とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisanアットマークgmail.comまでお願いします。

仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由

僕はとある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20190131191325p:plain

 僕の本業は弁理士をしており、特許明細書を作成しています。この明細書の作成により身につけた文章力を活かして、今はブログをせっせと書いています。

 ほぼ毎日ブログを継続しており、今では月に3万円の収益が発生しているので、これは副業といってもいいかなと思います。

 ここで読者の方は、なぜ、弁理士という仕事をしている中で、ブログという副業をしているのか疑問に思うかもしれません。

 そこで、今回は、仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由についてお話ししたいと思います。

 なお、今でも副業を禁止している企業もありますのでこの記事は、そのような企業に勤めている方にも積極的に副業を勧めているわけでありません。この点ご承知おきください。

目次です。

仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由

f:id:mayaaaaasama:20190401202112j:plain

 それでは、「仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由」をお話しします。それは以下の点です。

(1)お金を稼げるから

(2)今後、自分でビジネスを始めてお金を稼ぐことが重要になると思うから

(3)副業で得られた知識が本業と結びつき新たなビジネスを生み出すきっかけとなりうるから

(4)今後、スキルの一極集中より分散化の方が重要になると思うから

 (1)は当たり前かなと思いますwこれについては当たり前すぎるので説明は不要と思います。

 (2)について、今や終身雇用が当たり前でなく、技術革新によりこれからどんどん職業の多くが消えようとする中で、雇われてお金をもらうというあり方だけでは十分でなく、自分でビジネスをして収益を発生させることは重要であると思います。

 (3)について、副業により本業では得られない新たな知識を習得できることがあります。それが本業と結びついて新たなビジネスを生み出すきっかけとなりうると思います。

 そして、特に重要と思うのは「(4)スキルの分散化の方が重要になると思う点」です。これについて以下、説明します。

今後はスキルの分散化が重要になる

f:id:mayaaaaasama:20190331152813j:plain

 まず、この「スキルの分散化」とはどういうことか説明します。これは、本業以外にも幅広くスキルを身につけた方がいいということです。現在、AIやブロックチェーン技術などの技術革新が凄まじく、既存の職業が無くなろうとしています。そして、この技術革新により、今後どうなっていくか予測することが難しいと思います。これについて、僕は以前にツィッターでも呟いています。

 そうすると、本業にスキルを一極集中させることは、(その本業の仕事がなくなることを踏まえると)リスクがあるように思えます。このため、本業の仕事がなくなっても対応できるように、本業以外にスキルを分散させることが重要と思います。そして、その分散させるスキルはお金を稼げるものでないと意味がありません。このため、副業にスキルを分散させることが重要と思います。

 僕は弁理士という仕事をしていますが、弁理士という仕事も技術革新により消えるかもしれません。そうすると、弁理士業でスキルを一極集中させるよりも副業で本業だけでなく副業にスキルを分散させていくのよいと思っています。

どのような副業をすべきか

f:id:mayaaaaasama:20190401224247j:plain

 では、副業にスキルを分散させるにあたり、どのような副業をすべきかについてお話しします。その副業とは以下の2点であると思います。

・仕事で身につけたスキルが活きる副業をする。

・準備期間が短く、すぐにお金に直結することをする。

 まず、「仕事(本業)で身につけたスキルが活きる副業をする」ことが重要と思います。これは単純に本業と関係のない分野で副業を始めても利益になかなか直結できないと思うからです。また、本業と関係のない分野で副業を始めると、その副業を成功するための勉強時間がかかります。その勉強のために時間だけでなくお金もかかってしまうこともありますのでかえって損をすることにもなります。僕の場合は、弁理士という職業上、文章力を身につけたので、そのスキルが活きるブログをはじめました。

 次に、「準備期間が短く、すぐにお金に直結することをする」ことが重要と思います。例えば、副業を始めるにあたり、その副業のための勉強期間が必要であれば、その時点で挫折すると時間の無駄になります。準備期間を短くし、すぐにお金に直結する副業がよいと思います。

事例:弁理士が副業としてブログを始めた理由

f:id:mayaaaaasama:20190401215028p:plain

 以上、「仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由」についてお話ししましたが、漠然としたイメージをもたれた方も多いと思いますので以下では僕個人の例を挙げます。具体的事例として、弁理士である僕がブログを副業に始めた理由と、始めてから現在に至るまでの経緯についてお話しします。

弁理士という仕事が消えるリスク

 現在、上述した通り、タクシー業界やはんこ業界が技術革新とともに消えようとしています。今の技術革新の恐ろしさは、あまりにもすさまじいため今後の将来を予測できないところにあると思います。AIやブロックチェーン技術などの発達により、弁理士による特許明細書の代筆業がなくなる日もそう遠くないかもしれません。そうすると、弁理士業の一極集中でスキルを高めることはリスクが高いように思います。

 そこで、僕は、スキルを弁理士業以外に分散化させることが重要であると考えました。僕は、上図の通り、特許明細書の作成を通じて、文章力(文章作成スキル)を身につけたので、副業としてブログをやってみようと考えました。この文章作成スキルというのは、論理的な文章の構成の立て方、読み手によみやすい文章の書き方などが当てはまります。

ブログは「スキルが活きる副業」「お金にすぐに直結する」という2つの条件を満たす

 ここで、ブログ以外に副業として、専門性を生かして講師、講演特許翻訳なども考えられました。しかし、講師、講演については仕事にたどりつくまでに相当の時間を要します。また、これらの仕事を担当するには相当な対人スキルも要求されます。このため、講師、講演という実践に至るまでに準備が必要です。また、特許翻訳についても、特許翻訳家と匹敵するほどの英語力を身につけなければならないですし、英語の勉強という準備が必要です。すなわちこれらはいずれにおいても準備期間が必要であり、お金にすぐには直結しないのです。

 これに対し、ブログの場合には、準備が不要です。ブログを立ち上げるのにそれほど時間は要しませんし、これまでの文章作成スキルをブログにそのまま適用すれば書けます。このため、ブログは、「仕事で身につけたスキルが活きる副業」「お金にすぐに直結する」という2つの条件を観たいしています。

自分で0から稼いで収益が発生することの重要性

 そして、ブログを始めることによって、上図のように月3万円という収入が発生しました。これは自分で始めたビジネスです。副業による収入は本業による収入よりも当然低いですが、自分で0から稼いだという点で、その価値は本業による収入よりも大きいように思います。そして、これが起点となり新たなビジネスを自分で生み出せるきっかけとなります。今や終身雇用が当たり前でなく、技術革新によりこれからどんどん職業の多くが消えようとする中で、自分でビジネスをして収益を発生させることは重要であると思います。

副業による異なる分野での知識も習得できる

 またブログを始めることにより、ブログを起点とした新たな知識も深まります。例えば、Googleに上位検索されるためにSEOの知識、アフィリエイトのためのWebマーケティングの知識、ブログのアクセス数を稼ぐための現在のトレンドの知識、HTML、CSS等のプログラミングの知識などです。これらの知識を深めることにより、スキルを幅広く分散できます。このような知識が副業でなく、本業である弁理士業においてもつながりをもち、新たなビジネスを生み出すことも考えられます。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190329204012p:plain

 いかがでしたか。今後、本業でスキルを一極集中させるよりも、副業もしてスキルを分散させるのがよいと思います。これから副業を始めようとする方にご参考になればと思います。

以上