特許 特許-特許事務所

技術者、エンジニアが特許事務所に転職することをおすすめする理由|未経験でもOKです。

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 今回の記事は、研究者やエンジニア向けの記事です。

 研究者やエンジニアに勤めているけれど、適性が合わずジョブチェンジを考えている方に読んでもらいたいと思います。

 結論から言うと、研究者やエンジニアの方にジョブチェンジの選択肢の1つとして特許事務所をおすすめするというものです。

 ちなみに僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

目次です。

スポンサーリンク

特許技術者ってどんな仕事!?

f:id:mayaaaaasama:20190331150030j:plain

技術者やエンジニアなら、特許事務所へジョブチェンジすることも選択肢としていいと思います。
特許事務所に入ると特許技術者として働きます。

ここで、「特許技術者って何それ!?どんな仕事」と思うかもしれません。
特許技術者について説明します。

特許技術者の仕事は、「弁理士」の監視下、発明の特許権利化をサポートする仕事です。
具体的な仕事は、以下の通りです。

・特許明細書の作成

・意見書及び補正書の作成(特許明細書における特許審査官の不備の指摘に対して応答する書類の作成です。)

おそらく技術者、エンジニアの方であれば発明の特許をとるために、特許明細書の作成に携わった方も多いと思います。そ
の特許明細書を作成したり、意見書、補正書を作成したりするのが特許技術者の仕事です。

「特許技術者」の仕事のほとんどは特許明細書の作成です。
発明の技術的な思想を理解し、その思想と、特許法を踏まえて、より広く権利を取得できるように明細書を作成します。

ほぼデスクワークであり、この法律文書を作成します。

そして、弁理士の資格に合格できれば、「特許技術者」から「弁理士」へステップアップすることもできます。

特許事務所への転職をおすすめする理由

弁理士である僕が特許事務所への転職をおすすめする理由は以下の通りです。

・30代~40代でも転職は可能

・これまでの技術のバックグラウンドを生かせる

・1~3年である程度のスキルを習得できる

・特許明細書を書くことができれば更にステップアップでき、高収入も可能

以下順番に説明します。

「30代~40代でも転職は可能」

f:id:mayaaaaasama:20190331151952j:plain

「30代以降だと異業種へのジョブチェンジは難しいだろうな・・・」

そう思う方も多いと思います。
しかし、特許事務所への転職は30~40代であっても比較的容易です。

この業界はとてつもなく人材不足に陥っています。
いい人を紹介すれば数万円の報酬を出す特許事務所もあるくらいです。

また、特許事務所は40代が圧倒的に多く、30代は若手の部類です。
このため、ジョブチェンジしても新人として違和感なく溶け込めます。

30代前半なら歓迎されますし、未経験であっても現状の給料と同額の給料を提示する特許事務所も多いと思います。

30代後半でも問題ありません。

40代であってもある程度の役職・肩書についていれば歓迎されますし、特許事務所によっては受け入れるところも多いです。

このように、まず容易に転職できるという点がおすすめできる理由として挙げられます。

「これまでの技術のバックグラウンドを生かせる」

f:id:mayaaaaasama:20190331152813j:plain

ジョブチェンしても「これまでに身につけてきた技術のバックグラウンドを生かしたいな」と思うかもしれません。

特許事務所に転職しても技術のバックグラウンドは十分に生かせます。

特許技術者として働くと、自分の専門分野に近い技術を担当することになりますので、これまでの技術のバックグラウンドを生かせます。

補足ですが特許明細書は、技術的思想と、特許法を文書に当てはめたものであり、技術的思想については特に苦労することなく対応できると思います。

このように、これまでの技術のバックグラウンドを生かせる点も大きいと思います。

「1~3年である程度のスキルを習得できる」

f:id:mayaaaaasama:20190331153715j:plain

「一人前のスキルをみにつけるためにどのくらいかかるの!?」
「専門性が高そうだし、結構時間かかりそうだよなあ・・・」

こんな不安を感じるかもしれません。
1~3年である程度のスキルを習得できます。

1~3年としたのは個人差と、特許事務所の環境からです。

この業界のスキルのほとんどは、特許明細書を書けるスキルです。
このスキルさえあれば普通に食べていけますし、転職を繰り返すことも容易です。

このスキルを身につけるためには、特許事務所で所長や熟練者から指導を受けて学ぶとともに、主体的に勉強していくことが重要です。

効率よく学べば1年である程度書けるようになります。
これは特許事務所の環境にもよります。

比較的短期間でスキルを身に着けることができるのも特許事務所への転職をおすすめする理由です。

 「特許明細書を書くことできれば更にステップアップでき、高収入も可能」

f:id:mayaaaaasama:20190331154943j:plain

一番気になるのは「収入」であると思います。

この点、特許明細書を書くことができれば、高収入も可能です。

実はこの業界、特許明細書を書ける人が少ないのです。
このため、特許明細書を書ければ特許事務所として重宝されます。

また、ほとんどの特許事務所は、売上で給与が評価される事務所がほとんどです。

特許明細書は1件あたりの単価が20~30万円であり、意見書は、1件当たりの単価が10万円であり、特許明細書を月に8件、意見書を月に4件書ければ、月に平均240万円を稼げます。

一般に給料は、売上の1/3ですので年収は1000万円弱になります。

結構夢がある仕事です。

実際、僕も1流企業の平均年収よりも多く稼いでいます。
但し、企業と異なり福利厚生はほぼ充実していないのでそこはご注意ください。

このようにスキルを磨ければどんどん高収入を実現できますので、そこも魅力の1つと思います。

失敗しない特許事務所の選び方

f:id:mayaaaaasama:20190907173250j:plain

以上のように、特許事務所への転職をおすすめします。

ただし、特許事務所には、待遇の悪いブラックの事務所もあります。

そこで転職して失敗しないためには「特許事務所の選び方」が重要です。

具体的には、特許事務所の情報を予めしっかりとつかんでおくことです。

しかし、なかなかネットなどの情報だけではうまくいきません。

そこで転職エージェントを利用して慎重に転職活動をすすめることをおすすめします。

以下に特許専門の転職エージェントとして代表的なものを紹介します。

特許事務所に特化した転職エージェントとしては、以下の2つが挙げられます。

リーガルジョブボード※求人案件数が多い。簡単に無料登録でき、特典多い。まずはこちらを登録しましょう!

まずはリーガルジョブボードについて無料登録をすることをおすすめします。
こちらのサイト」からも無料で簡単に会員登録できますよ~。

リーガルジョブボードでは、特許専門のエージェントから、具体的な特許事務所の内情を聞けたり、内定までの転職活動をサポートしてもらえたり、更にお祝い金ももらえたりできます。
 これほどの特典は他のエージェントにはなくおすすめです。

 このブログからリーガルジョブボードへの無料登録を済ませると、特許事務所経験豊富な私が履歴書と経歴書を添削する特典もあります!
 未経験の方にとっては自分の強みが分からない方も多いと思います。そのような方のために添削させて頂きます!
 もちろん、転職エージェントによる添削サービスもありますが、実際に特許事務所を転々とした者からの添削も有益と思います。
 ぜひ利用していただければと思います。

 

ただし、事務所を選ぶのは自分であり、エージェントに流されないようにしましょう。

最後に余談ですが、今は特許事務所はどこも人材不足であり、優良の特許事務所に入れるチャンスは高いです。

今後、終身雇用の崩壊に伴い特許事務所への流入が増えてくることも予想されますので早めに動くことをおすすめします。

また、このブログでは、失敗しないための特許事務所への転職活動のやり方の記事を詳しく書いていますのでこちらもご参考ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

以上

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.