とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisanアットマークgmail.comまでお願いします。

プライド捨てると人生が豊かになる理由

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

僕は弁理士でして、クライアントから先生と呼ばれて仕事をしています。

先生と呼ばれるような仕事をした人は、プライドが高いような印象をもたれるかもしれませんが、僕はほとんどプライドを持っていません。プライドを捨てています。

そして、プライドを捨てていることで、人生が豊かになっていることを実感しています。

そこで今回はプライドを捨てると人生が豊かになる理由についてお話しをしたいと思います。

 

・この記事を読むメリット

プライドを捨てることによるメリットを理解することができる。

目次です。

 プライドを捨てると人生が豊かになる理由

f:id:mayaaaaasama:20190327213504p:plain

 それでは、プライドを捨てると人生が豊かになる理由をお話しします。その理由は、以下の通りです。

・失敗を恐れず、行動力がつくため。

・批判的な意見を受け入れることができ、より柔軟な思考力がつくため。

・平身低頭な姿勢となり、相手に信頼されやすいため。

・打たれにくくなり、メンタルが鍛えられるため。

 以下順番に説明します。

「失敗を恐れず、行動力がつくため。」

f:id:mayaaaaasama:20190327222827j:plain

  プライドを捨てると、失敗を恐れることがなくなります。プライドという殻に閉じこもることにより、失敗を恐れて何事にもチャレンジしなくなることが多いです。しかし、失敗は、成長の過程でなくてはならないものです。このため、プライドという殻にとじこもると、成長が停滞してしまいます。

 これに対し、プライドを捨て、失敗に寛容であればどんなことでもチャレンジしようとします。すなわち、行動力がつきます。そして、失敗からどんどん学んでいき、成長します。このように、プライドを捨てれば、行動力がつき、人生を豊かなものにすることができます。

「批判的な意見を受け入れることができ、より柔軟な思考力がつくため。」

f:id:mayaaaaasama:20190316173347j:plain

 プライドを捨てると、自分の意見に対して批判的な意見であっても積極的に受け入れるようになります。これにより、自分の考え方が固くならず、柔軟になります。そうすると、色々な考え方や発想が出てきますので人生をより豊かなものとすることができます。

 一方、プライドが高いと、他人が批判的な意見をするとそれに耳を貸さない傾向があります。そのため、自分の考え方が絶対的であるとして、頭が固くなります。これは、年齢が経つにつれて顕著になるように思います。

 僕も現在30代半ばであり、頭が固くなる年齢に差し掛かっていますので、できる限りプライドを捨て、批判的な意見であっても積極的に受け入れるおうに心がけています。そうすることで、年齢を重ねても、柔軟な考えを持ち続けることができると思います。

 また、自分の意見に対して批判的な人を貶めるようなことをすると、かえってまわりから印象が悪くなります。そして、そのような貶めようとする行為は、プライド(自尊心)によるものであると思います。そのような印象を受けないためにもプライドは捨てたほうがいいと思います。 

「平身低頭な姿勢となり、相手に信頼されやすいため」

f:id:mayaaaaasama:20190322182928j:plain

 プライドを捨てると、平身低頭な姿勢となります。日頃から平身低頭であるとミスをしても謝りやすい状況が作れますので、職場関係の同僚や、クライアントに与え悪い印象を抑えることができます。このため、大きなミスをしても信頼を失われずにすむことが多いです。

 また、平身低頭な姿勢は、相手に対して忠実である、誠意あるというような印象を与えますので、信頼関係を長く構築しやすいです。

 一方、プライドが高いと、職場関係の同僚や、クライアントに対しても横柄な態度をとりがちです。自分では意識していないにせよ、プライドが高い人は、横柄に見える場合が多いです。そして、そのような横柄な態度は、相手にとって好ましい印象を与えません。このような場合において、何らかのミスが生じた場合に丁重に謝罪しても、そのギャップの差に、相手はなんだこの人はという印象を与え、信頼などが大きく失ってしまうことがあります。

 このように、プライドを捨てることによって、平身低頭な姿勢となり、相手との信頼関係が構築しやすいためビジネスにおいても有利に働きます。

 もちろん、過度にプライドを捨てる様子を見せると、相手がクライアントである場合に、この人は実務能力が大丈夫だろうかという不安を持たれます。しかし、その場合は、しっかりと実務能力を見せつければいいのです。見ためは、プライドがなさそうなのに、しっかりと仕事をしている。このやり方が、これまでの経験上最もクライアントに好まれます。

「打たれにくくなり、メンタルが鍛えられるため。」

f:id:mayaaaaasama:20190202172226j:plain

 プライドを捨てると打たれにくくなります。一見すると、プライドが高い方が打たれにくいように思われますがそれは逆であると思います。というのは打たれやすいから、プライド(自尊心)という殻にこもるのであると思います。そして、ちょっとした批判がきっかけとなり、そのプライドという殻にひびが入りくだけると一気に打たれやすくなり、メンタルが不安定となります。

 これに対し、プライドを捨てると、あらゆる批判であっても寛容的になり、それにより柔軟性に富んでいくのでネガティブな考え方に陥らずメンタルが鍛えられていきます。このため、メンタルが鍛えられて人生が豊かなものになります。

 また、プライドを捨てると、人生が楽になります。プライドの殻にこもると、自分を等身大より高く相手に見せなければならないためです。これに対し、プライドを捨てれば素の自分を平然と相手に見せることができますので人生が楽になります。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190309132228p:plain

 いかがでしたか。プライドを捨てると、「失敗を恐れず、行動力がつき」、「批判的な意見を受け入れることができ、より柔軟な思考力がつき」、「平身低頭な姿勢となり、相手に信頼されやすく」、「打たれにくくなり、メンタルが鍛えられる」ため、人生が豊かなものとなります。ご参考になればと思います。

以上