プログラミング 副業

テクノロジーを勉強することをおすすめする理由と具体的な勉強内容

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!!

自己啓発のために何か勉強をしようと思っているけどなにを勉強しようか迷うよな。

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!!

今回は「テクノロジーを勉強することをおすすめする理由と具体的な勉強内容」というタイトルにてお話しします。

今回の記事は以下のような読者を想定しています。

・自己啓発のために何か新しいことを勉強しようと考えている方。

・プログラミングの勉強をはじめようと考えている方。

今回の記事を読めば、テクノロジーを勉強することの重要性と具体的な勉強内容を理解できます。

目次

スポンサーリンク

 テクノロジーを勉強することの重要性

じつは僕は弁理士という法律系の仕事をしていますが、テクノロジーについても勉強しています。

具体的には以下のような感じです。

 ・AI・ブロックチェーン技術などの勉強

 ・プログラミング言語の勉強

 ・アプリ系のプログラミング言語の勉強(今後やる予定)

 弁理士の仕事と関係ないじゃん!?と思うかもしれませんが、こうしたテクノロジーの勉強は今後ぜったいに役立つと思うので勉強しています。

 理由は以下のとおりです。

ポイント

 ・技術革新の変化についていくため

 ・スキルの掛け算でスキルアップをはかるため

 ・副業としてお金に結びつけやすい

 ・メインの仕事と組み合わせることで新たなビジネスを構築できる

 以下にくわしく説明していきます。

テクノロジーを勉強する理由1.技術革新の変化についていくため

技術革新の変化と企業の雇用形態の変化は、とても密接に連携しています。

・AIやブロックチェーンなどの技術革新にともない、今後はなくなる仕事が増えていく

・終身雇用の崩壊で定年まで一つの会社で働き続けることは難しい

終身雇用の崩壊は今年になって大きくニュースとなりましたが、5年後、10年後は大きく加速していくことが予想されます。

今後はおおきく雇用形態が変わっていきます。

その背景に技術革新が加速していることが大きいです。

つまり今後の働き方を考えるうえで現在の技術をしっかりと理解しておくことが重要です。

「AIって何?」「ブロックチェーンって何?」という感じだったら、社会にとりのこされてしまいます。

技術革新の変化についていくためにはテクノロジーを勉強することがとても重要です。

テクノロジーを勉強する理由2.スキルの掛け算でスキルアップをはかるため

今後は一つの会社でずっと働き続けることは幻想になっていきます。

会社のために働くのではなく、よそでも通用するスキルをみにつけるために働くという考え方が重要です。

そして、市場価値を高めるには、1つのスキルを磨くよりも複数の幅広いスキルを身につけておくのが重要です。

スキルの掛け算で希少価値をうみだして、よその会社でも欲しがられる人材となることが重要です。

僕の友人の弁理士は、弁理士業の実務ができるだけでなく、プログラミングもできます。

この場合には、(弁理士の実務)×(プログラミング)のスキルの掛け算です。

特許事務所の場合には、今後は事務員の人件費を削減するために事務的な手続きを自動化するシステムを導入したり、システムを開発するところが増えています。

このばあいに、このシステムを開発できる弁理士がいるととても強いですよね。

テクノロジーを勉強する理由3.副業としてお金に結びつけやすい

さらにプログラミング言語を習得していれば、副業としても稼ぎやすいようです。

いまはプログラミングのニーズが高まっており、あらゆる企業から仕事を受注できるようです。

とくにおすすめなのがWeb制作系です。

「HTML」「CSS」「Javascript」「PHP」「MySQL」をある程度マスターすればOKです。

プログラミングに詳しい友人曰く「HTML」「CSS」は1ヵ月あればマスターできるものであり、「Javascript」「PHP」「MySQL」についてもそれほど難しくないようです。

仕事はたとえばクラウドソーシングから請け負うことができます。

Web制作の単価は5~10万円あたりで手ごろの価格かなと思います。

テクノロジーを勉強する理由4.メインの仕事と組み合わせることで新たなビジネスを構築できる

さらに本業とプログラミングスキルを組み合わせることで新たなビジネスも構築できます。

たとえば、特許業務法人TORERUでは、商標とAIを組み合わせて商標登録を自動化できるサービスを構築しています。

特許業務法人TORERUの宮崎弁理士はプログラミングスキルももっていて、自ら商標登録を自動化できるシステムを開発したそうです。

そして2019年には公開商標公報代理件数で国内事務所ランキングで1位を獲得しています。

プログラミングスキルがあれば、本業とくみあわせて新たなサービスを構築できます。

ものすごいポテンシャルを持っていませんか。

ぼくもプログラミングを勉強中です。

テクノロジーのおすすめの勉強内容

具体的にテクノロジーについてどんなふうに勉強すればいいの!?

僕やプログラミングに詳しい友人の経験談から以下のように勉強するのがおすすめです。

・AI・ブロックチェーンなどの技術は入門書・動画を読んだり見て勉強する

・ワードプレスをやりながら「HTML」「CSS」を習得していく

・プログラミング言語はスクールを利用する

以下くわしく説明していきます。

まずはAI・ブロックチェーンなどの技術は入門書を読んだり、Youtube動画を見て勉強します。

まずは専門書ではなく敷居を低くして入門書を流し見するくらいの感じがおすすめです。

本はお金がかかるという方ならYoutube動画がおすすめです。

たとえば、イケハヤさんの解説動画なんかがおすすめです。

この動画はブロックチェーンを理解する上で参考になりました。おすすめです。

あとは、Web制作系のプログラミング言語を習得しておくとスキルの幅も広がるのでおすすめです。

「HTML」「CSS」の言語習得には無料で学べるドットインストールがあります。

ただし、本格的なものをつくろうと考えている場合にはプログラミングスクールに通うことが一番おすすめです。

かくいうわたくし士業男子やまもプログラミングスクールを無料体験コースから受講しています。

本格的にプログラミング言語を勉強するならスクールに通うことをおすすめします。

まずはWeb制作できるようになれば幅も広がります。

おすすめのプログラミングスクール3選

ここでおすすめのスクールを紹介しておきます。

ポイント

TechAcademy ※オンラインでプログラミングを学べる。1週間の無料体験あり!

TECH::CAMP  ※プログラミング教室でプログラミングを学べる

DMM WEBCAMP ※転職保障。全額返金保証つき。3カ月でスキルを習得できる

TechAcademyではオンラインでプログラミングを学べるので通学時間がもったいないという方におすすめです。

TechAcademyであれば、「WordPressコース」を選択することをおすすめします。

 費用は20万円くらいかかりますが、2カ月で身につけることができれば、その後にWeb制作案件を2件以上受注すればすぐに回収することができます。

 いきなり有料で申し込むと損をしないか不安だと思う方は、TechAcademyには2週間の無料体験コースもありますのでこちらをまず申し込んでみることをおすすめします。

 ちなみに12月30日現在、TechAcademyの無料体験コースを申し込み、無料のメンタリングを受けるだけでアマゾンギフト券500円分がもらえます。

 ただでもらえてお買い得なのでこれを機会に無料体験コースを申し込むのもよいと思います!

 TechAcademyの無料体験コースはこちらのサイトから申し込みできます。

実際にプログラミングスクールの無料体験を受けてみた

 じっさいに、わたくし士業男子やまもTechAcademyの無料体験コースを受講しました!

 無料体験コースでは以下のものを学ぶことができました。

ポイント

●Webページの基礎

●HTML

●CSS

●Javascript

 とくにWeb制作では「HTML」と「CSS」は絶対に学ぶべきものなので、無料体験を機会にじっくりと学ぶことができます!

 また、無料体験コースではメンターの方と1度だけビデオ通話をすることができます。

 メンターと今後の学習の相談などもできるのでおすすめです。

 またわからないところがあればチャットでメンターに質問もできてとても便利です。

 自宅で無料でお手軽にプログラミング言語を学べて便利なので今すぐにでも始めることをおすすめします!

 無料体験コースはこちらのサイトから申し込みできます!

 

 以上

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。たとえば、特許事務所の求人などもOKですのでお気軽にご連絡ください!

-プログラミング, 副業

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.