とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisanアットマークgmail.comまでお願いします。

【特許】特許明細書についての超分かり易く解説する

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

読者の皆さんは特許明細書というのをご存知でしょうか。

これは法律文書の一つであり、これにより他者の事業参入を防止できたり、莫大な利益を得たりすることができます。

この特許明細書というのは難解な法律文書と言われていますが、本質や構成はそれほど難しくなく、とても興味深いものです。そして、この構成を知れば、他の記事などにも応用できます。

そこで、今回は、現役の弁理士が、知られざる特許明細書についての超分かり易く解説します。

f:id:mayaaaaasama:20181010211814j:plain

この記事を読むメリット

 弁理士の主な仕事である特許明細書を理解できます。

 特許明細書の書き方の基本を理解できます。

 特許明細書の書き方が、実は他の記事(ブログ記事等)の書き方に応用できることを理解できます。

 

目次です。

知られざる特許明細書について簡単に説明する

特許明細書とは?

 特許明細書は、以下のイメージ図のように、主に「特許請求の範囲」と「明細書」で構成されます。

f:id:mayaaaaasama:20190221200933p:plain

 特許請求の範囲は、発明の概念を記載するところです。明細書は、発明を具体的に記載するところです。まず、「技術背景」「課題」「解決手段」「効果」をそれぞれ記載します。「技術背景」が「起承転結」の「起」に相当し、「課題」が「承」に相当し、「解決手段」が「転」に相当し、「効果」が「結」に相当することから、これらは起承転結の型で記載します。次に、「発明の構成」「メカニズム」を記載します。これらは「総論・各論」の型で記載します。

 おそらく、これだけだと何を言っているのかわからないと思いますので、以下で詳しく説明します。

特許請求の範囲とは

 特許請求の範囲とは、その名の通り、特許を請求する範囲です。特許請求の範囲では、発明の概念を文章で表現します。そして、この文章に該当するものは全て権利範囲内となります。このため、この文章に該当するもの(特許発明)を特許権者に無断で他者が製造したり、販売したりすると特許権の侵害となります。一方、他社が特許発明を製造したり、販売したりしたい場合には特許権者に使用料を支払う必要があります。このように、特許権者は、特許を取得することにより、他者の参入を防止できたり、使用料等の利益を得ることができたりします。その元になるのがこの特許請求の範囲です。換言すれば、たった1頁程度の文章によって、莫大な利益を生み出したり、他社の参入を防止してビジネスを有利にすることができたりするのです。

 具体的に以下の図を用いて詳しく説明します。

f:id:mayaaaaasama:20190221203813p:plain

 従来の椅子には、上図のように使用者が座るための座部材しかなかったと仮定します。これに対し、発明者は、上図のように座部材の後部に板部材を起立させました。そうすると、発明者は、使用者がその板部材に背を当接させることにより快適に座ることができることを見出しました。この場合、この発明品を特許にしたい場合、特許請求の範囲に以下のように記載することが考えられます。

 [特許請求の範囲]

 座部材と、座部材の後部に起立させた板部材とを備える椅子。

 

 これは上図の発明品をそのまま表現した文です。これでも発明品は特許の権利範囲に含まれます。しかし、この発明の概念は、使用者の背を当接させるための部材を形成させたことにあります。そうすると、以下のような椅子もこの発明の概念に含まれます。

f:id:mayaaaaasama:20190221205746p:plain

 上図の椅子は、座部材の後部に二本のパイプが接続し、この二本のパイプに板部材が取り付けられた形態です。このような形態は、座部材の後部に板部材が起立していないので、特許の権利範囲に含まれません。そうすると上記の特許請求の範囲で特許を取得しても、他社に容易に侵害を回避されてしまいます。

 そこで、特許請求の範囲は、単に発明品を記載するのでなく、発明の概念を記載するのが重要です。

 この概念は、この椅子の例で言うと、使用者の背を当接させるための部材を形成させたことです。そうすると、上記の特許請求の範囲は、以下のように書き換えられます。

[特許請求の範囲]

 座部材と、座部材の後部に起立させた板部材とを備える椅子。

 座部材と、座部材に使用者が着座した時に使用者の背と当接する当接部材とを備える椅子。

 このように書き換えると、いずれの椅子もカバーできます。このように特許請求の範囲とは発明を概念化した文(又は文章)です。このような発明の概念化を上手く文で表現できればできるほど特許としてより有効なものとなります。換言すれば、弁理士の腕の見せ所は、特許請求の範囲を上手く書くことができるかにあります。

明細書とは

  明細書は、一言で言うと、発明を称賛する文書です。

 起承転結の型

 従来には見られない優れた有用な発明に特許が与えられます。このため、明細書では、発明が従来には見られないことと、優れた有用品であることを説明しなくてはいけません。明細書では、まず、背景(従来技術)⇒課題(従来技術の課題)⇒解決手段(発明の構成)⇒効果(発明が有用であること)をこの順序で説明します。これは起承転結の型にあてはまります。上記の椅子の例でいうと、以下の図のような感じです。

f:id:mayaaaaasama:20190221213326p:plain

 特許庁の審査官が、明細書を見て発明に特許を与えるべきか判断します。特許明細書の読者である審査官にまず、この起承転結を冒頭で記載することにより、発明が、従来には見られない優れた有用な発明であることをアピールします。ここで、従来品との比較により発明が優れることを審査官に説得させる必要があるため、起承転結の型で記載します。

起承転結は他の記事にも応用できる

 ちなみに、特許明細書に限らず、起承転結の型が有効なのは従来との対比により、新しい物(方法)が優れることを記載したい場合です。例えば、新商品の記事をレビューする上で従来品にない優れたものを主張したい場合は、上のような起承転結型が使えます。このように特許明細書の書き方は他の記事の書き方にも応用可能です。これは特許明細書が発明の称賛ともいえることから当然ともいえます。

総論・各論の型

 次に、発明の構成・メカニズムを具体的に説明します。発明は、複数の要素で構成されています。例えば、上図の椅子の例でいうと、座部材、当接部材、座部材を支持するための脚部材です。これらの要素のそれぞれの属性(特性)について詳しく記載します。属性とは、例えば、形状、材質等が挙げられます。上図の座部材であれば、四角形でも円形の形状でもいいわけです。また、必ずしも座部材の材質は板でなくてもよく樹脂であってもいいわけです。このような属性を詳しく記載します。

 この構成の書き方は、総論・各論の型で記載します。すなわち大項目である発明をまず記載して(総論)、その発明の要素を順番に記載します(各論)。上図の椅子の例で言うと、以下のような図になります。

f:id:mayaaaaasama:20190221220815p:plain

総論・各論は他の記事にも応用できる

 総論・各論の型は他の記事の書き方にも応用できます。この型を身につければ、速く文章を作成することができます。というのは、全体(大項目)と、全体を構成する要素(小項目)を抽出することにより、文章の骨格ができあがります。そして、要素(小項目)について肉付けすれば文章の完成です。まず骨格を仕上げることで、大きな修正はありません。これはちょうど人物画でまずは骨格を大まかに書いて肉付けして人物を描いていくことに似ています。この場合でも崩れたりしませんよね。

 総論・各論の書き方の詳細は以下の記事でも紹介していますのでよければご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

  特許明細書における明細書の構成は、他の記事の作成に応用できる

 以上、特許明細書を超簡単に説明しました。ご覧いただけたように、特許明細書の特許請求の範囲は、発明の概念を文章で表現するものです。一方。特許明細書における明細書は、発明の称賛文書であり、起承転結型と総論各論型で主に構成されています。そして、起承転結型は、従来との対比により、新しい物(方法)が優れることを記載したい場合に有効です。総論各論型は、速く文章を作成する上で有効です。明細書の構成を知れば、他の記事を上手く作成することにつながることが分かるかと思います。

 特許明細書についておすすめの本

 特許明細書について初心者でもわかるように書かれた本を以下におすすめします。

日米欧中韓共通出願様式時代 特許明細書等の書き方 プロフェショナル・アマチュアのための教本
 

 まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190217144907p:plain

 いかがでしたでしょうか。特許明細書というのは難解な法律文書と言われていますが、本質や構成はそれほど難しくなく、とても興味深いものです。そして、この構成を知れば、他の記事などにも応用できます。興味を持たれた方はこの業界に進んでみてはいかがでしょうか。また、何かご質問などがあればブログの自己紹介に記載されたアドレスにメールを頂ければと思います。

以上