勉強 社会人

社会人こそ勉強すべき理由【最短で身につく勉強内容も紹介】

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです。

僕は社会人になってからも勉強を続けています。

弁理士試験➤技術・法律の勉強➤SEOの勉強➤プログラミングの勉強

こんな感じで勉強を続けて、今は特許事務所を開設しており、ブログでも月20万円の収益を達成しています!

「社会人は何を勉強したらよいの!?」

「社会人はどのようにすれば勉強時間を確保すればいいの!?」

こんな疑問に答えます。

〇本記事の内容

社会人が勉強すべき理由

社会人が勉強時間を確保する方法

社会人が勉強する環境はどこがいい!?

社会人が勉強を継続する方法

社会人は何を勉強すべきか

今回は、20代・30代の社会人で何を勉強したらよいか分からない方におすすめです。

社会人が勉強すべき理由はたった1つ

社会人が勉強すべき理由はたった1つ

 社会人こそ勉強すべき理由はたった1つです。 

 それは人生が楽になるからです。

 社会人の1日の平均勉強時間は6分であり、ほとんどの社会人が勉強していません。

 勉強することで、他人と圧倒的に差別化でき優位にたてます。

 また、1つのことを勉強すれば、その勉強のノウハウは他のことに応用できるため、勉強すればするほどスキルがたまっていきます。

 僕の事例を用いて具体的に説明します。

・弁理士試験の勉強➤弁理士の実務の勉強➤ブログ(SEO・ワードプレス)の勉強➤プログラミングの勉強

 1つのことを勉強すれば、その継続力・勉強ノウハウ・達成した自信などが糧になり、他のことの勉強も簡単にとりくめます。

 複数のスキルをみにつけることができれば希少価値の高い人間となり、人生が楽になります。

 しかし、社会人の中には、忙しくて勉強時間が確保できない、という方もいると思います。

 そこで以下では勉強時間を確保する方法を解説します。

社会人が勉強時間を確保する方法は5つある

社会人が勉強時間を確保する方法は5つ

 勉強時間を確保する方法は5つあります。

ポイント

①朝を有効に活用すること

②隙間時間を有効に活用すること

③平日の飲みを避けること

④運動時間を有効に活用すること

⑤残業を避けること

 順番に説明します。

①朝を有効活用

 まずは早起きをして、朝に勉強する習慣を身につけましょう。

 朝は脳が活発に働く時間帯なので、勉強するのに最適です。

 出社前に自宅で1時間勉強するとか、職場の近くの喫茶店で勉強するのもおすすめです。

 朝に勉強すると、1日を快適に過ごせるのでおすすめです。

②隙間時間を有効活用

 次に隙間時間も有効に活用しましょう。

 今ではスマホ1つでオンライン講座を視ることができます。

 例えば、電車通勤中にスマホでオンライン動画を見ながら勉強すれば、30分~1時間の勉強時間を確保できます。

③平日の飲みを避ける

 次に、会社の飲み会は避けましょう。

 飲み会に慣れると勉強を継続することがやりにくいです。

④運動時間も有効活用

 次に、運動時間も有効活用すべきです。

 たとえば、ウォーキングやジョギングで体を動かしている間は、1日に勉強したことの復習を頭の中でやってみることをおすすめします。

⑤残業を避ける

 最後に、残業は避けましょう。

 残業しすぎると勉強を継続するのは難しいです。

 残業してもスキルを学びたいというなら話は別ですが、残業するよりも帰って勉強した方がコスパよいです。

 残業を避けられない職場なら辞めたほうがよいかもです。

勉強に必要なのは集中できる環境

社会人が勉強するためには、勉強時間を確保するだけではなく、勉強場所も確保することが重要です。

以下では、おすすめの勉強場所を紹介します。

社会人におすすめの勉強場所は3つ

社会人におすすめの勉強場所

社会人におすすめの勉強場所は3つあります。

①自宅

②喫茶店

③図書館

 本気で勉強を始めるなら自分の部屋を勉強部屋にしましょう。

 といっても机と椅子があればOKです。

ただし、自宅で勉強ばかりしているとマンネリを感じることがあります。

そこで喫茶店で勉強するのもありです。(ただし、長くい続けると店の人に迷惑がかかりますので気をつけましょう。)

あるいは図書館の自習室で勉強するのもおすすめです。

ただし、メインは、自宅部屋として勉強しましょう。

勉強時間と勉強部屋を確保できれば、あとはひたすら勉強します。

以下では勉強を継続する方法をお話しします。

社会人が勉強を継続するコツは2つある

社会人が勉強を継続する方法は2つ

 勉強を継続するコツは以下の通りです。

ポイント

「現実的な目標を掲げること」

「お金に直結する勉強をすること」

 この「2つ」だけを知っておけば継続できるようになります。

 順番に説明します。

①現実的な目標を掲げること

 まず、勉強を継続するにあたり、現実的な目標を掲げましょう。

 例えば、TOEIC550点の方ならいきなり950点を目指すよりもまずは750点を目指しましょう。

いきなり大きな目標を掲げると挫折してしまいます。

 小さな目標を掲げて達成しても達成感がでます。

 達成感が出ると、また目標を掲げて勉強を継続できます。

 小さな目標➤達成➤また小さな目標➤…の繰り返しが継続のコツです。

②お金に直結する勉強すること

 次に、お金に直結する勉強をしましょう。

 学生と違って社会人だと将来の投資というより現実にお金につながる勉強をすることが重要です。

 お金を稼ぐことを考えればモチベーションも上がります。

 ここで、具体的に、どのくらいの期間をやれば、どれくらいのお金が稼げるようになるのか考えて勉強すればOKです。

・Web制作の勉強➤2~3カ月勉強すれば月に5~10万円を稼げる

・弁理士の勉強 ➤勉強の期間は1~2年。弁理士の資格をとれば、月に10万円の資格手当がつく。

 それでは以下におすすめの勉強内容を紹介します。

社会人におすすめの勉強内容は3つ

社会人におすすめの勉強内容

 社会人におすすめの勉強のポイントは以下のとおりです。

社会のニーズにあうもの

お金に直結するもの

 勉強内容は以下の3つです。

ポイント

①英語

②資格

③プログラミング

順番に説明します。

①英語

 英語は学生・社会人問わず重要です。

 勉強の中でも一番社会人がとっつきやすいものといえます。

 英語ができると以下の利点があります。

ポイント

海外クライアントとの窓口の役割を担当でき、年収アップが見込める。

海外からの情報も簡単に入手でき視野が広がる

物価の安い海外で快適に暮らせる

②資格

資格は役に立たないと言われています。

しかし、独占業務の資格をとれば、ジョブチェンジもやりやすいです。

もし今の仕事を抜け出したいという方におすすめです。

あるいは今の仕事を本業とし、副業に資格をとるというのもありかもしれません。

本ブログでは短期間で合格できる資格の勉強法を紹介しています。

資格の勉強法を難関資格試験に1発合格した僕が解説

続きを見る

③プログラミング

 最後におすすめするのがプログラミングです。

プログラミングというと難しそうなイメージもありますが、Web制作なら2~3カ月でマスターできます。

Web制作を学べばさらにそこを土台として開発系のプログラミングも学んでいけます。

 プログラミングを始める利点は以下のとおりです。

ポイント

副業で稼げる。

本業×プログラミングの組み合わせで独自のサービスを提供でき、うまくいけば圧倒的に稼げる。

 本業とさらに別スキルとしてプログラミングがあれば副業で稼げるだけでなく、さらに新たなビジネスを構築できて圧倒的に稼ぐことができます。

社会人の勉強のまとめ

社会人の勉強のまとめ

 勉強には、行動力×継続力×修正力が重要です。

 今すぐに勉強をはじめることをおすすめします。

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-勉強, 社会人

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.