非モテ士業男子の痴的な日常

とある法律系事務所に働く非モテ士業男子が女装したりして日常を赤裸々に暴露する大胆雑記。

士業男子が、「この世界の片隅に」を観て色々妄想してみた話。後編

僕は、とある法律事務所で働く士業男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

月曜日からしばしば土曜日まで、

スーツ姿に着替えて、

一丁前に🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194532j:plain

資格バッジをスーツに装着して、

オフィスデスクに着席し、

ほぼ同じ姿勢で、パソコンに向かって、無表情で、

文章を作成するお仕事に従事します…

詳しくはこちらをご覧ください… 

www.mayaaaaasama.com

ある時、仕事中の昼休憩に、

f:id:mayaaaaasama:20181016195821j:plain

早く家に帰りてえなあ~畜生」

と思いながらネットサーフィンをしていたところ、

 

 f:id:mayaaaaasama:20181016200945j:plain

この世界の片隅に」のすずさんに惹かれて、

f:id:mayaaaaasama:20181014193350p:plain

僕は魅せられました…🙈

すずさんのような

割烹着の似合う女性と

f:id:mayaaaaasama:20181016230644j:plain

貧しいながらも幸せに過ごしたいと、

この世界の片隅にを鑑賞して思いました…

 

www.mayaaaaasama.com

 

そんな余韻にふけていると、

僕の彼女が現れてきて、

f:id:mayaaaaasama:20181009212410j:plain

僕のすずさんへの想いを遮ってきます。

え?この彼女誰かって?

ええっとですね…

これは実は

僕自身なんですよ…

「は?」

何を言っているんだこいつ?

と思った皆さん…

 つまりは、

女装した僕が、僕の彼女なんです…🙈

詳しくはこちらをご覧ください…

 

www.mayaaaaasama.com

そうすると、彼女のエゴが、僕の余韻を蝕んでいき、

むしろ、戦時中に女装娘がいたならばどうなんだろうとの

とんでもない妄想が膨らんできました…

f:id:mayaaaaasama:20181017220814j:plain

戦時中、それは贅沢は敵だと騒がれた時代…

そんな時代にウィッグなんて当然ありません…

そうすると、女装するならば、地毛を伸ばす必要がありますが、

地毛を伸ばすものなら

憲兵が現れて

f:id:mayaaaaasama:20181017232631j:plain

旧式のバリカン

f:id:mayaaaaasama:20181017232638j:plain

地毛を丸ごと剃られてしまう…

f:id:mayaaaaasama:20181017233351j:plain

しかも、

旧式のバリカンで、

f:id:mayaaaaasama:20181017232638j:plain

憲兵

強引かつ荒いやり方で剃るだろうから

f:id:mayaaaaasama:20181017233713j:plain

死ぬほど痛い

f:id:mayaaaaasama:20181017233351j:plain

 

 そうすると、髪型全部が見えないファッションに身を包むしかありません…

そこで、

考えられるのは

f:id:mayaaaaasama:20181017213001j:plain

乙型活動衣

 もんぺ服上下で貧乏くさいが、

このような恰好であれば、

短髪であっても髪型がすっぽり隠れて

f:id:mayaaaaasama:20181017235215j:plain

外出しても顔パスできる

 

しかし

空襲警報が鳴っていないにもかかわらず、

毎日こんな格好で外出していると、

怪しんだ憲兵

f:id:mayaaaaasama:20181017233713j:plain

職質されてその後連行されて、

f:id:mayaaaaasama:20181018002232j:plain

死ぬほどボコられる

 

そうすると、憲兵に怪しまれないようにするためには

女装で外出する日はいつも

空襲警報があるときだけ

 

そうすると、戦時中での女装で外出は、

防空壕に避難するときだけ…

 

命がけの女装…

 

なんか

f:id:mayaaaaasama:20181018003330j:plain

泣けてきた…

f:id:mayaaaaasama:20180929212854j:plain

以上