弁理士

30代で弁理士資格をとることをおすすめする理由

更新日:

 こんにちは士業男子やまです。

 今回は「30代で弁理士資格をとることをおすすめする理由」についてお話ししたいと思います。

 これから資格を取得しようと思っている方にご参考になればと思います。

目次です。

弁理士資格が、30代からの転職に役立つ理由

f:id:mayaaaaasama:20190427125338j:plain

 弁理士資格は、30代からの転職に役立ちます。

 なお、ここでの転職先」は、特許事務所あるいは法律事務所です。

 一方、弁理士資格を取得すると、企業の知的財産部に就職できるように思われますが、知的財産部への就職は未経験で転職することは難しいと思います。

 このため、以下では転職先が特許事務所あるいは法律事務所であることを前提としてお話しします。

「30代からの転職に役立つ理由」は以下の(1)~(5)です。

①転職しやすい。

②弁理士資格合格者の平均年齢が高く、30代で取得しても資格の価値が高い

③難関資格であり、特許事務所から評価される。

④資格手当がつくため。

⑤法律事務所への転職も可能となる。

以下、順番に詳しく説明します。

①転職しやすい

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

 特許事務所への転職のハードルは低いです。

 30代前半で業界未経験でも採用されることは多いですし、特許事務所を選ばなければ、30代後半~40代で業界未経験でも採用されることは十分あります。

 そして、現在、この業界は人材不足に陥っています。

 とある大手の特許事務所では、所員が優秀そうな人を紹介すると紹介料を貰えるところもあるようです。

 このような業界ですので、資格を取得していれば更に転職は有利となります。

 また、資格を取得していることにより、特許事務所が希望する年齢制限が緩和することがあります。

 この業界では無資格者であり、弁理士のチェックの下特許実務を担当する者を特許技術者といいますが、この特許事務所の採用年齢が未経験の場合35歳以下であることが多いです。

 一方、有資格者となると、未経験であっても採用年齢が40歳以下となったり、45歳以下となったりして年齢の幅が引きあがることがあります。

 また、資格を取得していれば特許事務所でもいいところに転職しやすくなります。

 特許事務所では、待遇のいいホワイト特許事務所からブラック特許事務所まで様々あり、ホワイト特許事務所に転職するのは難しいです。

 しかし、資格を取得すると、どの特許事務所も評価されますので、ホワイト特許事務所へ転職しやすくなります。

 このように弁理士資格を取得すると一層転職しやすくなり、ホワイト特許事務所へ転職しやすくなります。

②弁理士資格合格者の平均年齢が高く、30代で取得しても資格の価値が高い

f:id:mayaaaaasama:20190427141641j:plain

 また、「弁理士資格合格者の平均年齢が高く、30代で取得しても資格の価値が高い」ことが理由にあります。

 上述の通り、ほとんどの業務独占資格(弁護士、公認会計士、税理士など)の合格者数の平均年齢は20代です。

 例えば、公認会計士の合格者数の平均年齢は27歳です。

 ほとんどの業務独占資格の有資格者は、20代で資格をとり、20代で特定の事務所で働いたり、企業勤めをしたりします。

 このため、このような資格を30代で取得しても、年齢的に転職に不利になることがあります。

 これに対し、弁理士資格の合格者は、30代と40代が全体の74.2%を占めています(平成30年度の最終合格者)。

 弁理士資格の合格者の平均年齢はとても高く、ほとんどの業務独占資格の合格者の平均年齢と比べてとても高いです。

 そして、この特許業界に入る人は、30代になってからの人がとても多いです。

 このため、30代で弁理士資格を取得しても、それは年齢的に遅くはありません。

 そして、30代でこの弁理士資格を取得しても転職に有利に進めることができます。

③難関資格であり、特許事務所から評価される

f:id:mayaaaaasama:20190427142425j:plain

 また、「難関資格であり、特許事務所から評価される」ことが理由にあります。

 「資格」と「実務のスキル」は別物であると考えた方がいいですが、実務のスキルを行うにあたり、法律の知識は欠かせません。

 特に特許法の知識が十分でないと実務のスキルを上手く身に着けることができません。

 そうすると、特許事務所にとって、応募者の履歴書をみたときに、弁理士資格を取得していれば、法律の知識は十分あるものと考えます。

 しかも、この資格は難関資格ですので、相当の法律の知識を詰め込んでいると特許事務所は考えます。

 このように、弁理士資格を取得すれば、特許事務所から評価され、転職しやすくなります。

④資格手当がつく

f:id:mayaaaaasama:20190427143250j:plain

 また、「資格手当がつく」ことが理由にあります。

 これはすべての特許事務所にあてはまるというものでないですが、ほとんどの特許事務所にあてはまります。

 無資格者と差別化するために、有資格者には「10万円」の資格手当を当てている特許事務所もあるようです。

 単に転職しやすいだけでなく、資格手当がつくことも大きいです。

⑤法律事務所への転職も可能となる

f:id:mayaaaaasama:20190426205856j:plain

 最後に「法律事務所への転職も可能となる」ことが理由にあります。

 通常、法律事務所は、弁護士で占めていることが多いですが、知的財産を扱う法律事務所の場合、弁理士も採用されます。

 一方、無資格者で法律事務所の転職はほぼ不可能です。

 特許事務所よりも法律事務所の方が待遇はいいですし、安定しますので、転職先として法律事務所の方がおすすめです。

 弁理士の資格を取得すれば、法律事務所への転職も可能となります。

30代が弁理士資格を取得することのデメリット

 以上のように、30代からの転職に弁理士資格を取得することがおすすめです。

 一方、弁理士資格を取得することにデメリットもあります。それは以下の通りです。

①難易度が高いと言われていること

②資格勉強のコストが高いこと

③転職先で有利なのは特許事務所と法律事務所だけ

以下、順番に説明します。

①難易度が高いと言われていること

 弁理士資格は難関資格です。

 この資格を取得するために必要な勉強時間は通常3年と言われています。

 このため、相当の覚悟と勉強量をもってこの資格を取得するよう努力する必要があります。

 生半可な気持ちで資格勉強するとかえって時間とお金を無駄にします。

とは言ってもぶっちゃけ弁理士試験の難易度は気にしなくてよいです。

理由はこちらで書いています。

弁理士試験の難易度はぶっちゃけ気にしなくてもよい理由

続きを見る

一応デメリットにあげましたが、先入観のようなもので勉強法の型がみにつけていれば受かる試験です。

僕が一発で合格したときの勉強法を紹介しておきます。

弁理士試験におすすめの勉強法|この勉強法で1発合格しました

続きを見る

 ②資格勉強のコストが高いこと

 次に資格勉強のコストが高いことがあります。

 この資格を取得するためには、必要な基本書などを揃えるだけでなく、資格予備校が提供している教材も購入して勉強します。

 ただ昔は50万円くらい必要でしたが、いまは30万円以下でOKです。

詳しくはこちら。

弁理士試験に必要な費用は28万円あればいい話|低費用で短期合格するために重要なこと

続きを見る

③転職先で有利なのは特許事務所と法律事務所だけ

f:id:mayaaaaasama:20190803214837j:plain

 次にこの資格を取得しても転職先で有利なのは特許事務所と法律事務所だけです。

 上述の通り、企業の知的財産部への転職は、この資格を取得することで有利にならないことがほとんどです。

 但し、「難易度」が高いことはそれだけ資格に価値があるということですし、コストは他の資格においても相応のコストはかかります。

 また、転職先としては「特許事務所」「法律事務所」ですが、ここでは実務スキルをしっかりと身に着ける環境にあるので、どこにいっても通用するスキルを磨けることができます。

 一方、企業の知的財産部へ転職しても、終身雇用が保証されているわけでありませんし、年齢を重ねるにつれて無関係な部場へ異動すれば資格も無用となります。

 このように考えると、それほどデメリットといえるかどうかは微妙なところともいえます。

特許事務所への求人の方法【無資格OK】

次に特許事務所への求人の方法を紹介しておきます。

無資格で入り、働きながら資格をとるのも選択肢としてありです。

求人の方法は以下の3つがあります。

①求人サイトを見て自分で応募

②転職サイトに登録して自分で応募

③転職エージェントに登録してエージェントに紹介

順番に説明します。

①求人サイトを見て自分で応募

特許事務所の求人サイトは、パテントサロンがあります。

ただし毎日1ヵ月くらい見ていたらわかりますが顔触れがいつも一緒ですので、もし優良案件を探すのなら転職サイト・エージェントに登録することをおすすめします。

②転職サイトに登録して自分で応募

転職サイトに登録すると、あなたの希望条件に合った求人がメールで届きますので、そこから自分で応募する方法があります。

自分でマイペースに求人情報だけをチェックしたい方におすすめです。

優良求人が集まるおすすめの転職サイトとしてはDODAがおすすめです。

DODAだとあなたの適性年収を測定できるシステムもあり、あなたの今の市場価値がわかります。

引用:https://assess.doda.jp/

こちらのサイトから数分で無料登録できます。

③転職エージェントに登録してエージェントに紹介

転職エージェントに登録して、エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した求人をエージェントから紹介してもらえる方法があります。

希望条件の一例を紹介します。

・早くに手に職をつきたい➤指導が丁寧な事務所を紹介してもらう

・自由な時間がほしい➤残業時間が少なめの事務所を紹介してもらう

・高い年収がほしい➤高年収の事務所+年収交渉してもらう

転職エージェントを利用すると以下の利点があります。

①エージェントから特許事務所の内情を知ることができる

②めんどくさい転職の作業はエージェントに任せられる

③エージェントが年収交渉や勤務条件を交渉してくれる

④隠れ優良案件を紹介してもらえる

⑤内定をもらえるとお祝い金がもらえる(リーガルジョブボード)

⑥サポートは無料

ぶっちゃけ登録しない手はないです。

おすすめのエージェントは以下のとおりです。

ポイント

MS-Japan   ※特許事務所と知財部の双方の求人に強い。併願でいくならおすすめ。

リーガルジョブボード ※優良系の中小特許事務所に強い。エージェントが実際に特許事務所を取材をしている。

ビズリーチ      ※自分のキャリアにあった高めの求人を紹介してもらえる。

JACリクルートメント ※知財業界に詳しいエージェント。高年収の求人がずらり。年収交渉にも強い。

いずれも数分で無料登録できます。

特に特許事務所に強いのはリーガルジョブボードです。聞きなれない方も多いですが、業界では結構有名です。詳しくはこちらをご覧ください。

no image
リーガルジョブボードを徹底解説|特許事務所を探すならおすすめの転職サイト

続きを見る

じっくりと検討したい方はこちらの記事が参考になります。

知財・特許に強い転職エージェントを弁理士が厳選して紹介

続きを見る

もし今は転職する気がなくても転職サイト・エージェントに今すぐ登録しておくことをおすすめします。

理由は、今は少しでも転職したい気持ちがあっても、これから仕事でストレス・疲労が限界に達すると転職サイトに登録する気持ちがなくなってしまうからです。

気になる求人情報をストックしておけば、転職というセーフティネットがはれて、疲労などで限界に達する前に転職という手を打つことができます。

転職サイト・エージェントは登録無料です。あなたの希望条件にあった求人が届くので今は転職しなくても登録しておきましょう。

弁理士資格が、30代におすすめの理由

デメリットよりもメリットの方が大きすぎかと思います。

①転職しやすい。

②弁理士資格合格者の平均年齢が高く、30代で取得しても資格の価値が高い

③難関資格であり、特許事務所から評価される。

④資格手当がつくため。

⑤法律事務所への転職も可能となる。

30代で一発逆転を狙うなら弁理士資格をおすすめします!

おすすめの通信講座はこちらです。

資格スクエア(「基礎・短答・論文パック」)➤質コストのバランスよし。

LEC (「1年合格ベーシックコース」)➤質よし。ただし高い。

スタディングの弁理士講座(「総合コース」)➤格安。ただし論文対策のアウトプット少な目。

詳しくはこちら。

弁理士試験の予備校の通信講座を徹底比較【1発合格者が厳選】

続きを見る

 

弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

特許・商標出願代行に加えサイト運営などのWEBコンサルのサービスも提供しています。

料金表などについてはこちらをご覧ください。

ツィッターでも発信中。フォローして頂けると嬉しいです!

Youtube始めました。チャンネル登録していただけると嬉しいです。

 

 

-弁理士

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.