特許 特許-特許事務所

【転職】おすすめしない特許事務所について【超ブラック特許事務所】

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

特許事務所へジョブチェンジをしたいけどブラックな感じがするしやめた方がいいのかな?

ブラック特許事務所ってどんな事務所だろう?

こうした悩みを解決します。

ちなみに僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

今回の記事を読めば、ブラック特許事務所の実態を知ることができるとともに、このような事務所へ行くことを回避できます。

このため、失敗しない特許事務所でのステップアップを実現できます。

目次です

スポンサーリンク

特許事務所には行ってはいけないところがある

f:id:mayaaaaasama:20190824123452j:plain

「特許事務所ってどこもブラックなんだろうな・・・」と思った方、
 特許事務所は全てがブラックではありませんよ。

特許事務所でも就業規則がしっかりと整った事務所があります。
経験を積んでいけば企業と比較して働きやすい環境にあると思います。

というのも、フレックス制度や在宅制度が充実していたり、比較的広いデスクスペースで静かな環境で集中して仕事をすることができるのです。

更に、経験を積んでいけば知財のスペシャリストとして年収アップも見込めます。

ただし、特許事務所の中には、なかなかスキルが身につかず、低年収で働かされて、おまけに裁量権もなくストレスだけがたまるようなところもあります。

このような特許事務所で頑張って働いても時間と体力を消耗するだけであり、最悪心身崩壊してしまうこともあるので絶対に行くべきではありません。

このような特許事務所は「超」がつく「超ブラック特許事務所」です。

おすすめしない特許事務所の具体例

f:id:mayaaaaasama:20190801082109j:plain

では、このような「超ブラック特許事務所」にあてはまる特許事務所をより具体的に説明していきます。

具体的な特許事務所としては、以下の3つのタイプが挙げられます。

(1)年功序列制の特許事務所

(2)クライアントの数が1つしかない特許事務所

(3)所長が指導放棄、あるいは指導したつもりでいる特許事務所

これらのいずれかに該当する特許事務所へ行くことは避けるべきです。以下、(1)~(3)について詳しく説明していきます。

(1)年功序列制の特許事務所

f:id:mayaaaaasama:20190404191428j:plain

「年功序列制ってゆるそうでよさげな感じがするけど・・・」と思うかもしれません。

しかし「年功序列制の特許事務所」はやめた方がよいです。

このような特許事務所は、「年功序列制」のため、どれほど実力が上がっても給料が上がりません。

「年功序列制」の特許事務所では、実力が評価されないような特許事務所であるため中堅からベテランあたりの実力がない場合がとても多いです。

そうすると、年功序列制の特許事務所に入所すると、まず給料は低いですし、上司から適切な指導をうけることもほぼありえません。

「年功序列制の特許事務所は、何年もいれば自ずと昇給して安泰じゃないの!?」思うかもしれません。

しかし、その考え方は甘いです。

若手の間は、給料が上がると言ってもほんのわずかでしかありません。

とある有名な大手の年功序列制の特許事務所でも数千円しか上がらないそうです。

結局は、大手の特許事務所といっても規模は中小でしかなく、昇給もそれほど上がらないのです。

しかも終身雇用形態が大手ホワイト企業でも破綻しかかっているこのご時世にこのような制度を採用している特許事務所が今後何年も続くかはとても怪しいです。

このため、このような特許事務所に何年もいても、スキルを得ることなく他の特許事務所へ転職せざるを得ません。

この場合、スキル不足で転職では不利に働きますし、この特許事務所にいた意味は何だったんだ…ということになってしまいます。

(2)クライアントの数が1つしかない零細特許事務所

f:id:mayaaaaasama:20190404200527j:plain

 「クライアントの数が1つしかない特許事務所」はやめた方がよいです。

なぜなら、そういう場合には、案件を1つのところから大量に受注していることが多く、1件あたりの単価がとても安く、売り上げを稼ぐことができないためです。

特に大手電気系メーカーがクライアントのところは要注意です。

売り上げを稼げないと、低年収のままです。

しかも何年も特許事務所を運営してもクライアントの数の少ないというのは、所長がクライアントから信頼されていない場合が多く、そのような所長に従ってもスキルが向上できないことが多いです。

このような特許事務所では、スキルも身につくことができず、年収が低いまま長時間労働を強いられがちです。行くべきではありません。

(3)所長が指導放棄している、あるいは指導したつもりでいる特許事務所

f:id:mayaaaaasama:20190404201900j:plain

所長が指導放棄あるいは指導したつもりでいる特許事務所」はやめた方がよいです。

このような特許事務所は未経験者に指導をしていないのに、未経験者に過度の要求を課せてきます。

無茶難題を振るうところもあるようです。実際に、僕もこのような特許事務所に入所しましたがスキルが身につかず、ストレスだけがたまる一方でした。

このような特許事務所は、「低収入」「指導なし」だけでなく、裁量権もないようなところが多いです。

こういう特許事務所は所長のチェックが厳しかったりすることが多く、ストレスが溜まりがちです。

かといって丁寧に指導をしてもらえることもないので、事実「詰みゲー」といえます。

結局は無駄に時間と体力を消耗して終わります。絶対に行かない方がよいです。

 超ブラック特許事務所を避けるにはどうすべきか

f:id:mayaaaaasama:20190912204058j:plain

全ての特許事務所が超ブラック特許事務所であるかというそうではありません。

良質な指導を受けて、スキルを身に着けていけば特許事務所で働くことはリーズナブルであると思います。

未経験者は、このような超ブラック特許事務所を避ければよいのです。

ただし、特許事務所の情報量は少なく、ネットなどの情報だけで転職活動を踏み切ると危険な感じがします(実際に、僕も自分でやって地雷を踏んでしまいました・・・)。

このため、超ブラック特許事務所を避けるためにやったほうがよいことをお話しします。

それは転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは、特許事務所に足を運び、指導のやり方、給与システム、所長の人柄、事務所の雰囲気などを綿密に取材しています。

このため、転職エージェントに相談すると、特許事務所の内情を把握することができ、入所後のミスマッチを防ぐことができます。

また、転職エージェントは、特許事務所と年収交渉をしてくれるので、年収アップもはかることができます。

転職エージェントには、具体的に上記のようなブラック特許事務所を避けたいことをしっかりと伝え、年収アップを図れるように交渉を依頼しておけば入所後のミスマッチやくるんじゃなかったという後悔を回避できます。

「じゃあ転職エージェントとしてどこを利用すべなの?」と思われるかもしれません。

それは特許事務所に実際に足を運ぶほど特許事務所に特化したエージェントを利用するのがよいです。

以下に特許専門の転職エージェントとして代表的なものを紹介します。

特許事務所に特化した転職エージェントとしては、以下の2つが挙げられます。

リーガルジョブボード※求人案件数が多い。簡単に無料登録でき、特典多い。まずはこちらを登録しましょう!

MS-Japan※求人案件数は少なめ。簡単に無料登録できる。知財部と併用するならこちらも併せて登録しましょう。

 これらの中でもおすすめなのが、手厚くサポートしてもらえる観点から、「リーガルジョブボード」です。
まずはリーガルジョブボードについて無料登録をすることをおすすめします。
こちらのサイト」からも無料で簡単に会員登録できますよ~。

 リーガルジョブボードでは、特許専門のエージェントから、具体的な特許事務所の内情を聞けたり、内定までの転職活動をサポートしてもらえたり、更にお祝い金ももらえたりできます。
 これほどの特典は他のエージェントにはなくおすすめです。

 リーガルジョブボードの利用方法はとても簡単です。

 まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。

 たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」「希望の特許事務所」をエージェントに伝えましょう。

 「登録めんどくさいなあ。。」と思うかもしれません。

 僕もそういう気持ちはあります。

 しかし、たったこれだけの登録ですよ。あっという間に登録完了ですし、これで人生が大きく変わることもあります。

 転職したいけど行動にうつさないといつまでも今を変えることができません。

 スマホでも片手間にできますのでまずはキープしておきましょう。

 

 ただし、事務所を選ぶのは自分であり、エージェントに流されないようにしましょう。

最後に余談ですが、今は特許事務所はどこも人材不足であり、優良の特許事務所に入れるチャンスは高いです。

 今後、終身雇用の崩壊に伴い特許事務所への流入が増えてくることも予想されますので早めに動くことをおすすめします。

以上


関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.