弁理士ブログ|とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

読まれるブログを書くために重要なこと【ブログの書き方のコツを紹介】

僕はとある法律事務所で働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190131191325p:plain

 僕は弁理士ながらブログを去年の8月ごろから始めました。以下に実績をあげます。 

・実績

 ブログを開始した日(8月初旬)から半年未満で1月は10万PV弱に到達しました。

 2月のPV数は、スクショとっていないのですが5万PVちょいです。3月のPV数も現在45000PVなので5万PVに到達すると思います。1月よりは結構落ちましたが、1月はお化け記事の存在がでかかったのでw仕方ないです。今は月に5万PVで安定しています。

 ちなみに収益は毎月3万円ほどです。その収入源のほぼ全てはadsenseからです。

 もちろん、この実績はまだまだですが、ブログ開始日から半年ちょいでこのアクセス数ならばなかなか順調かなと思います。

 そこで、今回は、読まれるブログを書くために重要なことについてお話ししたいと思います。 

目次です。

 読まれるブログを書くために重要なこと

f:id:mayaaaaasama:20190322143228p:plain
 それでは読まれるブログを書くために重要なことを説明します。重要なことは主に以下の点です。

・読者のためになる記事を書くこと

・有名ブロガーの書き方を模倣すること

・自己分析をして自分の強みを知り、トレンドと結びつけること

 以下順番に説明していきます。

「読者のためになる記事を書くこと」

f:id:mayaaaaasama:20190322121512p:plain

 まずは、「読者のためになる記事を書くこと」が重要です。「自己満足」の記事でなく、「読者のためになる」記事を書くのがよいと思います。「日記」のような記事は避けたほうがいいです。

 例えば、英語の勉強について記事を書くとします。

 ブロガー:毎日TOEICの試験勉強をしている。

 ブログの記事内容:TOEICの勉強日記。毎日記事を更新している。記事の内容は、その日にやった勉強内容の報告。

 ブログの記事には、例えば、英文法の問題集の問題を解いたこと、間違ったところの報告がされている。

 もちろん、ブログの記事内容は自由ですので、このような内容の記事を否定するつもりはありませんが、読まれるブログを書くという視点でいうと見直した方がいいと思います。というのも、このような「日記」は、対象を「読者」よりも「自分」に優先した記事満足的な記事のように思うからです。読みたければ読んでくださいという印象です。このような記事でも読者を惹きつけることはできるかもしれませんが、このような記事の場合、相当記事の内容が独創的で面白い必要があります。敷居が相当高いです。

 そこで、上記の記事を書く場合には、使用している問題集の感想(TOEICのスコアに結びつくかどうかなど)、英文法の問題を解くコツなど読者にためになるような内容に工夫することが重要と思います。

 かくいう僕も当初ブログ開始日から当初は日記のような記事を書いていました。しかし、ブログ開始日から数か月後たっても1日300PVあたりで伸びません。丁度、1月の前半期がそれにあたります。

 このような記事は伸びしろがないと考えて「読者のためになる記事」を書くことに専念しました。その結果アクセス数は、1月の後半期のように伸びました。

 

f:id:mayaaaaasama:20190322124517p:plain

 このデータからもいかに「ためになる記事」が読まれる記事であるかお分かりかと思います。

 ちなみにこの記事も「ブログのアクセス数の報告」を考えましたが、それだけだと読者のためにならないと思い、なぜアクセス数が伸びたのかについて分析し、その方法として記事を書きました。

 「有名ブロガーの書き方を模倣すること」

f:id:mayaaaaasama:20190322140454p:plain

 次に、「有名ブロガーの書き方を模倣(真似)すること」も重要です。ここで、この模倣(真似)は、有名ブロガーの記事の内容をそのままパクるという意味でなく、「書き方」を真似ることをいいます。有名ブロガーは多くの読者を獲得しています。多くの読者を獲得している有名ブロガーは試行錯誤を繰り返して今の記事の書き方に到達しているのです。そう考えると、初心者は試行錯誤を繰り返さなくてもその有名ブロガーの記事の書き方を真似れば効率よく読者を獲得できます。真似をするというのはブログだけでなく何かのスキルを学ぶ際にとても重要です。これについては過去記事でも紹介しています。

www.mayaaaaasama.com

 ここでいう「書き方」とは、記事の構成、記事の内容等です。記事の構成については、目次を設けたり、まずは結論を書いてその理由を書くといった構成です。記事の内容については、上述の通り、読者のためになるものです。

真似るブロガーはマナブさんがおすすめ

 僕もまた1人の有名ブロガーの書き方を真似て今に至ります。真似るブロガーとしては、マナブさんがおすすめです。マナブログというものです。マナブログでは、プログラミング以外にも自己啓発の記事を書いたりしていますので参考にできることが多いと思います。

 このように、ブログの書き方を真似ることも重要です。真似ることは基本を学ぶことでもあります。 

 真似て、オリジナリティを出す

 真似てある程度ブログの書き方の基本に慣れてきたら他のブログとの差別化を図るために工夫してオリジナリティを出すのがよいと思います。これについては、有名ブロガーの方もツィッターで発言しているようです。

 ちなみに僕はオリジナリティを出すために図解に加えて、イラストを手書きで用意しています。ただ時間がかかりすぎるのも非効率なのでペイントで簡易に済ませています。たいていのブログはいらすとやのイラストを挿入していますので、このブログを見た時に特徴のあるイラストが挿入されてそこで差別化でき注目されて読者に読まれるという狙いも出てきます。

 ちなみにイラストはこのような感じですwとても簡素なものですが、これでも差別化できています。

「自己分析をして自分の強みを知り、トレンドと結びつけること」

f:id:mayaaaaasama:20190322140156p:plain

 次に「自己分析をして自分の強みを知る」ことが重要です。自己分析をして自分の強みは何かを考え、それに基づいて記事のカテゴリーを決定します。これについては、以前ツィッターで以下のように呟きました。

 これについて、以下、僕自身の強みを事例として説明します。

 僕の場合は、職業が弁理士で、弁理士資格を1年で合格する程勉強が得意であり、特許について専門知識があります。また、弁理士の主な仕事は特許明細書を作成する仕事であり、毎日文章を書いているので文章を書くのが得意です。性格については楽観的でポジティブ思考があります。また、美容にも精通しており、アンチエイジングについて詳しく取り組んでいます。趣味はゲームで格ゲーでは全国大会にも出場経験があります。

 このように強みを見ていくと、「弁理士」「勉強」「文章術」「ポジティブ」「アンチエイジング」「格ゲー」などが強みとして出てきます。

 ここで、次に考えるのが「トレンド」です。自分の強みとトレンドを結び付けます。例えば、「弁理士」はいかがでしょう。弁理士は残念ながらマイナーな職業ですし、弁理士の実態について話をしてもトレンドでないので読者を惹きつけるのは難しそうです。このため、弁理士に関する記事は避けるのが無難です。一方、「勉強」「文章術」「ポジティブ」については誰もが知りたい分野ですので、これは記事として使えそうです。そして、「アンチエイジング」はトレンドですし、「格ゲー」も今トレンドの「e-スポーツ」と結び付ければ有効です。このようにトレンドと結び付けて考えます。

 このような感じで自己分析をして自分の強みは何かを考え、それに基づいて記事のカテゴリーを決定するのが重要です。 

肩書は重要

f:id:mayaaaaasama:20190322142348p:plain
 ここで自分の強みを生かした記事を書くにあたり、「肩書」が重要であると思います。これについて以前僕はツィッターで以下のように呟きました。

 僕は弁理士という肩書があるのでこれを全面的にアピールしていますwアンチエイジングという一見弁理士と何ら関係のないようなものでも、このような肩書があると、不思議なもので、ない場合と比較してその記事の内容に説得性があります。

 ここで資格などの肩書がない場合はどうすべきでしょうか。これについては、簡単で自分で肩書を作ればいいのです。例えば、「メンタリスト」「ミニマリスト」など今のトレンドに合わせた肩書を名乗ればいいのです。あるいは「〇〇インストラクター」と自分で造語してもいいと思います。そのような肩書を作ってアピールするのとしないのとでは記事の説得性も違うように思います。

最後に|ブログを書くために文章力をつける

 最後にブログを書くために文章力をつけることも重要です。そこで、おすすめするのが、「図解文章術マスター」です。これは筆者の電子書籍です。

 この「図解文章術マスター 代筆職人「弁理士」が教える文章術」は、「図解」「弁理士が教える文章術」という点で他の文章術の本にない特徴を有しています。文章が苦手な方から慣れている人まで参考になる部分があるかと思いますので是非買って読んでいただければ幸いです。ブログの作成に役立つものと自負しています。

 セブンイレブンのコーヒーを2日分我慢すれば購入できる値段となっていますので是非ご購読していただければと思います。

以上