仕事

残業しないで勉強した方がメリットがありすぎる話

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです。

僕は昔は社畜でしたが、残業すると損しかなかったので定時に帰り副業にブログを始めました。

その結果がこちらです。

「残業って意味があるのかな!?」

「残業しない方法を知りたい」

「定時に帰って何を勉強すればよいのだろうか?」

こうした疑問に答えます。

〇本記事の内容

残業しないで勉強すべき理由

残業しない方法

残業しないで何を勉強すべきか

残業しないで勉強すべき理由

残業しないで勉強すべき理由

 残業しないで勉強すべき理由は以下のとおりです。

・終身雇用が崩壊したので残業に意味がなくなった

・これからはスキルの分散が重要

 働き方改革でたいていの会社が残業することを肯定的にとらえることはなくなりました。

 それにも関わらず、夜遅くまで働き続けるのは正直どうかと思います。

 もちろん仕事が好きでやっている人もいますし、自分のためにやっている人もいると思います。

 しかし、今では終身雇用が崩壊してあなたがずっとその会社で働き続けることは困難です。

 そこで、スキルの分散化がとても重要です。

 スキルの分散化のためには勉強です。

 僕の場合には、本業の弁理士業に、副業のブログ(SEO、ライティング、WEBマーケティング)の勉強でした。

 

 社会人の1日の平均勉強時間はたったの6分です。

 例えば、毎日2時間勉強を継続すれば、それだけで圧倒的に差別化できます。

 また、勉強を継続していれば、35歳を過ぎても脳の活性も維持されます。

 一方、残業残業の毎日で働き続け会社でしか通用しない仕事ばかりしていると40代になって早期退職に追い込まれるとどうしようもなりません。

 スキルを分散化するために、帰ってしっかりと勉強すべきです。

残業しない働き方が重要です

残業しない働き方が重要

  残業しない働き方って重要です。

  残業する理由はさまざまですがまとめると以下のような感じかなと思います。

・仕事がおそいから

・仕事が好きでやっているから

・仕事が速いが上司から仕事をたくさんふられるから

 仕事がおそい方は残業することは仕方がないかもです。

 仕事に慣れて少しでもはやくこなせるように考えながら仕事をしていくのがベストです。

 仕事が好きでやっている人も好きでやっている以上残業しないほうがいいとは言えません。

 問題は「仕事が速いけど上司から仕事をたくさんふられて残業をせざるをえない人」です。

 こういう人は、会社でいいように扱われているだけです。

 仕事が速いならちゃっちゃとすませて定時に帰ってアフター5を勉強に過ごしたほうがメリットありすぎです。

 

 おそくまで残業をしている方は働き方を見直した方がいいかもです。

 いやうちの会社は副業できないしとか上司が怖くて断れないんだよねと言う方は辞めて別の職場を探せばOKです。

 やめれないなら退職代行を使いましょう。

残業しない方法

残業しない方法

 残業しない方法は4つあります。

ポイント

①会社のために定時に帰るということを意識すること

メンタルを強くすること

③重要なことは朝にすませること

④マスクをつけて仕事をすること

 順番に説明します。

①会社のために定時に帰ることを意識する

 会社のために定時に退社するという意識を持っておいた方がいいです。

 本来は1日の実働時間で十分な仕事をして、定時に帰るのが推奨されるはずです。

 なぜなら、それ以上仕事をすると、会社は不要な残業代を支払わなければならないですし、残業をしすぎて社員の体調を壊したりするとなると、会社にとっても対応できないからです。

 会社のために定時に帰るという意識ももった方がいいと思います。

②メンタルを強くすること

 最後にメンタルを強くすることが重要です。同僚から早く帰ることに対して嫌味を言われたとしても気にしないくらいの強いメンタルを持つことが重要です。

 メンタルが弱いと、定時に周りを気にして、なかなか同僚に向かって「お疲れさまでした」と言い辛いかもしれません。

 しかし、むしろ、遅くまで残業している人がいるせいで、自分が定時に帰れないと考えた方がいいです。

 メンタルを強くして定時に堂々帰りましょう。

③重要なことは朝にすませること

 朝が一番脳が活性化する時間といわれます。

 一方昼ごはん食べた後は眠くなりやすく仕事になかなか集中できません。

 このため、朝に重要な仕事を優先的にやるのが定時までに仕事を仕上げるコツです。

④マスクをつけて仕事をしよう

 マスクをつけながら仕事をするのもありと思います。

 もちろんうそはいけませんが、マスクをつけるだけで帰りやすい空気は作れます。

 マスクを積極的につけて仕事をするのもおすすめです。

残業しないで何を勉強すべきか

残業しないで何を勉強すべきか

 では、あなたは残業をしないでどんな勉強をすべきでしょうか。

 短期間で効率よく勉強できるおすすめのものを3つ紹介します。

①英語

 英語は学生・社会人問わず重要です。

 勉強の中でも一番社会人がとっつきやすいものといえます。

 英語ができると以下の利点があります。

ポイント

海外クライアントとの窓口の役割を担当でき、年収アップが見込める。

海外からの情報も簡単に入手でき視野が広がる

物価の安い海外で快適に暮らせる

 英語は独学でも可能ですが、苦手ならプロのメンターがついたスクールがおすすめです。

②資格

資格は役に立たないと言われています。

しかし、独占業務の資格をとれば、ジョブチェンジもやりやすいです。

もし今の仕事を抜け出したいという方におすすめです。

あるいは今の仕事を本業とし、副業に資格をとるというのもありかもしれません。

本ブログでは短期間で合格できる資格の勉強法を紹介しています。

③プログラミング

 最後におすすめするのがプログラミングです。

プログラミングというと難しそうなイメージもありますが、Web制作なら2~3カ月でマスターできます。

Web制作を学べばさらにそこを土台として開発系のプログラミングも学んでいけます。

 プログラミングを始める利点は以下のとおりです。

ポイント

副業で稼げる。

本業×プログラミングの組み合わせで独自のサービスを提供でき、うまくいけば圧倒的に稼げる。

 本業とさらに別スキルとしてプログラミングがあれば副業で稼げるだけでなく、さらに新たなビジネスを構築できて圧倒的に稼ぐことができます。

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-仕事

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.