とある士業の知的な日常

弁理士ブロガーです。勉強法、文章術、英語、特許、美容、資格、読書を主に紹介するブログです。何かあればyamatenisan@gmail.comまでお願いします。

仕事

終身雇用は崩壊した方が人生を適切に生きることができる理由

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今回は、「終身雇用は崩壊した方が人生を楽しく生きることができる理由」についてお話ししたいと思います。 目次です。 終身雇用終了宣言 終身雇用終了宣言について思うこと 終身雇用は崩壊した方が人生を適切に生きるこ…

目的の達成のために目標を立てることが重要です。目標の設定のコツをお話しします。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今回は「目的の達成のために目標を立てることが重要であること」と「目標の設定のコツ」についてお話しします。 目次です。 目的(GOAL)を達成するために目標を立てることが重要 会社で目標を立てることが難しい場合、会…

コミュ障が社会で上手くやるために重要なこと。それは「専門性の高いスキル」と「文章力」を身につけること。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今回は「コミュ障が社会で上手くやるために重要なこと」についてお話しします。 かくいう僕もまたコミュ障です…新卒の就活では20社くらいほぼ全部面接で落ちました笑 正直、社会で上手くやっていけるのか絶望してた時…

痛いおじさんにならないために、30歳過ぎると「ものの言い方」に気をつけた方がいい。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕ももう30代半ばです。悔しいですがおじさんです…30歳になった時には「ああおじさんだ…いやだああ」と絶望しましたが、この年になるとよくも悪くも慣れました…むしろおじさんになったからこそ痛いおじさんにならないよ…

年収1000万円プレーヤーを目指して仕事をするのはやめたほうがいい理由

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今回は、「年収1,000万円プレーヤーを目指して仕事をするのはやめたほうがいい」という話をしたいと思います。 目次です 「年収1000万円プレーヤーの3割が睡眠時間5時間以下」 年収1,000万円を目指して…

職場の人間関係がうまくいかないのは人に好かれようとしているから。上手くいくコツをお話しします。

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 僕は、これまでブラック零細企業を1社、ブラック零細特許事務所を2か所経験し、今では法律事務所に勤めています。 このブラック3社での人間関係はとても凄まじくひどいものでした。いずれの3社で、上司(所長)、…

スランプに陥った時の脱出方法はただ1つ。無駄なことを省くことです。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕は、これまでに「勉強」「仕事」そして「ブログ」など様々な分野で努力を継続してきました。これらの努力の継続の過程で必ず起きるのが「スランプ」です。しかし、この「スランプ」に陥っても正しい脱出方法を知ってい…

AIが人間の仕事を奪わない理由

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今からおよそ3年前、野村総研の共同研究報告によれば、AIにより士業が代替されるというニュースがありました。それによれば、弁理士の代替可能性は92.1%だそうです。今後、AIにより弁理士の仕事は代替されるのでし…

終身雇用制度が守られない時代の社会人におすすめの働き方

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 今回は、「終身雇用制度が守られない時代の社会人のおすすめの働き方」についてお話しします。 目次です 終身雇用制度が守られない時代に働き方の見直しが重要 社会人におすすめの働き方 専門性の高いスキルの習得 ス…

行動力がないと人生損をします。行動力を上げるためには考え方を変えるのが重要です。

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 今回は、「行動力」についてお話ししたいと思います。行動力がないと人生損をします。 目次です。 行動力がないと人生を損をする理由 「自分を成長できず、特定の分野で成功しないため」 「現状の問題を解決できず、自…

30代で仕事が楽になるために20代でしておいた方がいいこと

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 今回は、30代で仕事が楽にあるために20代でしておいた方がいいことについてお話しします。なお、タイトルでは、「20代にしておいた方がいい」としましたが、「20代」を「30代前半」に置き換えても差し支えありません。…

残業しないで定時退社しやすくするために重要なことをお話しします。

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 以前に「仕事をし過ぎると損をする」というお話をしました。過去記事はこちらです。 www.mayaaaaasama.com このため、残業しないで定時退社することが重要です。しかし、ほとんどの人は、定時退社することに抵抗がある…

「努力」が報われないのは努力の「方向性」が間違っているからです。努力についてお話しします。

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 今回は「努力」についてお話しします。 ある成果をあげるために、努力しても報われないことはよくあります。僕も、最初の特許事務所で3年間スキルを磨くために努力しましたが一向に向上しませんでした。このため、僕…

特許ビジネスを応用した、情報の効率的な売り方についてお話しします。【情報教材】

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 たいていの人は、自分の経験に基づいた情報を持っていると思います。例えば、特定の仕事についた人は、その仕事についての情報を持っていると思います。僕の場合は、弁理士ですので、例えば、特許をとるためのコツといっ…

仕事を効率よくこなすために朝にしておいた方がいいこと

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 今回は仕事を効率よくこなすために朝にしておいた方がいいことをお話しします。 この記事を読むメリット ・仕事を効率よくこなすために朝にすべきことを理解できる。 目次です。 仕事を効率よくこなすために朝にしておい…

議事録の作成はアウトプット力を高める最高のトレーニングです。議事録を簡単に作成する方法(コツ)をお話しします。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕は、弁理士なのでクライアントとの特許出願の打合せをよく行います。そして、打合せの後は、その合意事項をまとめた議事録を作成します。 議事録の作成は正直面倒臭いですが、アウトプット力を高める最高のトレーニン…

仕事で身につけたスキルを使って副業をした方がいい理由

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕の本業は弁理士をしており、特許明細書を作成しています。この明細書の作成により身につけた文章力を活かして、今はブログをせっせと書いています。 ほぼ毎日ブログを継続しており、今では月に3万円の収益が発生して…

自分への批判を受け流すスルースキルを身につける方法を紹介します。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕は、仕事上、クライアントや上司に自分のやり方などの批判を受けることもあります。また、ブログやツィッターをしており、自分の考え方に対して批判を受けることもあります。このような批判に対して、スルースキルを活…

社会人になっても社会で素の自分を出した方がうまくいく理由

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 突然ですが、僕は内向的な人間で非社交的な人間です。そんな僕が社会に出た時、素の自分でなく、社交的に頑張ろうと周りに気を配ったりして「建前の自分」を演じてきました。しかし、ただでさえ仕事をしているのに、そん…

スキルを上げる(スキルアップの)ためには修正力が重要です。修正力をつけるために重要なことを紹介します。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕は、弁理士をしています。弁理士は、特許明細書と呼ばれる法律文書を作成します。この法律文書は専門性が高く、スキルを向上させることが難しいです。このようなスキルを向上させるために修正力は重要です。 そこで、…

社会人がスキルを効率よく磨くために、これは断捨離した方よいと思うこと

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 僕は弁理士であり、これまでに専門的なスキルを磨いてきました。その過程で、無駄だと思えてきたことを断捨離し、その甲斐もあって、スキルを効率よく磨けたと思います。 そこで、今回は、社会人がスキルを効率よく磨…

プライドは不要です。プライドを捨てると人生が豊かになる理由

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 僕は弁理士でして、クライアントから先生と呼ばれて仕事をしています。 先生と呼ばれるような仕事をした人は、プライドが高いような印象をもたれるかもしれませんが、僕はほとんどプライドを持っていません。プライド…

被雇用者が仕事をし過ぎると損をします。その理由と、社畜にならないために意識すべきことをお話しします。

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕は、弁理士の仕事をしています。弁理士としてのスキルを身に着けるために、数々の特許事務所で仕事をし過ぎました。一時期は平日夜11時まで仕事をして、祝日も普通に休日出勤していました。このおかげスキルは身につ…

謝罪も仕事の1つです。謝る技術を紹介します。

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕は弁理士をしています。僕は学生の頃からよく教官に怒られたり、特許事務所の所長に叱責されたりしました。この業界に入りたての頃はクライアントにも叱責されたことがあります。これらはあまり自慢できることではあり…

ポジティブ思考を身につける方法を紹介する【ポジティブ・シンキング】

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕は、今では大手法律事務所で気楽に仕事をしていますが、以前はとてつもなく悲惨なブラック零細特許事務所に勤めていました。しかし、その事務所でもストレスを感じたことはありません。それは、僕がポジティブ思考を身…

スキルの向上のために真似る(まねる)ことは必要です。効率よく真似るために重要なことを紹介します。

僕は、とある法律事務所で働く弁理士 僕は、弁理士をしています。弁理士は、特許明細書と呼ばれる法律文書を作成します。この法律文書は専門性が高く、スキルを向上させることが難しいです。しかし、僕は、1人の熟練者を徹底的に真似をすることによりこのス…

会社でストレスをためこまないために重要なこと

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕は、とあるブラック特許事務所を経て、今では大手法律事務所に勤めています。この過程で、できるだけストレスをためこまないように工夫をしてきました。ストレスをためこむとろくなことがありません。すぐに老けますし…

【仕事】仕事でストレスをためることなく、メンタルを強くする方法

僕はとある法律事務所で働く士業男子 僕は、不幸にもブラック研究室、ブラック企業1社、ブラック零細事務所2所を渡り歩いてきました。はい。ブラックが僕の青春でした… そこで、壮絶なまでのパワハラを経験しました。その話を知人にしたりすると、すごく引…

【仕事】法律系のブラック事務所へ就職してしまったら絶対にやるべきこと

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 僕は、とある士業資格に合格して資格を取得し、 さあ頑張るぞとやる気満々でしたが 転職先を依頼していたエージェントのハゲに騙されて、 とんでもないブラック零細法律事務所に入所してしまいました… 詳しくはこちら…

【仕事】法律関係の士業が内向的な人に向いている理由

僕は、とある法律事務所で働く士業男子 法律関係の士業にはその他様々ありますが、共通して言えると思うことはこれらの士業は、外向的な人よりも内向的な人の方が向いているということです。 そこで、今回は、 法律関係の士業が内向的な人に向いている理由に…