非モテ士業男子の痴的な日常

とある法律系事務所に働く非モテ士業男子が女装したりして日常を赤裸々に暴露する大胆雑記。

1年間勤めていた零細メーカーを退職しましたがとんでもメーカーでした…

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

月曜日からしばしば土曜日まで、スーツ姿に着替えて、

一丁前に🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194532j:plain

資格バッジをスーツに装着して、

オフィスデスクに着席し、

ほぼ同じ姿勢で、パソコンに向かって、無表情で、

 文章を作成するお仕事に従事します…

詳しくはこちらをご覧ください… 

 

悲惨な職歴…

今ではそこそこ優雅に東京で、

士業ライフを満喫しておりますが、

士業ライフに至る前に、

僕は、零細メーカー技術職として勤めていました…

僕はとある旧帝大学出身で、大学院も出たのですが、

就活は全滅…

書類は通るけど、

面接は全く通らない…

それはもう悲惨でした…

 

なのでもう民間で就職は無理だと思い、

公務員試験に臨んだのですが、

あと一歩のところで不合格

 

途方に暮れた僕は、もうどうしようもなくなって、

大学の求人サイトに片っ端から募集をかけたところ、

とある関西の田舎の零細化学メーカーから

技術職として内定を頂いたので、

そこに就職することにしました…

 

 

メーカーは、小さい規模のメーカーだと、

何が起きているの外には全く分かりません…

そこでは従業員を不当に扱い

暴力罵倒など

なんでもありです…

 

 零細メーカー…

僕は、大学院修了後、

とある関西の零細化学メーカーに入社しましたが、

そこは散々たるもので、

常識を逸した、

松本人志の不条理ワールドが展開されており、

もはやカオス…

 

僕はそこに1年間勤めましたが、

将来性が絶望的でしたので、

すぐに退職し、

士業のとある資格を取得するためにひたすら勉強することにしました…

 

 

 

そこで、

今回その退職した零細化学メーカーがいかにトンデモメーカーであるかがわかるように、トンデモ具合を4個紹介していきたいと思います…

 

 

誰も化学を知らない

 この零細化学メーカーは、接着剤用途などの機能性樹脂を製造する。

 しかし、

 技術職の人たちは、

 皆高卒で、

 誰一人として化学の知識を知らない…

 樹脂の合成に使用するモノマーがどういう物性であるとか、

 全く知らず、

 文献で調べるということも知らない…

 そして、得られた樹脂の構造を特定するための装置(IR)が置いてあるのだが、だれもその使い方がわからないので、

 放置…

 

 彼らはみな、樹脂の合成を

 長年のノウハウで蓄積した

 勘で、

 行っている…

 

 僕は、

 別に学歴どうこうをいうつもりはないですが、

 僕はなんでここにいるのだろう…

 と思いました…

ガチムチ工場長と、ガチムチ工場子分

この零細メーカーの従業員数は20人程度であり、

製造グループは大体4割ほどいて、

ガチムチ系兄貴系とに分類される…

その中でもガチムチ系は、

工場長であるガチムチ工場長と、下っ端の若手であるがガチムチ工場子分

f:id:mayaaaaasama:20181201225639p:plain

ガチムチ工場子分は物覚えが悪く、

工場長にしばし激怒されたり、どついたりしているが、

仲はよいようで、

休憩時間に

一緒に上半身裸になって筋トレをしている…

早朝から

工場では

ガチムチ工場子分に対する

ガチムチ工場長の怒声と、

ガチムチ工場子分の返事「ハイ!」

聞こえるのであるが、

そのやり取りを

他の製造グループの者たちはみな

愛のさえずり

呼んでいる…

 

異様な雰囲気…

 

愛のさえずりを聞くたびに

僕はなんでここにいるのだろう…

と思いました…

 

転売が一番儲かる

ある時僕は、

技術グループの先輩に呼ばれて、

アルバイトしないかと言われました…

 

よくわからず連れていかれたところは

ガチムチ工場長とガチムチ工場子分が生息する

製造グループのオフィス…

 

そこで、

韓国製品の聞いたこともないメーカーの製品缶のラベルを、

f:id:mayaaaaasama:20181201225841j:plain

はがして、

f:id:mayaaaaasama:20181201225849j:plain

自社のシールに張替えして

f:id:mayaaaaasama:20181201225853j:plain

ほしいというものでした…

 

そのあと、去っていった先輩の一言

「転売が一番儲かるねえ~」

がこの零細メーカーの技術力

物語っていました…

 

そしてはがした韓国ラベルは、

f:id:mayaaaaasama:20181201225940j:plain

無駄にしません…

ガチムチ工場長

そのシールおいといて

言ってきたので

何に使うのか見ていると、

f:id:mayaaaaasama:20181201225957j:plain

それでバットを作っていました…

シールでバットをより強く振れるように補強…

このバットは、

物わかりの悪いガチムチ工場子分

f:id:mayaaaaasama:20181201225639p:plain

ミスしたときに

子分の尻をたたくためのものらしいです…

f:id:mayaaaaasama:20181201230010p:plain

僕はなんでここにいるのだろう…

と思いました…

 

ザリガニ

この零細メーカーは田舎なので、

昼休みになると、

技術グループの先輩たちや、工場長、工場子分が

ザリガニをとったりして遊んでました…

 

僕は虫が大の苦手だったのですが、

それを知ったガチムチ工場子分

f:id:mayaaaaasama:20181201225639p:plain

捕まえたザリガニを

あろうことか

僕の机の上に

f:id:mayaaaaasama:20181201225816p:plain

おいてました…

どうしたらいいんだよこれ…

僕はなんでここにいるのだろう…

と思いました…

 

僕はこの零細メーカーを1年でやめましたが、大した技術力もつかないので、

技術系での転職は難しいだろうし、もうこんなとこまた転職したら嫌だとあせったので、必死に士業の資格勉強がんばりました…

 

以上