特許 特許-特許事務所

零細の特許事務所に2年間勤めてきたのだが、とんでも壮絶ブラックすぎて退職した話-後編-

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

僕は、

丁度、今から2年ほど前に、

関西にある、零細の法律系事務所を退職しました…

 

その退職した法律系事務所は、

なんと、

入所してから1年以上勤めてきた所員(秘書を除く)の数が、

100人中8人…

 

なぜ、それほど人が次から次へと辞めていくのか…

それは、

この事務所には、魔物がいるからなのです…

詳しくはこちら…

www.mayaaaaasama.com

   ちなみに、初めて見た人には何が何だかさっぱりわかんないと思うので、簡単に説明すると、この事務所には、小柄で杖をついて歩いてそうなお爺ちゃん所長と、目がぎょろっとして大柄で気難しそうな寡黙なおじさん副所長がおり、この二人の組み合わせは、見た目的に、

ドラクエ4のピサロのてさき大目玉

 そして、実際に事務所に入ると彼らは人間ではなく、魔物でした…

 

 更に、この事務所には裏ボスが存在しており、それが、所長夫人… 

 所長夫人は、見た目80歳くらいであり、橋田寿賀子が茶髪になったような容姿をしており、所長でも抵抗できないほどの権力者である…

 所長夫人は、この事務所のボスで、罵声し、罵倒し、横柄な態度で欲望の赴くままに行動し、所員を食い物としている…

 まさにこの所長夫人は、

 デスピサロ…

 一方、こんなひどい事務所の中にも僕に仲間ができました…

 その仲間とは、見た目がメタボぎみだけど心優しい30代前半の男性…

 彼から、この事務所でやっていく術を色々教えてもらいました…

 まさに彼は、

ホイミン…

 しかし、そんな心優しいホイミンではあるが、

 仕事中に

f:id:mayaaaaasama:20190110203602j:plain

寝てる…

 

しかし、彼は、所長と所長夫人に気に入られているのか

お咎めなし…

f:id:mayaaaaasama:20181231144817p:plain

なんじゃこりゃ!? 

 

 こんな事務所の方々と共に、

僕はこの法律系事務所を2年頑張ってきました…

それはやはりこの所長の下で指導を受ければ必ず腕がつくだろうという目論見があったからです…

しかし、2年くらい経過しようとしたとき、僕はもうこの事務所に限界を感じて退職しました…

それには決定的な出来事があったのです…

 目次です…

スポンサーリンク

 事務所での1日のスケジュール

 この事務所での1日のスケジュールは、大体こんな感じでした…

 9:00~12:00 書類作成か書類修正

 12:00~13:00 所長と副所長とホイミンとランチ

 13:00~22:00 書類作成か書類修正

 スケジュールは、すごく単純です。1日の仕事は書類を作成するか、作成した書類を所長に指示されて修正するかのどれかです。それが1日の約半分を占めます。そして、その合間にランチです…

 これを2年間よく続けてこれたなとブログを書いている今、自分でそう思います…

 あの時の自分を、ほめてあげたいです…

f:id:mayaaaaasama:20181231184648j:plain

 最悪の1日が…

 こんなスケジュールで毎日を必死に頑張ってきたのですが、ある日異変が起きました…なんかそれは不幸の積み重ね…というか連鎖でした…

 早朝の掃除当番…

 当番制で、毎週月曜日の早朝に事務所内を掃除する番が僕にも回ってきました…僕は、その掃除のために、朝早く事務所にやってきました…誰もいませんでしたが、それからしばらくして婆さんがやってきました…僕はもうめんどくせえなあという気持ちでいっぱいでした…

 この掃除は、事務所内にある掃除機で事務所内のフロアを掃除します…僕は一通り事務所内のフロアを掃除して、掃除機を元においてあった場所に戻そうとしました…

 すると、婆さんが、指をさし、「ちょっとあんた、掃除機ここにおいといて」と言ってきました…ここにおいてと指をさしたところは、人が通る通路のど真ん中です…おそらく婆さんがまた使うのだろうと思い、僕は言われたとおりに置いておきました…

 婆さんがキレる…

 するとしばらくして婆さんが、腸が煮えくり返ったような顔立ちで僕の方にやってきて、

「あんた、掃除機こんなとこおいてたら邪魔やろうがああああ」とキレてきました…

 え?

 へ?

 は?

わけがわかりません…

「気の利かん男やわ~」と捨て台詞まで吐きます…

 いやいや…

 あんたがここに置けと…

 ぼけてるのか、あの婆さん…

 なにこのノリツッコミみたいなキレ方は…

 これから月、火、水、木、金と地獄の5日間が始まろうとしている早朝でいきなりこれです…

 勘弁してくれ…

f:id:mayaaaaasama:20181231184648j:plain

 

 トイレに行くとなんじゃこりゃあああ…

 その日の午前、

 僕は、何か股間のあたりに違和感を感じたのでトイレに行きたくなりました…

 しかし、トイレに行くためには婆さんの部屋を通らないといけません…

f:id:mayaaaaasama:20190109224402j:plain

 トイレに行くと婆さんがトイレでさぼっていないか戻ってくるのを待っています…気がめいりますが、もうそんなの関係ないです…

 僕はトイレに直行しました…

 そして、トイレに入ってズボンを下すと、

f:id:mayaaaaasama:20181231144817p:plain

 パンツの股間のあたりから血が出ています…

 なんじゃこりゃああああ…

 よく見ると、チ〇コの先っちょから血が出ているようです…

 もう意味わかりません…

 なんだこれは!?

 ストレスによるものなのか!?

 何か病気にかかっているからなのか!?

 それとも

 生理なのか!?

 もう混乱してしまいましたがとりあえずトイレットペーパーでパンツをふき取り、

 そして、まだ血が出るようなのでチ〇コにトイレットペーパーを包んでパンツをはきました…

 婆さんまたキレる…

 やばいなあと思いながらトイレを出て、席に戻ろうとすると

 案の定、婆さんがやってきます…

 婆さんは、僕に向かって、

 「あんた、戻ってくるの遅いなあ…」と周りに聞こえるように大声で言い放ち、理由も聞かずに去っていきました…

 まあ、仮に理由を聞かれても、

 チ〇コから血が出てきたからというのは言いにくいのですが…

 しかし、それにしても

 なんて日だ…

f:id:mayaaaaasama:20181231184648j:plain

 

 トイレで用を足すとなんじゃこりゃああ…

 その日の不幸はまだまだ続きます…

 その日の午後に、用を足そうとトイレにいきました…「大」の方です…

 婆さんがもう逆上しているので、早く済ませようと「大」のレバーを押したところ、

 流れません…

 え?

 へ?

 は?

 また、「大」のレバーを押しましたが流れません…

 どうしたらいいんだよこれ…

f:id:mayaaaaasama:20181018003330j:plain

 このままほったらかそうか…

 しかし、このトイレを使うのは、

 男性の所長と、副所長と、ホイミンの3人のみ…

 そして、今僕がトイレに行ったのは彼らから気づかれている

 正直に婆さんに言おうか…

 てか僕は何も悪いことしてねえのになぜこんなに悩まされるのだろうか…

 婆さん更にキレる…

 僕はとりあえずトイレに出て、席に戻ろうとすると、

 婆さんが、僕に向かって、

 「あんた今日はトイレから出てくるの遅いなあ。なんでや!?」

 今度は理由を聞いてきました…

 僕はトイレの便器が故障しているのか水が流れないと言いましたが、

 婆さんは逆上しています…

 そして、婆さんはあたかも僕のウ〇コが便器を詰まらせたかのように、

 「ああ、やまさんがウ〇コ詰まらせたからトイレ使えへんで~どうやったらウ〇コつまらせんねん。どんなウ〇コしたねん。クソが」

 と所内全体に大きく聞こえるように言いふらしてきました…

 ウ〇コ連発です…

 この婆さんはどういう神経してるんだ…

f:id:mayaaaaasama:20181231184648j:plain

 たまりにたまった仕事の量…

 新たな書類の作成と、所長からの指示で書類の修正がたまってきました…

 その日に婆さんからの怒涛の連鎖で、

 もう体力が0に近づいてきました…

 

 所長の爺さんもキレる…

 ああ早く帰りてえ…と思ったときに僕は所長に呼ばれました…

 所長は僕に打合せ室に行くように指示したので、打合せ室で所長と2人話をしました…

 そして、所長は僕に向かって、

 「あんた、わしが帰ると、すぐ帰るんやってなあ…」

 とちょっとキレたような感じで言ってきました…

 え?

 へ?

 は?

 所長が帰るといってもそれから30分くらいはいますよ…

 どうやら、所長が帰ったあと、あのおおめだまがそのぎょろっとした目で僕が早く帰っているように見えたようです…

 もう、どうすりゃあいいんだああああ…

f:id:mayaaaaasama:20181018003330j:plain

 僕もホイミンみたいに寝てまでも事務所に居続けないといけないのか!?

f:id:mayaaaaasama:20190110203602j:plain

 再起不能…

 もはや再起不能でした…

 もうこのときに2年頑張ったし、もうやめようとその日思いました…

 チ〇コから血が出てきましたが、どうもチ〇コの先っちょに少しキズがいってたみたいで2日くらいで止血しました…しかし、これを理由に僕は膀胱の調子が悪いと所長と所長夫人に行って、ちょくちょく有休を取得しました…取得した有休を転職活動に当てました…

 今回、あのエージェントのハゲに懲りたので僕は自力で転職活動しました…

 

 しかしこの2年間で得たものはでかかった…

 そして、今の東京の法律系事務所に移ることにしました…

 今の東京の法律系事務所は、それなりに大きい事務所です…

 大きい法律系事務所だと優秀な士業の方にあふれて、僕みたいな零細の法律系事務所を渡り歩いたものがやっていけるか不安でした…

 しかし、今の法律系事務所に入所して1週間たって、その気持ちは払しょくしました…

 というか余裕でした…何かよくわかんないですが、しっかりした質の高い書類を作成できているようです…

 僕は、あの2年間で1つの書類について文章の表現など1字1句細かく丁寧にやってきました。1つの書類を作成してクライアントに送るのに3週間ほどかかりました…

 通常、この業界では、1つの書類を作成するのに要する時間は、3週間では遅すぎで、2日間くらいです。そこで、これまで3週間かかった書類を2日間で作成することになるのですが、あの2年間では所長の書き方を真似るやり方をしてきた経験で僕はどこを手を抜いて、どこをしっかりと書けばよいのかつかめるようになりましたので、質をある程度維持したまま早く書類を作成することができました…

 このため、今の法律系事務所での仕事はもう余裕すぎました…

 あの2年間の苦労が報われているのだと思います…

 なんかあの2年間で僕は、

 ドラクエ4のライアンが、王様にレベルを爆上げしてもらったように、

 知らず知らずレベルが爆上げされているようでした…

 ただ、

 もう2度とこんなところで働きたくはないです…

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.