非モテ士業男子の痴的な日常

とある法律系事務所に働く非モテ士業男子が女装したりして日常を赤裸々に暴露する大胆雑記。

メイクの話-準備編-

今回は、僕の女装メイクを、

一部始終余すことなく語っていきたいと思います

ああ恥ずかしい…🙈

 

まずは毛抜き作業。

僕は、髭の永久脱毛をしたことがないし、髭もそれほど薄くありません。なので、剃刀だけでは髭の剃り残しが目立って、完全にメイクしても、髭の生えたオカマです。

そのため、完全に髭を『抜く』ためには、

髭を2日以上寝かせ、伸びた髭をピンセットで一本一本ぶっこ抜きます。

気が遠くなる作業ですが、この毛抜き作業に1時間程度で終わります。鼻下の髭をぶっこ抜くのはめちゃくちゃ痛いです…鼻下の髭を抜くコツとしては、鼻をつまみながら一気にぶっこ抜くことです。

 

次に、顔色改善作業。

顔色をよくするために、40℃程度の湯船に浸かります。

ここで、更に、口角を上げるように、顔を天井に向けて、舌を天井に向かって、思いっきり突き出します。突き出した下をまずは右に移動し、反時計回りに右から左に向けて回し、今度は時計回りに左から右に向けて回し、この作業を繰り返します。

これと並行して目をぎょっと大きくして、舌の移動と連動するようにして大きく見開いた目の黒目を移動します。

これを大体50回くらいやります。

その後、目のクマを目立たなくさせるために、水で濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めて出来上がったホットタオルで、両目を覆います。

、その後、更に、ほうれい線を目立たなくさせるために、ほうれい線ができるところを、人差し指と、口の中に入れた親指で挟んで、人差し指と親指で優しく揉んで解します。これで、ほうれい線が目に見えて目立たなくなるのがわかります。あくまで個人差がありますが…

僕は湯船に浸かるときは大体この作業を全てこなします。なので、湯船に浸かっても休んだ気になりません…

 

次に、黒目増大作業

湯船に浸かり終わり、髪を乾かしたら今度はカラコンで黒目を大きくします。

ここで、黒目を大きく見せるためのおすすめのカラコンは、径が14.5mmで、色が茶色系(ダークモカとか)のカラコンが個人的におすすめです。色が黒いものはあまり大きく見えないです。

ここで、ドライアイの着色されていない目薬で点眼した方がカラコンを目に装着しやすいです。後は、万が一に備えて事前に爪を切っておくことですか…

これで大体の下準備は完了です。大体これだけの作業で2時間ほど要します。

メイクでさらに1~2時間ほど要します。

メイクはこの後語っていきます。

で、完成したものを貼っておくとこちら🙈

f:id:mayaaaaasama:20180919230703j:plain

 

メイク下地編に続きます…

 

www.mayaaaaasama.com