弁理士 弁理士試験

弁理士試験におすすめの勉強法|この勉強法で1発合格しました

更新日:

士業男子やま
みなさん。こんにちは。士業男子やまです。

悩んでいる人
弁理士試験に必要な勉強時間を知りたいな

悩んでいる人
短期間で弁理士試験に合格するためのコツを知りたいな

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

 僕は、過去に弁理士試験を受験して、「1年弱」の勉強量で以下の試験に1発合格して弁理士試験に合格しました。

 短答試験:1発合格

 論文(必須)試験:1発合格

 口述試験:1発合格

 僕は東大京大のような難関大学出身ではなく、普通の国公立大学出身であり、すごい記憶力の持ち主とかそういうものでありません。

 ただ勉強法の効率がよかっただけです。

 この記事を読めば弁理士試験に必要な教材、短期間で弁理士試験に合格するコツがわかります。

 勉強方法を知りたいという方は目次から読み飛ばしていただければと思います。

弁理士試験の概要

悩んでいる人
そもそも弁理士試験ってどういう形式の問題が出題されるの?

 弁理士試験には「短答試験」「論文試験」「口述試験」の3つの試験があります。

「短答試験」難易度☆☆☆☆

 ※毎年5月下旬に行われます。

 ※マーク式の試験で5つの選択肢から正解を1つ選びます。

 ※出題分野は「特許実用新案法」「意匠法」「商標法」「条約」「不正競争防止法」「著作権法」の6つです。

 ※合格ラインとして最低6割の正答率が必要です。

 ※合格すると2年間免除されます。

 マーク式の試験なので簡単そうに思えます。

 しかし、出題範囲が膨大であること、5つの選択肢の中から正しいものはいくつあるかという、選択肢の全ての正誤を判断しないといけない「いくつあるか問題」が多くかなり難しい印象です。

  条文の細かいところからも出題され、条文をほぼ完ぺきにマスターしないといけません。

  合格率は約20%と低めであり、最初の難関です。

「論文試験」難易度☆☆☆☆☆

 論文試験は必須科目と選択科目の2つがあります。必須科目は7月上旬に、選択科目は7月下旬に行われます。

 必須科目は特許実用新案法、意匠法、商標法の3つに分かれています。

 これらのそれぞれの合格基準点を満たさないと合格できません。

 必須科目では主に、条文の趣旨を論述させるか、あるいは事例問題を解くかの2つのパターンです。

 この論文試験(必須)が最難関であり、合格が難しいです。

 弁理士試験の論文試験の選択科目についてはコチラの記事をご覧ください。

「口述試験」難易度☆

 ※毎年10月中旬あたりに行われます。

 ※「特許実用新案法」「意匠法」「商標法」の3つについてそれぞれ試験官による口頭試問を受けます。

※もしわからなくなっても試験官が助け舟を出してくれることが多く、合格率は100%に近いです。

 ※時間通りに全ての口頭試問に答えられれば合格であり、3つのうち2つ以上合格であれば、OKです。

 難易度としては「論文試験(必須)」>「短答試験」>>「論文試験(選択)」>>>>>「口述試験」という感じです。

弁理士試験の勉強時間は1500~2000時間あればよい

 弁理士試験の勉強では、短答式記述試験と論文式(必須)記述試験が重要です。

 これらの試験対策をきっちりとすることが合格への近道です。

 では、これらの試験対策にかける勉強時間はどのくらいあればよいでしょうか。

 これらの試験対策にかける時間は1500~2000時間あればOKです。

かくいう僕は1500時間くらいの勉強量で合格しました。

 独学だともっと時間をかける必要があるかもですが、資格スクールを利用すれば、効率化により2000時間以内に合格は可能です。

 

 社会人であれば、残業なしで働く場合、1年に「1000時間」を有効に使えることができますので、合格に「1年半~2年」かかることになります。

 もちろん「1年」で合格しようと思えばできますし、実際に僕も1年弱の勉強量で合格しました。

 長い道のりだなあと思いますが、意外とあっという間ですよ。

 1年で1000時間勉強するためには、平日に2.5時間、休日5時間勉強すれば足ります。

 より具体的には、1年で平日2.5時間勉強すると、年間では600時間(=2.5時間×5日×4週×12カ月)勉強したことになり、休日5時間勉強すると、年間で480時間(=5時間×2日×4週×12カ月)勉強したことになり、合計すると1080時間であり、勉強時間は1000時間を超えています。

 これは、現実的な数字であり、1年半~2年あれば十分頑張れる数字です。

 もし、1年で合格しようと覆うなら、休日の勉強時間を増やして、1500時間の間に効率よく勉強すれば合格できます。

弁理士試験に必要な教材は5つあればOKです

弁理士試験に必要な教材と教材を揃えるのに必要な予算を知りたいという方はこちらの記事が参考になります。

弁理士試験に必要な費用は28万円あればいい話|低費用で短期合格するために重要なこと

続きを見る

 弁理士試験で準備する教材についてお話しします。

 口述についてはほぼ受かる試験なので短答・論文試験(必須)をメインに解説します。

 実は必要なのは5つです。

(1)四法対照法令集


弁理士試験 四法横断法文集 第7版

(2)青本(工業所有権法逐条解説)

条文の趣旨を解説した本です。


工業所有権法(産業財産権法)逐条解説 第20版

 特許庁のサイトからPDFデータを無料でも入手できます。詳しくはコチラ

(3)判例集

 論文対策に判例を知っておくのは重要です。

 「知的財産法判例教室」をマスターすればOKです。


知的財産法判例教室

(4)通信講座

 通信講座の動画解説を軸に勉強を進めていきましょう。

 おすすめは資格スクエアの「基礎・短答・論文講座」です。

 「こちらのサイト」から申し込みできます。

(5)短答式過去問題集


2020年版 弁理士試験 体系別短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法 【過去10年分収録】 (弁理士試験シリーズ)


2020年版 弁理士試験 体系別短答過去問 条約・著作権法・不正競争防止法 【過去10年分収録】 (弁理士試験シリーズ)

弁理士試験のおすすめの通信講座は!?

 弁理士試験の通信講座には大きく3つあります。

参考

■「LEC 」の通信講座(1年合格ベーシックコース)

¥495,000

〇受講者数No.1の最大手。合格実績が高いが価格が高い。

・「資格スクエア」の通信講座(基礎・短答・論文パックコース)

¥253,000

〇合格者多数。格安通信講座。格安だが質もよし。

・「スタディング」の通信講座(弁理士講座)

¥74,000

〇合格者あり。超格安通信講座。論文のアウトプット量が手薄なのが難。

僕が資格スクエアの弁理士講座をおすすめする理由

 この中でも僕は資格スクエアの弁理士講座をおすすめします。

 理由は以下のとおりです。

 〇講師はベテラン講師と論文を知り尽くした新鋭講師の二名で構成されており、分かり易く、聴き取り易い。

 〇基礎講座・短答講座・論文講座のボリュームが十分にあり、弁理士試験合格に必要なカリキュラムはこれ1つでOK。

 〇基礎講座に青本解説動画があり、分厚い青本を丁寧に読まなくても動画を見て条文の趣旨を理解できる。

 〇短答講座には短答式過去問も用意されており、短答式過去問集を購入する必要なし。

 〇論文対策が充実しており、解き方講座と書き方講座でインプットして実践講座でアウトプットできるので効率的に勉強できる。

 よりくわしく知りたい方は以下の記事が参考になります。

 資格スクエアの弁理士講座は「こちらのサイト」から申し込みできます。 

 資料請求はこちらのサイトから簡単に1分くらいで手に入れることもできます。

短期合格するためには、早めに購入してすぐにとりかかることをおすすめします。

 「2021年」に違和感を感じる方もいると思いますが、これは「2020年向け」の講座で学習を始めて、2021年向けにアップデートにて追加で視聴できるものです。

 つまり、来年合格できなかったとしても再来年も分までしっかりとカバーされています。 

弁理士試験のおすすめの勉強法

f:id:mayaaaaasama:20190821193814p:plain

 では弁理士試験のおすすめの勉強方法についてお話しします。

 勉強法の骨子は、「俯瞰(ふかん)」「仰視」「反復」で構成されています。

 勉強の流れは「俯瞰」「仰視」「反復」の順番で進めます。

 (俯瞰(ふかん))

 「特許・実用新案法」の場合だと、まずは総則、特許要件、・・・実用新案の順序で軽く見通します。

 ここでは覚えるというより眺める程度で十分です。

 これを特許・実用新案法だけでなく、意匠、商標、・・・にもあてはめていきます。

 (仰視)

 これで全体像を把握したところで、今度は細かく見ていきます。

 総則、特許要件、・・・実用新案の順序で見ていきます。

 このとき、各項目でインプット(知識の定着)とアウトプット(知識の確認)を繰り返します。

 例えば、資格スクールの短答講座と条文と青本から、条文とその趣旨を理解します。

 これがインプットです。

 次に、短答式問題集を解いていきます。

 これがアウトプットです。

 ただし、これ1回で全てがわかることはありえません。

 わからないところは立ち止まらず次へどんどんすすめていきます。

 (反復)

 そして、最後にわからないところをしらみつぶしでつぶしていくために繰り返し解いていきます。

 このように、1つのことを何度も反復して繰り返しながら学習することにより、記憶の定着がぐんと伸びて効率よく勉強することができます。

 これだけは具体的にイメージがわかないかもしれないので詳しく見ていきます。

「俯瞰」

f:id:mayaaaaasama:20190821195525p:plain

 「俯瞰」では、上図のとおり、「特許・実用新案法」であれば総則、特許要件、主体的要件、出願・補正、優先権・分割、審査・公開、特許権、侵害・特許料、審判、訴訟、184条、罰則、実用新案で構成された全体(試験範囲)をざっと簡単に見通します。

「意匠」「商標」「著作」「条約」「不競法」についても同様にします。

この俯瞰という作業をするメリットは以下のとおりです。

〇(A)おおざっぱに目を通することで、勉強のスケジュールが立てやすくなる

〇(B)まずは敷居を低くすることで試験勉強の抵抗をなくす

 特に重要なのが(B)です。

 最初から細かく丁寧にやることは敷居が高く挫折しやすいです。

 これに対し、最初におおざっぱでもいいから目を通すことで全体像を少しでも把握することは最初にやることとして敷居が低いです。

 まずは敷居を低くすることが重要です。

 俯瞰(ふかん)のコツは理解できない部分があってもいいので先へ先へと進めます。

 全体を一通り見通した後でもう一度元に戻って同じことをすると、全体像を少しでも把握しているので、最初から1つ1つ丁寧にやるよりも理解しやすくなります。

 俯瞰の作業としては、資格スクールが提供している通信講座の入門講座を全部聞き流すことがおすすめです。

 たとえば、資格スクエアの「基礎・短答・論文講座」の基礎講座を聞き流します。

資格スクエアの弁理士講座の中身についてはこちらの記事をご覧ください。

「仰視」

f:id:mayaaaaasama:20190821211749p:plain

 「仰視」は、知識を吸収し(インプットし)、吸収した知識の定着を確認する(アウトプットする)作業です。

 ここでいうアウトプットは、過去問を解いてみることです。

 この過程でのポイントは、分からないところがあっても気にせず次へ進めていくことです。

 1回で分からないところがあっても、この後行う「反復」で分かればよいのでどんどん先へ進みます。

 分からないところがあるたびに、詳しく調べて理解しようとすると、時間がかかってしまい非効率です。

 これを「特許・実用新案法」であれば、総則、特許要件、主体的要件、出願・補正、優先権・分割、審査・公開、特許権、侵害・特許料、審判、訴訟、184条、罰則、実用新案の項目ごとに行っていきます。

 「意匠」「商標」「著作」「条約」「不競法」についても同様にします。

「反復」

f:id:mayaaaaasama:20190821211815p:plain

 「反復」は、セットを何度も繰り返し行う作業です。

 この過程でのポイントは、分かったところは省略して、分からないところだけを繰り返し行うことです。

 分からないところをしらみつぶしでつぶしていくイメージです。

 これにより時間を短縮できます。

 そして、この作業を何度も繰り返し行うことにより、分からなかったところも分かるようになっていきます。

 これは面白いもので、例えば、ある分からないところがこういう考え方で分かった場合、その考え方が別の分からないところにおいても通用する場合があり、連鎖的に分からないところが分かるようになっていきます。

 イメージとしては点と点がつながって線ができネットワークができあがるような感じです。

 他の教材をつぎからつぎへとやるのではなく、一つの教材に絞ってそれをひたすらやっていくことがとても重要です。

 資格スクエアの弁理士講座を用いた勉強法

 具体的に資格スクールの弁理士講座を用いた勉強方法についてお話ししていきます。

 上でお話しした勉強法はオンライン講座と相性がよいです。

 その中でも「資格スクエア」の弁理士講座がおすすめです。

 資格スクエアの弁理士講座を用いた進め方を説明していきます。

 「資格スクエアの弁理士講座(「基礎・短答・論文パック」)には以下の講座が含まれています。

(1)ウェブ問題集

(2)基礎講座(基礎講座+青本講座)

(3)短答対策講座(動画+過去問集つき)

(4)論文書き方講座

(5)論文解き方講座

(6)論文対策講座 実践編

 まず、「俯瞰」では「(2)基礎講座」にある動画を全部見ます。

 ここでこの講座の特徴としては「青本講座」も動画で解説されていることです。

 このため、青本も自分で読んでいく必要がなく、動画を頼りに全体像を俯瞰できます。

 僕が受験生時代のころは、大手資格スクールの通信講座を利用していたのですが青本講座のどうがというものがなく、青本を1から読んで勉強していました。

 これはあまり効率的といえなかったので、この青本講座はとても便利です。

 また動画で視聴できるということにより、電車の中でも勉強できますので隙間時間を有効に活用できます。

 次に、基礎講座で全体像を把握した後は、「(3)短答対策講座」「(4)論文書き方講座」「(5)論文解き方講座」「(6)論文対策講座」を並行しながらすすめます。

 「(3)短答対策講座」の動画で知識を吸収して短答式過去問で演習をしていきます。

 これが「短答」におけるインプットとアウトプットです。

 同様に、「(4)論文書き方講座」「(5)論文解き方講座」で論文を書ける力を身に着けて、「(6)論文対策講座」で実際に論文を解いていきます。

 これが「論文」におけるインプットとアウトプットです。

 あとは、隙間時間などに「(1)ウェブ問題集」を使って問題を解いていき知識を定着させます。

 このような進め方で効率よく「仰視」をすることができます。

 そして、更にわからなかったところをしらみつぶしでつぶしていき理解度を高めていきます(「反復」)。

 以上のように、効率的な勉強方法である「俯瞰」⇒「仰視」⇒「反復」のやり方に「資格スクエア」はとてもマッチングしているのでとてもおすすめです。

 よりくわしく知りたい方は以下の記事が参考になります。

一方、資格スクエア以外に他の教材も検討したいという方はこちらの記事が参考になります!

弁理士試験の勉強法についての質問をまとめました

悩んでいる人
弁理士試験の難易度ってどれくらいなの!?

悩んでいる人
弁理士試験の短答試験の具体的な対策を教えてほしいな・・・

悩んでいる人
弁理士試験の論文試験必須の具体的な対策を教えてほしいな・・・

悩んでいる人
弁理士試験に必要な予算てどのくらい?

悩んでいる人
弁理士試験の勉強のスケジュールの立て方を知りたいな

弁理士試験の勉強は思い立ったら「即行動」

f:id:mayaaaaasama:20190813190744j:plain

 以上のとおり、弁理士試験のおすすめの勉強方法を紹介してきました。

 最後に、試験勉強のタイミングは早いことに越したことはありません。

 ぐずぐずしているとあっという間に12月になり試験勉強のための時間がなくなってしまいます。

 まずは試験勉強のための教材を揃えることから準備を始めた方がよいです。

 (1)四法対照法令集

 余白に書き込めるほど十分なものを選びましょう。四法対照はいくつも種類がありますが特にこだわる必要はないと思います。

 (2)青本(工業所有権法逐条解説)
条文の趣旨を解説した本です。特許庁のサイトからPDFデータを無料で入手できます。詳しくはコチラ

 (3)判例集

 論文対策に判例を知っておくのは重要です。「知的財産法判例教室」をマスターすればOK

 (4)通信講座

 資格スクエアの弁理士講座をおすすめします。こちらのサイトから入手可能です。

 知財のスペシャリストを目指して弁理士の資格をとりませんか。

 30代からでも十分間に合いますよ。

 ただし、弁理士なるぞと思い立ったら一刻もはやく行動にうつし勉強していきましょう。

 参考に僕の弁理士受験生時代の1日のツィートをのせておきます。

以上

弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

特許・商標出願代行に加えサイト運営などのWEBコンサルのサービスも提供しています。

料金表などについてはこちらをご覧ください。

ツィッターでも発信中。フォローして頂けると嬉しいです!

Youtube始めました。チャンネル登録していただけると嬉しいです。

 

 

-弁理士, 弁理士試験

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.