した方がよい

f:id:mayaaaaasama:20190707211446j:plain

 「転職エージェントを利用した方がよいのだろうか。」

 こういう疑問に対してお答えすると、特許業界で「失敗しないで」転職するには、転職エージェントを利用した方がよいです。

 理由は、情報量の少ない特許事務所で、転職エージェントを利用するととても心強いためです。転職エージェントを利用すると、自分の希望条件に合った特許事務所を適切に紹介してくれます。このため、特許事務所選びに失敗しにくくなります。

 では、ここでどのようなエージェントを利用すべきでしょうか。

 それは、特許事務所に特化したエージェントを利用すべきです。なぜなら、大手転職エージェントは特許事務所についてそこまで詳しくないことが多いためです。特許事務所に特化したエージェントを利用しましょう。そこで、特許事務所に特化したエージェントとしておすすめなのが、「リーガルジョブボード」です。

弁理士・特許技術者の転職実績No.1サイト【リーガルジョブボード】

※特許事務所への転職ならばこの1択です!

 特許事務所への転職を考えているならば、まずは「リーガルジョブボード」に登録しましょう。「無料」「5分程度」「簡単」に会員登録できます。登録して損はないでしょう。

 「特許事務所の転職のためにリーガルジョブボードがおすすめな理由」

f:id:mayaaaaasama:20190702211507j:plain

 特許事務所に特化した転職エージェントはいくつかあります。これらの中で、なぜ「リーガルジョブボード」がおすすめなのでしょうか。その理由は、以下の通りです。

(1)誠実性

(2)手厚いサポート

(3)年収の交渉

(4)お祝い金

 以下、順番に説明します。

(1)誠実性

f:id:mayaaaaasama:20190427141641j:plain

 まず、リーガルジョブボードは、対応が誠実であるところです。一部のエージェントでは、紹介料欲しさに、離職率の高いブラック特許事務所を勧めるところもあります。しかし、リーガルジョブボードではそのような対応はなく、自分の希望条件に合った特許事務所を紹介してくれます。実際に、リーガルジョブボードの評判はネットでも高いことから、誠実性がうかがえます。

(2)手厚いサポート

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 リーガルジョブボードを利用すると、エージェントが転職活動を手厚くサポートしてくれます。具体的には以下の通りです。

・職務経歴書の添削

・特許事務所の内情の提示

・面接に同席して、求職者の強みを最大限に引き出してくれる

 また、リーガルジョブボードでは、未経験者は30代後半まで、知財経験者は50代まで対応可能で、年齢層の幅が広いのが特徴です。幅広い年齢層の求職者を手厚くサポートしてくれます。

(3)年収の交渉

f:id:mayaaaaasama:20190503132330j:plain

 更に、リーガルジョブボードを利用すると、エージェントが特許事務所と求職者の年収の交渉をしてくれます。これは大きいです。なかなか求職者と特許事務所で年収の交渉をするとき、自分の希望年収を言いづらいですし、交渉が上手くいかないことが多いです。これに対して、エージェントは「交渉のプロ」ですから、求職者自身が年収の交渉をするよりもいい結果を引き出してくれます。未経験者が特許事務所へ転職する時、年収がガクっと下がることがあります。また、高い年収を求めてステップアップするものの思うように高い年収を提示してくれない場合もあり、値上げ交渉が必要な場合もあります。このような場合にでもしっかりと「交渉のプロ」であるエージェントが立ち会っていい結果を出してくれます。

(4)お祝い金

f:id:mayaaaaasama:20190616190556j:plain

 更に、リーガルジョブボードを利用して、内定が決まるとなんと求職者に数万円の「お祝い金」が貰えます。

 「無料」でサポートしてもらって、更に数万円の「お祝い金」ももらえるのでこれは利用しないわけにはいきません。 

「リーガルジョブボード」の利用方法

f:id:mayaaaaasama:20190503111952j:plain

 リーガルジョブボードの利用方法はとても簡単です。まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」「希望の特許事務所」をエージェントに伝えましょう。エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

  行動しないと何も始まりません

f:id:mayaaaaasama:20190426205856j:plain

 以上のとおり、「リーガルジョブボード」への利用方法はとても簡単ですので、特許事務所への転職を考えているのであれば登録した方がよいです。

 転職を始めるとなると荷が重くなりますが、まずは最初に動いてみることが重要です。動かないと何も始まりません。そして、いきなり事務所へ直接応募したりするよりも、軽く準備運動のつもりで動いてみるのがよいです。その準備運動として「リーガルジョブボード」への登録はとてもお気軽で簡単にできます。まずは軽く動きましょう。  

 「転職で失敗しないために知っておくべきこと」


 以上、特許事務所への転職に転職エージェントの利用がおすすめであることと、おすすめのエージェントを紹介しました。

 次に、「転職で失敗しないために知っておくべきこと」についてもお話ししておきます。それは、「特許事務所の正しい選び方を知っておくことです。自分で考えてしっかりと選ぶことが重要です。

 このブログでは、特許事務所の正しい選び方について記事を書いていますのでこちらも参考頂ければと思います。

www.mayaaaaasama.com

 まとめ

 最後におすすめの転職エージェントのリンクを貼っておきます。まずは、下記から登録してエージェントと相談しましょう。転職を思いきったら早い段階でした方がよいです。

弁理士・特許技術者の転職実績No.1サイト【リーガルジョブボード】

※特許事務所への転職ならばこの1択。 

 以上