弁理士試験

弁理士試験の勉強時間を1,500時間で合格するための勉強法

更新日:

悩んでいる人
弁理士試験に勉強時間は3,000時間が必要といわれるけど本当なの!?

そんなに勉強時間を確保できないな。1~2年で合格したい!

こうした疑問に答えます。

本記事では、過去に短答試験・論文必須・口述試験に1発合格した弁理士が、弁理士に必要と言われている3,000時間の勉強時間の半分以下で勉強するためのコツをお話しします。

筆者は、弁理士試験におおよそ1,500時間以下の勉強量で合格しています。

ただし、本試験は、短答試験・論文式記述試験(必須)・論文式記述試験(選択)・口述試験の4つがありますが、本内容で解説するものは、そのうちの鬼門である短答試験・論文式記述試験(必須)です。

論文式記述試験(選択)については、最後に該当記事を貼っています。

本内容は以下の構成としています。

 1.弁理士試験に必要な勉強時間は1,500時間あればよい理由を簡単に解説

 2.弁理士試験の開始時期と勉強時間のスケジュール

 3.弁理士試験に必要なもの

 4.弁理士試験の勉強法

 5.各科目の攻略法

 6.まとめ(短答式の具体的な攻略法と論文式記述試験(必須)の具体的な攻略法・論文式記述試験(選択)対策)

これから弁理士試験を始めようと考えているあなたが本内容を読めば、努力の方向を間違わずに効率よく勉強をすすめることができます。

 1発合格も十分可能です。

しかも、具体例を交えて解説していますので再現性は高いと考えます。

 では早速解説します。

1.弁理士試験に必要な勉強時間は1,500時間あればよい理由

1,500時間以下でも合格可能な理由は以下のとおりです。

効率のよい勉強法は確立されているから

勉強しやすい環境が確立されている

通信講座を利用すれば最速で合格できるから

口述大幅易化

ここで②の「環境」について補足すると、昔と違って、パソコンやスマホで簡単に動画で学習でき、わざわざ予備校まで足を運ぶ必要がないということです。

必要なテキストをそろえて、通信講座で勉強すればOKです。

また、一発本番で運の要素が大きい「口述試験」は、2013年以降難易度は大幅に易化しました。

油断は禁物ですが、口述試験にかける勉強量は少なくても合格できる、という点も1,500時間以下で合格できる理由にあげられます。

つまり、今は弁理士試験は努力の方向さえ正しければ、それほど難しくなく合格できる試験といえます。

では、1,500時間の勉強時間ですが、具体的にどのように勉強を開始すべきか。次に見てみます。

2.弁理士試験の勉強開始時期・勉強スケジュール

通信講座 独学
勉強時間 1,500時間以下 3,000時間
1年合格コース 2年合格コース
平日の勉強時間 3時間(720時間/年) 2時間(480時間/年)
祝日の勉強時間 10時間(960時間/年) 4時間(384時間¥/年)

目安はこのような感じです。

もしあなたが1発合格を目指すのであればこれくらいの1日あたりの勉強時間が必要であることを念頭においてください。

2年間勉強を続けるというと継続が長くなり、挫折しやすいです。

1年でびしっと集中して合格を目指すことがおすすめです。

では、続いて弁理士試験に必要なテキストはどのようなものか。買いそろえることは厳禁です。

 必要最小限のものを紹介していきます。

2.弁理士試験に必要な本・テキスト・参考書

必要なものは以下の5つだけです。

1.四法対照法令集

条文集です。四法対照法令集であれば、何でもかまいません。

青本・通信講座・過去問で身につけた知識を書き込んでいきます。

そして、復習をする際にはこの1冊だけを見直します。

持ち運びに便利なので電車時間や待ち時間などの隙間時間にも使えます。

2.青本(工業所有権法逐次解説)

 特許・実案・意匠・商標の条文の趣旨を解説したものです。

青本とも呼ばれています。

高価な本ですが、テキスト自体は、特許庁のサイトから入手できます。
3.知的財産法判例教室

 論文対策に判例を知っておくことが重要です。

また、その判例の趣旨をコンパクトに論述することも要求されます。

本書では、判例の趣旨がコンパクトにまとめられているのでこれを写経すればOKです。

また、判例はマニアックなところを知っておくと時間が無駄であり、本書で登場する判例だけでOKです。

ちなみに筆者が受験生だったときは、特許の論文試験はこの判例教室で登場したものばかりでした。

4.短答式過去問集

最低過去20年分あたりはやっておきましょう。LECあたりがおすすめです。

5.通信講座

通信講座はこちらの記事で紹介していますのであなたに合ったものを選びましょう。

【2020年最新】弁理士試験の予備校・通信講座を合格者が比較【格安あり】

続きを見る

筆者としてはこれらの中でも資格スクエアの弁理士講座をおすすめします。

理由は、大手予備校と比べると比較的安めであること(¥265,000)も理由にありますが、青本の解説動画がついていることが大きな理由です。

青本は勉強すべきですが、膨大な量でありテキスト媒体で読んでいくことは負担が大きいです。

これに対し、解説動画であれば、まずは動画で聞き流せるので全体を把握しやすくなり、2回目以降はあなたの好きなタイミングで丁寧に聴けるというメリットがあります。

※2020年8月9日付で上記のように資格スクエアの弁理士講座をおすすめしていましたが、

その後、資格スクエアさんが書籍の不正利用を行ったという事実が判明しました。(参考:「日本評論社」さんの回答

不正利用の対象は司法書士試験の予備講座であり、弁理士講座とは関係がないものの、不正利用があったという事実も購入の判断要素として重要と考えますので、補足しておきます。

 

もしあなたが快適に勉強をしたいのであれば、おすすめです。

基本的にこの5つだけでOKです。

 

なお、あったらベターなものは、法改正の産業財産権法の解説、パリ講和、不正競争防止法(茶園成樹著)、著作権法入門です。

余力があればそろえておきましょう。

一方で、特許法概説とか名著といわれる古い本は買わなくてもOKです。

では続いて勉強法に移ります。シンプルなので理解しやすいでしょう。

まずは図解を頭の中に入れてください。

3.弁理士試験の勉強法

①「俯瞰(ふかん)」

 基礎講座(入門講座)を科目全部(特許実用新案、意匠、商標、・・・)流し見する。

②「仰視」

 各科目の一単元ごとに、動画を見直して知識をインプットする

 その都度過去問を解いてアウトプットする

※このインプットとアウトプットを一単元ごとにやって全てを終わらせる(セットする)

※この過程で、動画で学んだことや、過去問を解いたことの要約を四法対照に書き込んでいく。

③「反復」

セットを繰り返す。

 ※繰り返すときにわかったところは飛ばし、わからないところをしらみつぶしにつぶしていく。そして試験本番にのぞむ。

もし理解が難しければこちらの動画をご覧ください。

 

筆者は、通信講座としてLECを用いたやり方で短答・論文必須とも1発合格しました。

通信講座を比較検討したい方はこちらをご参考ください。

【2020年最新】弁理士試験の予備校・通信講座を合格者が比較【格安あり】

続きを見る

 

仰視のところでは、わからないところがあってもまた見直すのでどんどん先に進めましょう。

 経験的に言えることですが、すすんでいくとわからないところがあってもわかってくることが多いです。

そして、試験当日までわからないところをしらみつぶしでつぶしていきます。

こうすれば、要領よく広い範囲の知識のインプットを定着できるとともに、やっていない範囲があるというケースも回避できます。

これが効率的な勉強法です。

 最初に科目を全部流し見することにより一から丁寧にやっていくよりも挫折しにくいという効果があります。

なお、短答対策をしてある程度慣れてから論文必須対策にとりかかりましょう。

短答対策と論文試験記述式(必須)の対策はまとめで記事を貼り付けています。

では最後に各科目ごとの攻略法に触れておきます。

4.弁理士試験の各科目ごとの勉強攻略法

1.意匠と商標

まず最初にとりかかりましょう。これらは得点源にすべきです。

筆者は、担当でこれらを8割とり、論文試験の結果もAでした。

ぶっちゃけ一発合格できたのは、意匠と商標をしっかりと勉強したおかげといってもいいです。

特許実用新案は範囲が膨大であるのに対し、意匠と商標は、比較してそれほどでもなくとりかかりやすいです。

また意匠はデザインを保護対象とするものであるのに対し、商標はロゴ・マークを保護対象とするものであり、特許と比べてなじみやすく学べば学ぶほど面白い科目です。

これらの2科目を好きになることが合格で重要です。

商標は2条と4条が山ですがこれを過ぎると楽ですよ。

2.不正競争防止法

得点源にしやすいです。

理由は条文の数が少ないのと、条文がほかのものと比較して平易なものが多いです。

3.著作権

範囲が広すぎであり、やりすぎないようにしましょう。

過去問だけで不慣れなら、入門書1冊用意してそれをマスターしてみるのもいいです。

得点源として期待はあまりしないほうがよいです。

4.特許実用新案

範囲が広すぎですが、しっかりと勉強しましょう。

論文試験では、出願に関する問題が1問、審判・訴訟に関する問題が1問必ず出ます。

そして、184条を絡めてくることも多いので、これらの分野はしっかりと勉強しておきましょう。

5.条約

パリ条約が比較的得点源にしやすいです。

一方実務未経験だとPCT条約は難しく感じるかもしれません。

足きりにならない程度に条約はパリ条約、マドプロの2つを重点的に勉強しましょう。

弁理士試験の勉強時間のまとめ

その他、弁理士試験に必要なものをまとめておきます。

・弁理士試験の短答対策攻略法

弁理士試験の短答試験攻略方法を1発合格した弁理士が解説します

続きを見る

・弁理士試験の論文式記述問題(必須)の攻略法

弁理士試験の論文の攻略法を論文必須に1発合格した弁理士が教えます

続きを見る

・弁理士試験の論文式記述問題(選択)の攻略法

弁理士試験の選択科目は何を選ぶべきか!?|弁理士試験合格者が答えます

続きを見る

・弁理士試験の予備校・通信講座

【2020年最新】弁理士試験の予備校・通信講座を合格者が比較【格安あり】

続きを見る

もしわからないことがわればご遠慮なく質問いただいてOKです。

ツィッターでも弁理士関連の情報を発信していますのでフォローしていただけるとお役に立てれるでしょう。

お仕事などと両立することもあり大変だと思いますがぜひ頑張ってください!

-弁理士試験

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.