特許 特許-特許事務所

特許事務所の職場環境はスキルを磨くには最高の環境です。その理由をお話しします。

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

今回は、特許事務所の職場環境についてお話しします。

この記事を読むメリット

 特許事務所の職場環境の独特性がわかる。

 特許事務所の職場環境がスキルを磨くのに最高の環境であるかわかる。

目次です。

 特許事務所は独特な職場環境である

f:id:mayaaaaasama:20190331213634j:plain

 前回の過去記事では、特許業界には様々な職種があることをお話ししました。その過去記事はこちらです。

www.mayaaaaasama.com

  今回は、その中でも、弁理士、特許技術者、特許事務員が勤めている特許事務所の職場環境についてお話しします。この職場環境は、普通の企業の職場環境とは異なる独特な環境です。

f:id:mayaaaaasama:20190410202019p:plain

 僕は、特許事務所のうち、零細特許事務所を2か所、大手特許事務所を1か所経験し、大手企業の知的財産部にも勤めています。そして、特許事務所の職場環境と、企業の職場環境の違いに驚かされています。おそらく、企業経験者が、特許事務所に転職すると、その独特の職場環境に驚くかもしれません。
 それは、いい意味も悪い意味もあります。人によっては、その独特な点が全ていい意味にとらえられるかもしれません。
 特許事務所の職場環境が独特な点は以下の通りです。これらの点は、僕が今までに経験した特許事務所に共通する点です。またその他の特許事務所に勤める知人からも聞いた話も踏まえて、僕が経験していない特許事務所にも共通すると思える点です。
 以下の点を見てみると、スキルを磨くには最高の環境であることがわかると思います。

・職場環境が静寂すぎる点
・飲み会がほとんどない点
・ワークスペースが広すぎる点
・仕事中に音楽が聴ける点
・単純作業がほぼない点
・出勤時刻がほぼ自由な点
・出張がほぼない点
 以下順番に説明します。

「静寂すぎる空間」

f:id:mayaaaaasama:20190410202353j:plain

 特許事務所の職場は静寂すぎます。弁理士、特許技術者、特許事務員のほとんどが誰もしゃべりません。所員の皆さんは、黙々とパソコンに向かってキーボードを叩きながら仕事をしています。このため、聞こえるのはキーボードの音だけです。そして、キーボードの叩く音でこの人がイライラしているなとか分かっちゃいますwとても静寂な空間です。
 この環境の良しあしは人によって異なると思います。会社でもわいわい楽しく仕事をしたい人にとっては物足りない環境であると思います。
 その一方で、これは集中して仕事をできる環境ともとれ、スキルを磨くには最高の環境であると思います。
 そして、黙々と仕事をして売上を稼ぎたい人にとってはよい環境であると思います。
 特に内向的な人にとっては人付き合いがほぼないのでよい環境であるともいえます。
なお、内向的な人が特許事務所で働くのに向いている理由は過去記事でも紹介しています。

www.mayaaaaasama.com

 「飲み会がほとんどない点」

f:id:mayaaaaasama:20190316170155j:plain

 特許事務所では、事務所全体での飲み会はほとんどありません。僕は、零細特許事務所でも2か所の事務所で働きましたが、新人歓迎会がほとんどでそれ以外はありません。ただ、特許事務所は出入りが多いのでw新人歓迎会は年に2~3回ほどあります。一方、企業で勤めているときは、月に2~3回ほど知財部全体での飲み会の誘いがきました。その企業特有かもしれませんが、企業に比べると特許事務所の飲み会はほとんどないと言ってもいいです。

 飲み会を否定するわけではありませんが、飲み会に参加すると翌日に体調を壊したりして仕事がはかどらなくなる場合もあります。スキルを磨くためにはできる限り飲み会の参加は控えたほうがいいですが、人間関係を考えるとなかなか断りづらいのが実情であると思います。これに対し、特許事務所では、飲み会はほとんど行われないため、飲み会で体調を崩したりすることなくスキルを磨くことができます。 

「ワークスペースが広すぎる点」

f:id:mayaaaaasama:20190410203342j:plain

 特許事務所では、実体的な仕事をする弁理士、特許技術者のワークスペースは広いです。これはなぜかというと、仕事の案件はファイルで管理しており、どんどん仕事をこなすとファイルが溜まってくるためです。また、特許法などの基本書をおいておく本棚のスペースも必要であるためです。ほとんどの特許事務所では、個々のスペースにしきりが立てられています。このしきりの高さは、通常、座った状態の視線の高さよりも高いことが多く、外部を気にすることはほぼありません。自分のワークスペースが部屋のような感じです。一方、企業にいるときのワークスペースではこのようなしきりはありません。おそらくほとんどの企業がしきりで囲まれたワークスペースで働くことはないと思います。

 このように、ワークスペースが広く、しきりで囲まれており、あたかも自分の部屋で仕事をしているかの環境ですので、集中して仕事に取り組むことができます。このため、スキルを磨くには最適な環境です。


 
「音楽が聴ける点」

f:id:mayaaaaasama:20190410203619j:plain

 特許事務所では、実体的な仕事をする弁理士、特許技術者は音楽を聴きながら仕事をすることができることが多いです。これはおそらくたいていの企業では禁止されているものであると思います。

 音楽を聴くことがスキルの向上に直結するかどうか個人によりますが、音楽を聴くと集中できるというような方であればスキルを磨くのに最高の環境であると思います。


「単純作業がほぼない点」

f:id:mayaaaaasama:20190316183047j:plain

 弁理士、特許技術者は、単純作業はほとんどありません。ここでいう単純作業とは、クライアントへのレターの作成、特許庁への書類の手続き(書類は電子データにてオンラインで特許庁へ手続きします。)、請求書の作成など、専門的なスキルを要求しない作業をいいます。これらの作業は、通常、特許事務員が担当します。弁理士、特許技術者は、専門的なスキルが必要な実務を担当します。このため、1日の仕事のほとんどが、このような実務を担当しますので、効率よくスキルを向上できます。

 一方、知的財産部の場合、特有のスキルを身につけることができますが、発明者から代理人への橋渡し役の役割があり、単純作業の割合が多いように思います。

 このように、特許事務所の場合は、(弁理士、特許技術者にとって)単純作業がほとんどなく、スキルを磨くには最高の環境であると思います。

「出勤時刻がほぼ自由である点」

f:id:mayaaaaasama:20190410205908j:plain

 特許事務所ではフレックス制が積極的に導入されており、出勤時刻がほぼ自由な特許事務所が多いです。もちろん常識的な範囲内での話ですが、例えば、午前11時に出所しても問題ありません。但し、その分夜遅くまで仕事をする必要があります。

 例えば、通勤時間に1時間かかる場合に、朝7~8時に電車に乗ると満員であり、それだけでストレスもたまります。このストレスの影響により仕事が上手くはかどらないことがあると思います。一方、時間をずらして満員電車を避ければ、このようなストレスが低減され、朝から仕事に集中できると思います。

 このように、自分の好きな時間に合わせて仕事をできることは、スキルを磨く上で重要と思います。

「出張がほぼない点」

 特許事務所では出張がほとんどありません。あるとしても打合せくらいですが、そんなに頻繁に打合せがあることもないですし、最近ではスカイプ面談が主流ですので出張しないことが多いです。

 一方、企業で働くと出張が多いです。月に2~3回は遠方に出張することが多いと思います。この場合、出張で新幹線に乗っているだけで半日の時間を費やすこともあります。これでは、なかなかスキルを磨くことが難しいと思います。

 これに対し、特許事務所では出張がほとんどなく、自分のオフィスデスクに向かって仕事なのでスキルを一層向上できます。但し、ほとんど出張がなく、事務所で引きこもるのでそのあたりに物足りなさは感じるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190316165322p:plain

 いかがでしたか。特許事務所の職場環境は独特で、とまどうかもしれませんが、スキルを磨くのに最高の環境であると思います。もし、特許業界への転職を考えている場合はご参考になればと思います。

 また、特許業界への転職に関していくつか過去記事を作成しましたのでもしよければご覧に頂ければと思います。

 

www.mayaaaaasama.com

  

www.mayaaaaasama.com

また、何かご不明な点などあればyamatenisanアットマークgmail.com(個人用アドレス)かツィッターまでご連絡いただければと思います。ツィッターはDMでも構いません。

以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.