勉強法

【記憶術】勉強しても忘れにくいおすすめの記憶方法

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

僕は、中学、高校と勉強ばっかりしてきたので、

勉強が得意です…

そして、京都のとある難関大学に合格し、

20代後半には、難関資格に合格して資格バッジを取得しました…

f:id:mayaaaaasama:20180929194532j:plain

その資格というのは、

まあマイナーな資格ではありますが、知っている人であれば誰もが難関と言われる国家資格です…

そして、通常3年はかかるといわれるこの資格を僕は1年で取得しました…

僕は勉強が得意です…

しかし、僕は、勉強ばっかりしてきたのか、

コミュ障なので世の中上手くいかないですが…

f:id:mayaaaaasama:20181231184648j:plain

僕は、これまで勉強ばっかりした勉強オタクなので、

短期間で効率よく合格できる勉強法を独自で築き上げました。

 この勉強法において、「インプット」「アウトプット」という用語が登場します。

「インプット」とは、知識を記憶することです。

「アウトプット」とは、記憶の定着を確認することであり、例えば、問題集を解くことです。

 あらゆる勉強には、インプット(知識の記憶)を効率よくこなすことが求められています。これを効率よくこなせれば資格、大学受験の合格にぐんと近づくことができますし、語学、プログラミングなど特定の分野を効率よく習得できます。

 そして、僕は、受験生時代に、勉強しても忘れにくい記憶方法を見出しました。

 そこで、今回は、おすすめの記憶方法についてお話ししたいと思います…

f:id:mayaaaaasama:20181010211814j:plain

目次です…

スポンサーリンク

勉強しても忘れにくいおすすめの記憶方法

 記憶方法のイメージ図

 記憶方法のイメージ図を以下に示します。

f:id:mayaaaaasama:20190126150702p:plain

 この記憶方法では、基本書レジュメ問題集を教材として準備します。ここで、レジュメとは聞きなれない言葉だと思いますので説明しますと、基本書をコンパクトに分かり易く説明したものです。

 基本書だけで勉強すると理解に乏しいため、レジュメを読みながら基本書を勉強していきます(上図の①)。次に問題集を解いてみて、分からなかったところを問題集の解説を読みながら基本書に立ち返ります(上図の②)。記憶方法では、これらの作業を行っていきます。レジュメ問題集を使って基本書フィードバックさせていくイメージです。

 基本書とレジュメと問題集

 「基本書」「レジュメ」「問題集」について、具体例を以下に示します。

 ・大学受験の場合(志望校が京都大学の場合)

 「基本書」…教科書

 「レジュメ」…京大入試向けの参考書、予備校が提供しているテキスト

 「問題集」…京大入試過去問

 ・資格勉強の場合(資格が法律系資格の場合)

 「基本書」…条文集、条文を解説した解説書

 「レジュメ」…資格スクールの予備校が提供しているテキスト

 「問題集」…過去問

 フィードバックのコツ

f:id:mayaaaaasama:20190126150702p:plain

 次にレジュメ問題集を用いて基本書フィードバックさせる時(上図では①と②)のコツについて説明したいと思います。それは、レジュメと問題集で習得したものを基本書に直接書き込むというやり方です。ここでは、専用のノートを使用せず、基本書にどんどん書き込みを入れて、自分だけのオリジナル本を作成していきます。基本書にレジュメと問題集で習得したものを書き込めば、繰り返す読むべきものは1つに集約されますし、繰り返し読む作業が効率化されます。このオリジナル本の作成は意外と面白いもので、そこに語呂合わせとかイラストとからも吹き込むと作業が楽しくなります。

 この書き込んだ基本書を繰り返し読むことによって、記憶の定着率がどんどん上がります。

 この作業では、カラフルな色ペンを用意して書き込むと後で読み返すときに効率的です。 

  参考例

 では、レジュメと問題集で習得したものを基本書に直接書き込むというやり方の参考例をご紹介したいと思います。これは、僕が資格の勉強の差異に、実際にやってきたものですw以下にその写真を示します。

f:id:mayaaaaasama:20190126160930p:plain

 条文集の空白に、レジュメの内容をコンパクトに書き込んだり、問題集で解けなかったところをフィードバックしたり(青色マーカ部)、内容を図式で簡潔に表したりしていること(黄色マーカ)がわかります。このように、基本書にレジュメと問題集をフィードバックさせて、どんどん書き込みを入れて、自分だけのオリジナル本を作成しました。

 レジュメと問題集で習得したものを基本書に直接書き込み、書き込んだ基本書を何度も繰り返し読むことで記憶の定着率を上げることができます。おすすめの記憶方法ですので是非試してみてください。

以上

 


開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-勉強法

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.