非モテ士業男子の痴的な日常

とある法律系事務所に働く非モテ士業男子が女装したりして日常を赤裸々に暴露する大胆雑記。

法律系男子はなぜ女装に目覚めたのか。イラストともに解説する。

僕は、とある法律事務所で働く法律系男子🙈

f:id:mayaaaaasama:20180929194523j:plain

僕はとある国家資格を取得し、毎日スーツ姿に着替えたら、

一丁前に🙈

資格バッジをスーツに装着して、

f:id:mayaaaaasama:20180929194532j:plain

オフィスデスクに着席し、

ほぼ同じ姿勢で、パソコンに向かって、無表情で、

クライアントのためにとある権利書の作成に努めます…

 

この権利書の作成業務は大体朝9時30分からよる10時くらいまで続きます… 

毎日毎日が同じことの繰り返し…

おうち帰りたい…

 

しかし、家に帰っても、1人暮らしの身ですので、

彼女もおらず、毎日が寂しい日々です…

 

しかも家に帰ると、疲れがどっと湧いてくる…

疲れはお風呂に入って癒します…

 

そんな僕の、一日の至福の時は

風呂上がりの

ヤクルト。

f:id:mayaaaaasama:20180929200851j:plain

これをヤクルト専用のありがたい5本入りストローで、

ちびちびと飲みます。

ちなみに通は

f:id:mayaaaaasama:20180929205922j:plain

この形態で飲むのだそうです。

 

ヤクルトは、ちびちびと飲むのがいいんですよ。ちびちびと。

中尾彬も言ってたでしょ?ちびちびと飲むのがいいって。

 

 それはそうとやはり毎日毎日が不満の連続ですよ。

苦労して資格を取って、この資格を取ったら人生バラ色だあって思ってたのに、

1日の至福の時が

f:id:mayaaaaasama:20180929200851j:plain

これって

しかも一瞬やし…

 

ああ

もうやってらんねえ

やけだやけ!

そうしていつも気づいたら、

f:id:mayaaaaasama:20180929213523j:plain

一日にこんだけ飲んだらもびっくりするでしょう…

ちなみに業界用語では、

ヤクルト暴飲をヤケルトと

いうらしいです。

 

それはさておき、最近一番腹の立つのは

イオンでヤクルトを買ったと思ったものが、実は

f:id:mayaaaaasama:20180929210523j:plain

紛らわしいんだよ、畜生。

これぐらい、

f:id:mayaaaaasama:20180929210535j:plain

区別つけろって

 

それはそうと、

ヤクルトレディ…じゃなかった普通に彼女欲しい…です。

僕は寂しがりやなので一人はつらいのです…。

しかし、職場の女性の事務さんは僕に

圧倒的無関心…。

街コンに行っても仕事ばかりの日常なので会話は

弾まないし、

自分の職業を、彼女たちはほとんど知りません。

 

もうどうにもならないので、

いっそ自分がメイクして女になっちゃえばいいじゃんという極論に、

たどり着きました。

 

そして、女装メイクしたら、

f:id:mayaaaaasama:20180929194604j:plain

女の子になっちゃいました…

今の化粧技術は凄まじく変化しているのです。

確かに僕みたいな非モテにとって、彼女の代役としてダッチワイフやセックスロボットも考えられますが、

僕はそのような無機的なものはどこか敬遠しますし、

もういっそのことなら自分がなることにしました。

 

f:id:mayaaaaasama:20180929194610j:plain

 

僕は女装した自分をまやと名付け、

f:id:mayaaaaasama:20180929212241j:plain

 

まやは僕の彼女となり、一つ屋根の下で暮らすことになりました…

彼女ができて結婚するまでは、まやは僕の彼女です

f:id:mayaaaaasama:20180929194617j:plain

 

めでたしめでたし

f:id:mayaaaaasama:20180929212854j:plain