非モテ士業男子の痴的な日常

とある法律系事務所に働く非モテ士業男子が女装したりして日常を赤裸々に暴露する大胆雑記。

士業男子の京都ラーメン道-京都の河原町で今一番熱いラーメン店「麺屋 猪一」に行ってきた話

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

月曜日からしばしば土曜日まで、スーツ姿に着替えて、

一丁前に🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194532j:plain

資格バッジをスーツに装着して、

オフィスデスクに着席し、

ほぼ同じ姿勢で、パソコンに向かって、無表情で、

 文章を作成するお仕事に従事します…

詳しくはこちらをご覧ください… 

京都はラーメン帝国… 

僕は、こう見えても

ラーメン好き…

地元の京都ラーメン帝国

ってご存知でしたか?

 

天下一品、天天有、ますたに、横綱、第一旭、新福菜館…

これら全国レベルで有名なラーメン店みんな

京都発祥

ちなみに、

 

京都では、

結構濃厚なスープを提供してくれるラーメン店が多いですが、

これらのラーメン店に対して、

「麺屋 猪一」は、あっさりとした淡白な味わいのラーメンを提供してくれるとのこと…

そして、この

「麺屋 猪一」は、

2018年のミシュランで、ビブグルマンに選ばれた有名店…

ちなみに、

ビブグルマンとは、

味、ホスピタリティ、コストを総合的に判断して、パフォーマンスに優れたお店に認定される称号…

f:id:mayaaaaasama:20181228200957p:plain

 

それを聞いた僕は、

f:id:mayaaaaasama:20181014193350p:plain

ときめきました…

 

 そこで、

僕は早速河原町駅に向かい、

クリスマスイブのランチに食べに行こうと思いましたが、

スープが終了していました…

 

やはり京都のラーメン店屈指の人気店

さすがに余裕をもっていかないと

こんな風に痛い目にあいます…

 

ちなみに、「麵屋 猪一」は、

食べログの評価において、

京都のラーメン店の中で、

ランキング6位です…

tabelog.com

 

河原町駅から猪一へ

僕は、もう今年の仕事も納めましたので、

早速東京から新幹線で京都に向かい、

f:id:mayaaaaasama:20181227212515p:plain

昼4時30分ごろに、京都駅に到着しました…

それから、

205系統のバスに乗って、

河原町に到着…

f:id:mayaaaaasama:20181228201708p:plain

そこから、

阪急河原町駅の出口10番に向かい、

f:id:mayaaaaasama:20181228195321j:plain

階段を上り地上に到達すると、

新京極通と反対側に、

エディオンの看板が見えるので、

 

f:id:mayaaaaasama:20181228195332j:plain

その看板が見える方向に向かってひたすら進むと、

f:id:mayaaaaasama:20181228195419j:plain

歩いて10分くらいで猪一の看板が見えます…

どうですか。

この店は、

河原町駅の10番出口から、

1本道で行けるので、

簡単に見つかります…

 

到着したの夜5時でしたが、

f:id:mayaaaaasama:20181228195405j:plain

結構客が並んでいました…

並んでいる客のほとんどが外国人だったので、

やはり

ミシュランで選べるのは

国際的に知名度も上がるのでしょう…

 

ちなみに後から来た外人が

僕に

「This Inoichi?」と変な英語で聞いてきました…

 

入ってみた…

 待つこと30分ほど、

ようやく店に入れました…

店に入ってメニューを見ると、

メニューの数が膨大で迷ってしまいます…

f:id:mayaaaaasama:20181228193401p:plain

ラーメン以外にもねぎとろ丼、ちゃーしゅー丼もあるのが気になりますし、

「炙りほたてと豆腐のだしマヨ丼」(ラー油使用)って

なんだよこれとすごく気になりますが、

ここはこらえて、

本来の目的である、

さすがに、ここはラーメンを食べようと思い、

鶏そばを注文しました…

ここで、猪一ラーメンには「黒」と「白」の2種類を選択できます…

猪一ラーメンは、醤油ベースですが、「黒」は、濃い口黒醤油で、「白」は、白だし醤油です。どちらか迷いましたが、やはり京都のラーメンは黒い醤油ベースが主流なので、それに慣れ親しんでいる僕は、「黒」を選択しました…

 

しかし、自動的に煮卵がついてくれるのは

ありがたい…

 

お店の外観は、6席ほどのカウンターに、テーブル席が2つ…

とてもこじんまりしています…

f:id:mayaaaaasama:20181228195517j:plain

薬味も置いていますが、なんか普通のラーメン店と違い、

薬味の入れ物が、料亭でおいているような感じでした…

f:id:mayaaaaasama:20181228195609j:plain

そして、満席にもかかわらず、

それほど待つことなく、

鶏そばがやってきました!

f:id:mayaaaaasama:20181228195504j:plain

柚子もついています…

これは珍しい…

f:id:mayaaaaasama:20181228195659j:plain

食べてみた…

f:id:mayaaaaasama:20181228195542j:plain

まずは、スープをたしなむと…

うっ!

なんだろう、

この上品すぎる味は…

余計な夾雑物が淘汰されている…

 

うぉううぉううぉう…

黒醤油のふくよかな味わいが後からじわじわと来ます…

 

なんというか、

とりあえずええダシが出るからとりあえずなんでも入れとけ系のラーメンとは一線を画しています…

無駄のない洗練されたスープです…

ラーメンで、

こんな爽やかな味わいは

初めてです…

 

f:id:mayaaaaasama:20181228195532j:plain

続いて麺をすると、

この細めのストレート麺は、

しっかりとコシがあり、

洗練されたスープが染みついて、

もう

すするすする…

アッという間に麺がなくなります…

 

せっかくなんで、柚子と、

f:id:mayaaaaasama:20181228195659j:plain

 無料でトッピングできるとろろ昆布を

f:id:mayaaaaasama:20181228195624j:plain

入れてみたところ、

f:id:mayaaaaasama:20181228195636j:plain

柚子の香りが加わり、

上品さ倍増、

昆布の旨味が加わって、

更に旨さ倍増…

 

ラーメンにとろろ昆布は、

絶妙なマッチングでした…

 

鶏のささみもジューシーで、

美味しく堪能しました…

 

店の接客も素晴らしく、

店員さんが、外国人に流暢な英語で対応していました…

これは京都から海外へ発信される国際派ラーメン

それが「麵屋 猪一」…

f:id:mayaaaaasama:20181228200957p:plain

以上

tabelog.com