弁理士 特許事務所

特許事務所でやめたほうがよいブラック特許事務所|現役弁理士が徹底解説

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!

特許事務所興味あってググったらサジェストにブラックがでてきたぞ・・・ブラックのイメージがするんだけど大丈夫なのか!?

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!!

僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

なお、この記事は弁理士・特許技術者向けの記事です。

特許事務員・特許翻訳者を志望している方はこちらの記事が参考になるかもですのでこちらをご覧ください。

特許事務
特許事務員の志望者向け|特許事務所への転職で失敗しないために知っておきたいこと

続きを見る

今回の記事はこれから特許事務所へジョブチェンジをしようと考えている方や、今特許事務所へ入所している方を読者に想定しています。

経験者の方は今の職場が入ってはいけないところなのかどうかあてはめてみるのもいいと思います。

目次です

スポンサーリンク

特許事務所でやめとけと思うところ

特許事務所でやめといたほうがよいのはどんなとこなの!?

 未経験者が絶対に行ってはいけない特許事務所があります。

この記事を読んでいる読者の中にここだけは絶対やめといたほうがいい特許事務所を紹介します。

 マジでやめたほうがいい特許事務所は以下のとおりです。

〇年功序列制

※若手が損をするところです。

〇指導放棄または指導したつもりで全然指導をしていない特許事務所

※どんだけ頑張っても伸びません。

〇裁量権の全くない特許事務所

※人生潰されますよ。

〇所長・上司がダメダメな特許事務所

※伸びないだけでなく人生潰されてしまいますよ。

〇仕事の貢献度と年収が見合っていない特許事務所

※年収の高いよそへ行きましょう。

 この5つのどれかにあてはまる特許事務所はおすすめしません。

 これを読んだ読者の中で、「ん!?これってうちの事務所やん」と思った方。

 

 すぐやめましょう。

 

 いまは特許事務所はどこも人手不足でチャンスですよ。

  

 以下くわしく説明します。

やめとけと思う特許事務所1.年功序列制

特許事務所はよくも悪くも成果主義が多いです。

若手の弁理士の場合、若手の間は給料の安い年功序列制のサラリーマンに嫌気がさしてこの業界にきた人も多いと思います。

しかし、特許事務所の中にも年功序列制があります。

そういうところは40代50代が仕事をせずに仕事の大半を若手の20代30代におしつけるところが多いです。

それでいて年功序列制なのでどれかで仕事をしても若手は年収が上がりません。

はっきり言って損をするだけです。

こういう特許事務所は上の人の社会の情勢といった知識がアップデートされていない傾向にあるので、改善を期待できません。

すぐに辞めましょう。

やめとけと思う特許事務所2.指導しない特許事務所

 指導しない特許事務所は論外です。

 特許の実務は専門性の高い仕事です。

 だから大手企業でも特許事務所に頼むのです。

 そうすると未経験が仮に資格をとろうが独学でなんとかできるものではありません。

 それでもお金をもらって教えてもらおうとするやつはけしからん!と言っている所長はいまだにいます。

 そういうところはまともに相手しても無駄で、どれだけ時間をかけても成長しません。

 すぐやめましょう。

やめとけと思う特許事務所3.裁量権がない特許事務所

 裁量権がないというのは、上司のチェックが厳しいことを言います。

 弁理士の魅力は、個人プレーで自己完結できることです。

 しかし、上司が細かいこだわりをもっていたり、独自のルールがあったりしてそれに従わないとチェックを通さないということは多いです。

 ぶっちゃけそういうこだわりの強い上司のもとで何年も学んでも、ストレスがたまるだけで人生を消耗するだけです。

 すぐやめましょう。

やめとけと思う特許事務所4.ダメダメな上司がいる特許事務所

 最後にダメダメな上司がいるところもやめたほうがよいです。

 ダメダメな上司とは以下のような感じです。

注意ポイント

〇感情を抑圧できない人 ※人間的に問題ありで絶対付き合ってはいけない。ストレスがたまるだけ。

〇仕事をふるだけの人  ※マネージャーという名のもとに単に仕事をふるだけ。学べるものは何一つない。

〇ズレた指導をする人  ※成長できないだけでなくストレスがたまるだけ。

 こういう上司にあたると伸びないどころか人生を潰されます。

上司(パートナー)をチェンジしてもらうか今すぐやめましょう。

感情を抑圧できない人のケースとしては以下のような人です。

注意ポイント

〇急に怒鳴る

〇物にあたる

〇たまに「お前」呼ばわりする

〇人のいないところで圧力をかけてくる

〇怒鳴った後パワハラ認定が怖いので謝ってくる

 感情を抑圧できない上司がいるところはすぐ逃げた方がいいです。

 マネージャーという名のもとに単に仕事をふるだけの上司や、ずれた指導をして有益な指導をしてくれない上司のもとでも、ストレスがたまりますし、何もえるものもないのでやめたほうがよいです。

もし仕事をふられすぎてやめられないのなら退職代行を使いましょう。

やめとけと思う特許事務所5.仕事の貢献度と年収が見合っていない特許事務所

 仕事の貢献度にたいして年収が見合っていないと思ったらすぐやめましょう。

 こういう特許事務所では大手特許事務所に多い傾向にあります。

 年功序列制の特許事務所は論外です。

 けれどボーナスがもらえないからなあ・・・と思った方。

 いつまでたってもやめられませんよ。

 

 たとえば、売り上げを年間3000万円稼いだのに年収が800万円とか売り上げに年収が見合っていません。

 こういう特許事務所は綺麗なオフィスを借りたり、事務員の数を増やしたりしてオフィス代・人件費を高騰させています。

 正直、こういう特許事務所にがんばって働いても儲かりませんし、特許事務所も将来性ないです。

 

 すぐにやめて自分を高く評価してくれる特許事務所へ移ったほうがかしこいです。

 

 いまは特許事務所はどこも人手不足でチャンスですよ。

やめとけと思うような特許事務所に入らない方法

 未経験者は以上のような特許事務所はやめといたほうがよいです。

 しかし、特許事務所の転職でミスマッチしてしまうケースも多いのが現状です(かくいうわたくし士業男子やまもそうでした・・・)。

 そこで転職をするなら事務所の事前サーチはとても重要です。

 事務所情報をサーチする方法として以下の方法があります。

 ・特許事務所に勤めている知人に相談

 ・転職エージェントに相談

 一番良いのは、知人と転職エージェントに相談することです。

 ちなみに転職相談ネットや匿名掲示板からも情報があふれていますが、前者は情報量が少なすぎであり、後者はノイズと怨念の吹き溜めなのでどちらもあまり参考になりません。

 実際に、話を聞くなら生の情報を知っている方から直接聞くのがベストです。

 親しい知人だとリアルタイムの生の情報を知ることができ、最も確実です。

 

 もし知人がいなければ転職エージェントに相談しましょう。

 転職エージェントはたくさんありますが、特許事務所に特化したものを選びましょう。

転職エージェント
弁理士・知財系におすすめの転職エージェント|徹底解説します

続きを見る

 ここで上の記事で紹介している知財に詳しいエージェントは以下のとおりです。

✅リーガルジョブボード
・良質な中小特許事務所に強い。こちらのサイトから登録できます

✅MS-Japan
・企業知財部にも強い。こちらのサイトから登録できます

✅Patent Job Agent
・案件豊富。こちらのサイトから登録できます

ビズリーチ

・自分のキャリアにあった求人を紹介してくれる。こちらのサイトから登録できます。

 いずれも無料でサポートを受けることができます。

 登録も2~3分で終わります。

個人的に転職エージェントの中でも「リーガルジョブボード」が以下の理由からおすすめです。

ポイント

・対応の速さ

・優良の中小特許事務所に強い

・転職エージェントが知財に詳しい

特許事務所でやめとけと思うところのまとめ

 このブログを見て、特許事務所の転職やってみようかなあと1ミリでも思ったら動きましょう。

 動かないと何も始まりません。

 仕事が忙しいのは分かります。仕事が落ち着いたら動くかという気持ちも分かります。

 しかし、落ち着くときというのは永遠に来ないのです。動くなら今やってみようと思ったそのときしかないです。

 このブログでは失敗しないための特許事務所への転職の記事も書いているのでご覧いただければと思います。

〇経験者向け

〇未経験者向け

その他よくある質問集をまとめました

特許事務所ってどういう人が向いているの!?

特許事務所
弁理士に向いている人って意外とこんな人|弁理士が答えます!

続きを見る

特許事務所で1000万円稼ぎたい!やり方を教えてほしい!!

特許事務所
弁理士が年収1000万円を稼ぐ方法|1000万円プレイヤーになることは可能です

続きを見る

特許事務所で残業ばかりしたくないなあ。どうすれば・・・

 残業を避ける方法について記事を書いていますのでこちらをご覧いただければと思います。

特許事務所
no image
特許事務所の残業事情|残業したくない場合の事務所の選び方

続きを見る

今つとめている特許事務所は向いていなくて辞めたいんだよななあ。どうすれば・・・

 特許事務所を辞めたいと思ったらこちらの記事が参考になると思います。

特許事務所
特許事務所を辞めたいなら辞めた方がコスパがいい話|知人体験談有

続きを見る

また、辞めたくても辞められない場合は退職代行を使うのもありです。

特許事務所
退職代行で引き継ぎなしで退職するなら弁護士がおすすめである理由

続きを見る

特許事務所で働くことのメリットとデメリットを知りたいな。

 特許事務所で働くことのメリットとデメリットをまとめましたのでこちらをご覧いただければと思います。

特許事務所
特許事務所で働くメリットとデメリットを現役弁理士がお話しします

続きを見る

以上

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。たとえば、特許事務所の求人などもOKですのでお気軽にご連絡ください!

-弁理士, 特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.